スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

不倫がはびこるのは男の過去にこだわらない女の特性に一因がある

投稿日:

主催者側も、ものすごいキャスティングをしたものだ。しかし、Kさんもおとななら、いやあ、女房がお世話になっちゃってのジョークの一つも言えばいいのに。それか、逆に、マッチが出るなら、司会は嫌だとゴネるとか。

不倫がはびこるのは男の過去にこだわらない女の特性に一因がある。テレビの音楽祭を見ていたら、司会者が、前年の大賞受賞者近藤マッチにインタビューをしていた。Kさんが、おまえ、俺の女房にちょっかい出したのかと、マッチの胸ぐらをつかんで揺さぶるかと思ったが、当たりさわりのない会話で終始した。

出女房の浮気相手と噂される男と舞台上に立ち、全国に放映され、ジョークを言うでなく、マジでつかみあうでもなく、エへラエへラしていたKさん。じつは、すごい男なのかもしない。さて、一般に、男にとってもっとも手を出したくないのは友人の恋人、妻、だそうだ。というか、知ってる男の手拓にまみれた女なんか抱きたくもない、というのが本音らしい。

世の中にあれほど不倫がはびこっているのも

世の中にあれほど不倫がはびこっているのも、よその女の手拓にまみれた男でも、奪えば嫡しいわと考える若い女性が多いからであろう。それにしても、Kさんやマッチを見ていると、こんな世間の通念も馬鹿馬鹿しくなってくる。

女だって、そうでしょう。友人の恋人だった男なんて嫌でしょうと、この話題をひとしきり話し合ったあと、男性編集者が私に言った。いや、女は、きっと、知ってる女から奪い取った喜びの方が大きいと思う。

現に、私は、妻の前夫と一緒に旅行に出かけた若い男性を知っている。恋愛における男女の特性というものも、益々混乱をきわめつつある今日この頃である。で、今後を予測するに、男女のつき合いも、男だから女の過去にこだわるとか女だから、男の過去は許すといった演歌っぽい情念は消え、むしろ、同性間の友情に近い恋愛感情が主流となるのではないだろうか。お互いウソはつかない。困った時には助け合う。といった、友情の基本コンセプトが、そのまま恋愛関係のイシズエに移行しそうな気配なのである。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

騒音を利用した彼女との距離を縮める方法

アメリカのマシューズという心理学者が、こんな実験をおこなっている。ひと組の男女に好きなように会話をさせておいて、そこに騒音のテープを流す。すると、その男女は、互いの話を聞き取るために、自然に寄り添うか …

no image

酔っぱらって覚えてないのは本当ですか?

こう着状態がイヤになった私は、会社に不満があったこともあって、これを機に転職して、彼のことを忘れようとしました。ところが、先日組合の役員に選任され、立場上辞めることができなくなってしまいました。という …

no image

メールで女性を口説くのは高い技術がいる

彼女のいない悲しい男たちは、その誘いに飛びついているわけだが、「一万円以内」というふうに売春行為を明示している場合はべつとして、メールで女を口説くのもそれなりの技術を要する。だいたいの男は、「仕事」「 …

no image

恋に必要なのは感受性だけ

恋に必要なのは、感受性だけ。知性も富も地位も、恋とは無関係です。もし、これら肩書きによって今の恋人を選んだとしていたら、アナタのしているものは恋でも何でもないのです。相手はただの見栄で選んだお気に入り …

no image

第一印象で好意を持たれるために3分を大事にする

世間には、いわゆる。ナンパ指南書が溢れているが、みるところ、それらの本は、ベテランのナンパ師の自慢話ばかりで、フツーの男が真似するのはどうかと思わせられるようなものが多い。 ときには、相手が初対面の女 …