スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

フレキシブルなどの用語

投稿日:

・フレキシブル

低中速トルクが強く、上り坂でも出足がよい。しかも、高速パワーも十分で、回転に伸びがあり、いかなる場所でもパワフルに走るエンジンを、「フレキシブルなエンジン」とか、「フレキシブルなパワー」という。

・フルパワー

全開走行のこと。

・マキシマムスピード

最高速度のことで、MAX何km/hと表示される。また、これと似た言葉に「最高巡行速度」というものがあるが、これはMAXスヒードよりは遅いが、「このスピードであれば、一定時間(決まりはない)走行しつづけても大丈夫」というものである。

・ホイールバランス

ホイールやタイヤは、周辺部の重さが均一でなく、単にホイールにタイヤを装着しただけでは、シミーを発生するおそれがある。そこで、ダイナミックバランサー、または静バランサーで、最も軽い部分を見つけだし、その部分に鉛(5〜50gぐらい)を装着して、ホイールのバランスをはかることが必要になる。

フェード現象

ブレーキを多用しつづけると、発熱によってエネルギーが逃げ、効きが悪くなる。この発熱によるブレーキ能力の低下を、「フェード現象」という。

・ピーキーなエンジン

パワーバンド、トルクバンドとも狭く、ある回転域内では非常に活気ある走りを見せるが、その回転域外ではパワー、トルクが低く、扱いにくいエンジンのことを、「ピーキーなエンジン」という。ただし、低中速回転域ではパワー、トルクが弱く、高回転域になると急にパワフルになり、ピーク(最大出力時の回転数)後もパワーが急落しないものは、ピーキーとはいわない。

・ブレーキをなめす

ブレーキレバーやペタルを軽く操作して、ごくわずかにブレーキを効かせること。コーナーリング中に自分の意志で行う場合は、「ブレーキをなめす」といい、オーバースヒードで突っ込み、無意識にブレーキングをしてしまう場合は、「ブレーキを引きずる」という。

・フラットトルク

エンジン性能曲線のトルクカーブがゆるやかな曲線を描き、低回転から高回転まで、トルクが強く、扱いやすいエンジンのことを、「フラットトルクのエンジン」という。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのギアチェンジによる加速について

ツーリングなどに行って、1日中走行すれば、何十回・何百回もくり返すことになり、たいへんな労働を強いられるので、疲労度もかなりのものだ。そのため、できる限りスムーズに、そして疲れないようなライディングが …

no image

バイクの減速にエンジンブレーキを使う

トップで走っていて停止する場合、1段ずつエンジンブレーキをきかせながら減速していく。こうすれば前後のブレーキにかかる負担が少なくてすむし、停止したときにはすでに2速あるいは1速までシフトダウンしている …

no image

バイク用レインウェアのワンピースタイプ

レインウェアのワンピースタイプは、高速走行の場合や、脱いだり着たりすることが少ないケースには向いているが、運動性はそれほどよくないものが多い。耐久性にやや難があるが4〜5年は使用できる。価格も手ごろだ …

no image

腹筋トレーニングメニュー

体力より精神力が問われるのがトレーニング。あせらずにコツコツと積み重ねてはじめて筋力が備わってくる。あせりは大敵だ。前側つまり腹筋を強化。腹筋の大切さはここであらためて説明するまでもないだろう。どんな …

no image

急ブレーキで追突しないようなバイク運転をしよう

急ブレーキは危険きわまりないもの。予防策としては、車間距離をじゅうぶんすぎるほど取ること。それも自分の腕前に合わせた距離を保つことが必要だ。それと同時に大切なのが早め早めのブレーキング。急ブレーキをか …