スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

フットレスト&ハンドなどのバイクの構造

投稿日:

・フートレスト&ハンド

オートバイは、フートレストの位置とハンドルの形状によって、用途にマッチしたライディングホジションが確保されている。この2つは、非常に重要な部分であり、フートレスト位置やヘンドル形状を変化させると、乗りやすくなったり、反対に乗りにくくなったりし、また、まったく別の性格のマシンになったりすることもある。

オートバイが曲がるのは、「キャンバースラスト」といって、回転している円板を内側へ向けると、その方向へ向きが変わる性質によるのがメインである。マシンを曲がりたい方向へ傾ける(バンクさせる)ことによって、タイヤにキャンバースラストを起こさせ、コーナーリングを行っているのである。これは、ぜひ覚えておいてほしい。

オートバイのヘンドルは、四輪車のヘンドルと違い、バランスを保ったり、ライディングポジションをつくりだしたりする役目がほとんどである。ハンドルを左右に切り、前輪の向きを変えて進路を変更するケースは、極低速走行時のみである。

フロントブレーキレバー

前輪に装着されている、ディスクブレーキまたはドラムブレーキを作動させるレバーで、オイル作動とワイヤー作動の2種がある。

・チェンジペダル

「シフトレバー」または「シフトペタル」とも呼ばれており、変速機を作動させることによって、エンジンの動力を4〜6速に変化させ、後輪に伝達する。オートバイの変速機は常時噛合式といい、四輪車の多くが採用している選択浮動歯車式より、素速いシフト動作が可能である。なお、チェンジへタルは左側に位置しているのがふつうだが、英国車や古い国産車のなかには、右チェンジのマシンもある。変速機の型式は、リターン式がほとんどだが、一部の実用車では、ロータリー式のものもある。

・リヤブレーキペダル

モトグッチ(イタリア)のように、リヤブレーキペタルを踏むと、フロントディスクブレーキの左側(ダブルディスクの一方)のみを同時に作動させるインテグラルシステムのマシンもある。「フートブレーキペタル」とも呼ばれ、後輪に装着されている、ディスクブレーキまたはドラムブレーキを作動させるべタルで、オイル作動とワイヤー作動がある。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

ニーグリップとは何か知っていますか?

ニーグリップは人間がオートバイと一体になって走るのに絶対に欠かせない要素だ。そもそも2輪は腰かけて乗るものではない。またがるものなのだ。ドッカと尻をシートに置いて乗るものではない。乗馬を思い出してもら …

no image

ツーリング初心者は日帰り日程からはじめる

ツーリングの楽しみは実行するより、事前のプラン立ての方が楽しい、なんていう人がいるぐらい計画を立てるのは胸がワクワクする。何回もプランを立てて、それを実行していくうちに慣れるし反省を重ねるのでコツもわ …

no image

バイク用のパンツなど

・バイク用のパンツ スリムなタイプなら、すそをブーツの中に入れてもかまわないが、ストレートやパンタロンのジーパンをブーツの中に押し込むのは、みっともないから絶対にやめよう。股がみは当然深いものがよい。 …

no image

ハンドルをこじるなどのバイク用語

・ハンドリング 主としてコーナーリング性を意味するものであるが、コーナーでの取り回し性、寝かし込みの軽重、コーナーリング中の安定性、トレース性を含んでいる。 ・ハンドルをこじる 「ハンドルをこじる」と …

no image

バイクで走る際に季節の変化に対応する

ツーリングに行く時はその季節に合ったウェアと装備を身に付けて行くことが大切で、寒い季節は寒いなりに、暑い季節には暑いなりのよさがあり、多少は厳しさがあったほうが、あとあとの思い出も強く残り、ツーリング …