スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

フレキシブルなどの用語

投稿日:

・フレキシブル

低中速トルクが強く、上り坂でも出足がよい。しかも、高速パワーも十分で、回転に伸びがあり、いかなる場所でもパワフルに走るエンジンを、「フレキシブルなエンジン」とか、「フレキシブルなパワー」という。

・フルパワー

全開走行のこと。

・マキシマムスピード

最高速度のことで、MAX何km/hと表示される。また、これと似た言葉に「最高巡行速度」というものがあるが、これはMAXスヒードよりは遅いが、「このスピードであれば、一定時間(決まりはない)走行しつづけても大丈夫」というものである。

・ホイールバランス

ホイールやタイヤは、周辺部の重さが均一でなく、単にホイールにタイヤを装着しただけでは、シミーを発生するおそれがある。そこで、ダイナミックバランサー、または静バランサーで、最も軽い部分を見つけだし、その部分に鉛(5〜50gぐらい)を装着して、ホイールのバランスをはかることが必要になる。

フェード現象

ブレーキを多用しつづけると、発熱によってエネルギーが逃げ、効きが悪くなる。この発熱によるブレーキ能力の低下を、「フェード現象」という。

・ピーキーなエンジン

パワーバンド、トルクバンドとも狭く、ある回転域内では非常に活気ある走りを見せるが、その回転域外ではパワー、トルクが低く、扱いにくいエンジンのことを、「ピーキーなエンジン」という。ただし、低中速回転域ではパワー、トルクが弱く、高回転域になると急にパワフルになり、ピーク(最大出力時の回転数)後もパワーが急落しないものは、ピーキーとはいわない。

・ブレーキをなめす

ブレーキレバーやペタルを軽く操作して、ごくわずかにブレーキを効かせること。コーナーリング中に自分の意志で行う場合は、「ブレーキをなめす」といい、オーバースヒードで突っ込み、無意識にブレーキングをしてしまう場合は、「ブレーキを引きずる」という。

・フラットトルク

エンジン性能曲線のトルクカーブがゆるやかな曲線を描き、低回転から高回転まで、トルクが強く、扱いやすいエンジンのことを、「フラットトルクのエンジン」という。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのシフトアップのコツ

シフトアップの方法は、まず、開けたアクセルを瞬時に戻すと同時に、クラッチを切り、ギヤを2速に入れ、クラッチを離して、再びアクセルを開ける。実際の足の動作は、クラッチを切る瞬間に行うことが重要であり、ア …

no image

コーナリングの限界に挑むハングオンというテクニック

ハングオンというコーナリングフォームで走るメリットとしては、より高いスピードでコーナ ーをクリアできることで、ラップタイムを短縮させるのには絶対に必要なテクニックともいえる。だからといって、だれでもが …

no image

ファミリーバイクは最も安く手軽に買えるが

バイクをまず最初に手に入れるとしよう。最も安く手軽に買えるのはファミリーバイク。車種構成も豊富でデザインもバリエーションに富んでいる。しかしファミリーバイクのメカニズムをよく調べてみよう。エンジンはほ …

no image

S字カーブ、クランクなどのコツ

上り坂の場合、ブレーキングが終了したら、パーシャルではなくアクセルオンで加速しつつ回っていくことがポイントになる。バンクがついていると、プラスαでパワーが食われるので、ギヤの選定は予想より1段低くして …

no image

バイクのミッションのギアチェンジのコツなど

レースなどでは、たった1回のギヤシフトミスが勝負の別れ道につながることが多く、常に適切なミッションの選択と操作が要求されるほど。一般にも共通することは多く、例えばワインディングロードで速く走れるライダ …