スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

服のサイズ表記の統一に抵抗を示しマーケティングの道具に

投稿日:2019年9月28日 更新日:

多くの会社が、サイズ表記の統一に抵抗を示し、虚栄のサイズ表記をマーケティングの道具にしてきた。消費者としては、自分のサイズがわかっているブランドだけを買っていれば、試着室でもそれほどストレスを感じずに済む。デザイナーの中には、こうした慣わしにフラストレーションを表す者も、それを受け入れる者もいる。一七歳になるうちの娘が、二、三年前、すっかり取り乱した様子で学校から帰って来たことがあって、どうも、自分の体のことで何かあったらしいんです。

その当時、娘は今ではもうなくなってしまった店でジーンズを買ってたんですけど、友達のほうはみんなGAPで買物してたようなんです。自分は太りすぎだ、だって友達はみんなサイズ六のジーンズを空牙いているのに自分は八だからって。しばらく泣き続けた後に、ようやくこう言いましたね。じゃあというのでGAPに連れて行ったら、ほんの小一時間で、娘は仲間内で一番のおデブさんから一番のお痩せさんになりました。それもこれも、GAPのジーンズならサイズ四が穿けたからです、とある人。

実際よりも小さいような気にさせるという心理的作戦

服を売る側としては、消費者が自分のサイズだと信じているものを試着してみたら小さすぎた、という状況は絶対に避けたいわけですとベネット。商品に実際より小さいサイズを付けるアパレル・メーカーが出てきたことで、他のメーカーもこれに追随するか、あるいは誰も着られないブランドとして有名になるリスクを冒すかの選択を迫られることになった。

女性に対して、実際よりも小さいような気にさせるという心理的作戦が採られてきたわけですね。第二次世界大戦後には、現行のサイズ六は存在しなかったのです。現在六を着ているほとんどの女性は、当時なら一〇や一二を着ていたはず。ヒューストン・コミュニティ・カレッジのファッション学部長、ケイ・キングはこう語る。こうした混乱は、すぐにファッション・ヴィクティムの自尊心に跳ね返ってくるのである。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

フィット感-試着の際のラインへの期待

たまたまびったりのアパレル・ブランドに出会ったら、その会社の商品はすべて着られる確率が高いんですよ。自分がその会社の正方形、なんですから。みんなが正方形型ってわけじゃない。幅が狭くて丈の長い長方形型だ …

no image

卸売業者や請負業者、バイヤーなど

卸売業者や請負業者、バイヤーなど地元で働く人々がビルの外に出てタバコを吸ったり、ビジネスの話を(大声で)したり、街角の売り子からカバブを買ったり、競合相手の様子をうかがったりしている。マンハッタンのミ …

no image

ガリ痩せモデルの毎日の体重へのプレッシャー

モデルには、痩せたままでいなければならないというプレッシャーはあるのだろうか?もちろんだ。フットボール選手なら強さを、科学者なら頭の冴えを、アーティストなら感覚の鋭さを、それぞれ持続しなければならない …

no image

ディズニーの工場だろうとナイキの工場だろうと

アパレル工場の監査は、財務会計士にクリップボードとチェックリストを持たせて工場に送り込めばいいというような単純なものではない。それなのに、それだけで済ませてしまっている会社が多いのだ。「衛生面や安全面 …

no image

北マリアナ諸島最大の島サイパンに降り立ったら

観光客のほとんどは日本人で、カラオケ・バーや館屋、ビーチ・フロントの日系豪華ホテルにたむろしている。休暇中の人々はビーチでくつろいだり、海で水遊びしたり、ゴルフやシュノーケリングをしたりと、島での素敵 …