スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

不満が爆発してしまう前に

投稿日:

子どもが小さいときも、洗濯物の山の前で「なんで毎日毎日こんなに汚してくるのかしらーどうして私ばかりがこんなことをしなきゃならないの!」と不満が爆発しそうになることがしょっちゅう。そのときも「でも、もし子どもの足が悪くて駆け回ることもできなかったら、こうして泥んこの洗濯物を洗うこともできないのよね。こうやって洗えるってことはうれしいことなのかもしれない」と思い直し、気持ちを切り替えれる。

とても疲れていて何もしたくないのに、台所には洗い物の山がどっさりあるなんてときは、「こんなことを毎日やってるから疲れちゃうのよ。ああもう!本当に嫌だわ!」とイライラも募ってきます。

こう考えるのです。「家族の誰かが重い病気になって病院で点満でしか生きられないような状況になったら、家でご飯も食べられないのよね。そうなったらきっと家でご飯が食べたいと思うだろうし、私も早く元気になってほしいと思うに違いない。そう思うと、みんなが元気でこうしてご飯が食べられているのだから、まあいいか。有難いことだわ」お茶腕を洗いながらこんなふうに思うことで元気が出てきて、「まあ、いいか」という気持ちで洗い物ができるようになる。

不満を手放し心にゆとりを取り戻す一番の解決策

これが不満を手放し、心にゆとりを取り戻す一番の解決策になっています。自分に都合よく考えて、気持ちをラクにしていくやり方を見つけていくしか、不満を感じてしまう状況から抜け出していく道はありません。どんなに家事や子育てを不満に思っても、私、以外にやる人がいなければ思いを変えていくしかありません。

主人とケンカしたときも同様です。そのときは本当に頭に来て、「もう二度とこの人とは口をきくもんか!」と思ってだんまりを決め込むのですが、「もし主人が亡くなってしまったら、こんなふうにケンカもできないし、話をすることもできなくなっちやうんだな」と思うと、意地を張っていることがばかばかしくなってきて、「まあ、いいか」と思えるようになるのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

甘えられてダメな人間なっていく子はひとりもいません

「甘えられる」は、自己肯定感、自己信頼感などの自己愛の大本を満たしてもらうこと。そんな大きなパワーを大好きな人からもらえたら、子どもにとってこれほどの喜びと幸せはありません。ですからお母さんはいつもニ …

no image

ネガティブな部分をポジティブに変換していくと長所が増える

ネガティブな部分をポジティブに変換していくと長所ばかりの人になっていきます。自分は欠点ばかり。そんな自分が嫌い。だから自分にも自信がもてないし、子育てにも自信がもてない。そのようなネガティブの環からは …

no image

経済的豊かさが幸福の基軸といった価値観ではつらい

この先は風の時代になっていくと思います。そうなると経済的にどう豊かになるか以上に、個人としてどう幸せに生きていくかに、価値観の基準は移っていくでしょう。この先、従来のような「経済的豊かさが幸せの基軸」 …

no image

お母さんは大切な時間を小言でつぶしてしまわないようにしましょう

一緒にいる時間が少ないと、一緒にいるときにあれもこれもとワアワア言いたくなるかもしれませんが、せっかくお母さんと過ごせる大切な時間をお小言でつぶしてしまっては残念です。子どもも悲しくなりますし、心に満 …

no image

あるがまま自分の子育てをさらけ出してしまいましょう

失敗していると思われたくないからがんばって見栄を張り続けていたら、お母さんの気持ちも休まらなくなっていきます。そんなふうにして自分を苦しくしてしまっている方がいたら、もっと正直に、あるがまま自分の子育 …