スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

フットレスト&ハンドなどのバイクの構造

投稿日:

・フートレスト&ハンド

オートバイは、フートレストの位置とハンドルの形状によって、用途にマッチしたライディングホジションが確保されている。この2つは、非常に重要な部分であり、フートレスト位置やヘンドル形状を変化させると、乗りやすくなったり、反対に乗りにくくなったりし、また、まったく別の性格のマシンになったりすることもある。

オートバイが曲がるのは、「キャンバースラスト」といって、回転している円板を内側へ向けると、その方向へ向きが変わる性質によるのがメインである。マシンを曲がりたい方向へ傾ける(バンクさせる)ことによって、タイヤにキャンバースラストを起こさせ、コーナーリングを行っているのである。これは、ぜひ覚えておいてほしい。

オートバイのヘンドルは、四輪車のヘンドルと違い、バランスを保ったり、ライディングポジションをつくりだしたりする役目がほとんどである。ハンドルを左右に切り、前輪の向きを変えて進路を変更するケースは、極低速走行時のみである。

フロントブレーキレバー

前輪に装着されている、ディスクブレーキまたはドラムブレーキを作動させるレバーで、オイル作動とワイヤー作動の2種がある。

・チェンジペダル

「シフトレバー」または「シフトペタル」とも呼ばれており、変速機を作動させることによって、エンジンの動力を4〜6速に変化させ、後輪に伝達する。オートバイの変速機は常時噛合式といい、四輪車の多くが採用している選択浮動歯車式より、素速いシフト動作が可能である。なお、チェンジへタルは左側に位置しているのがふつうだが、英国車や古い国産車のなかには、右チェンジのマシンもある。変速機の型式は、リターン式がほとんどだが、一部の実用車では、ロータリー式のものもある。

・リヤブレーキペダル

モトグッチ(イタリア)のように、リヤブレーキペタルを踏むと、フロントディスクブレーキの左側(ダブルディスクの一方)のみを同時に作動させるインテグラルシステムのマシンもある。「フートブレーキペタル」とも呼ばれ、後輪に装着されている、ディスクブレーキまたはドラムブレーキを作動させるべタルで、オイル作動とワイヤー作動がある。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

アクセルはキャブレターを開閉してエンジンへガスを送り込む

アクセルは、キャブレターを開閉してエンジンへガスを送り込む重要な働きを受け持つ。時には一気にガスを送り込み、時には微妙なコントロールが必要となり、エンジン性能を十分に引き出したスムーズな走りはここから …

no image

バイクのコーナリングテクニック

バイクは車体を寝かせてコーナーを曲がる。これは当然のこと。さらにコーナーが大きければ、すなわち半径が大きければ、あまり寝かすことなく高いスピードで走る。これは当然。すると速いコーナリングとは、より大き …

no image

ハンドルグリップが遠すぎて腕が伸びきってしまうとき

ハンドルグリップが遠すぎて、腕が伸びきってしまうとき=ハンドルの取り付け角度を変えてみる。車種によってはストレートハンドルのほかにアップハンドルのオプションパーツを揃えているものもある。角度を変えても …

no image

スリップストリームの効果は公道のバイクでは感じられない

スリップストリームまがいのことを公道で、しかも2輪でやる人がいる。これなど危険以外のなにものでもない。すぐにやめてもらいたい。こんな常識に逆行した走り方をする人は2輪に乗る資格がない。それに、公道のス …

no image

グリップ・トラクションなどの用語

・グリップ・トラクション 単に「グリップ」という場合は、タイヤが路面をとらえる表現として使用される。「トラクション」という場合は、そのマシンのサスペンション性能+タイヤのグリップを総合して判断した場合 …