スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

腹筋トレーニングメニュー

投稿日:

体力より精神力が問われるのがトレーニング。あせらずにコツコツと積み重ねてはじめて筋力が備わってくる。あせりは大敵だ。前側つまり腹筋を強化。腹筋の大切さはここであらためて説明するまでもないだろう。どんなスポーツでも腹筋を使わないなんてことは皆無だし、スポーツのための体づくりに腹筋トレーニングは絶対に欠かせない。2輪でも同じこと。

背筋台を使って鍛える。背筋台に腹ばいになり、後ろに向かって体をそらせる。前かがみの姿勢しか取らない人にはきっいが、鍛練しだいではかなり曲がるようになる。回数は7~8回を2セット。背筋台がなくてもできる。まず床に腹ばいになり両足首をだれかに押さえてもらう。そうして上体を後ろにそらすのだ。比較的簡単で、すぐにでもできそうだし実際にできる。ところがこれを持続させるのが最も大切なこと。毎日少しずつやる。これがトレーニングの成果を決定する。

腹筋台を使う。人間が乗れる程度の大きさの板の端に足をかけるバンドがついている簡単なものだが、足首を完全に押さえてくれるため力を入れやすい。台を斜めに、っまり足のほうを高くして行なえばさらに効果がある。腹筋と背筋で上体をしっかりと安定させてはじめてバイクを乗りこなせる。鍛え方はだれでも知っている。足首を固定し上体を起こすという方法だ。

足首を固定し上体を起こすという方法

普通、上体を伸ばすときに完全に背中を床につける。これでも効果はある。だが、さらにきくのは完全に上体を伸ばさないやり方。上体を後ろに倒していき、途中で止め、そこからまた上体を起こす。これを毎日繰り返すのだ。こうすれば腹筋はつねに引っ張られ、床に背中をつける方法ょりも効果は高い。

いずれにしても腹筋は一度にはつかない。毎日、連続して少しずっ行シはないのだ。それに腹筋ばかり強化してもダメ。背筋や腕の筋肉なども同時に鍛える必要がある。トレーニングは体全体のバランスを考えながら、毎日少しずっ続けるのがコツ。トレーニングの成果は、いかに持続できるか、この一点にかかっているのだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクでブラインドコーナー入る際の注意

ブラインドコーナーでは、ライダーは勘をはたらかせてどの程度の半径を持っているか、前方に危険はないかなどを感じとってコーナーに入ることになる。それによってスピードをどこまで落として入るかが決まるが、慣れ …

no image

フレキシブルなどの用語

・フレキシブル 低中速トルクが強く、上り坂でも出足がよい。しかも、高速パワーも十分で、回転に伸びがあり、いかなる場所でもパワフルに走るエンジンを、「フレキシブルなエンジン」とか、「フレキシブルなパワー …

no image

ブレーキレバーの握り方

基本のライディングフォームを正確に自分のものにすること。クラッチ付きのスポーティバイクでさえあれば、いくらでも習得できるし、さらにハイテクニックにすすむことも可能だ。アクセルワークは発進時だけでなく、 …

no image

自主トレーニングはやったら休む

自主トレーニングはやったら休む。これが長く続ける秘談。回復したらまたやる。この繰り返しである。夜はできるだけ早く寝る。タバコはやらない。これは百害あって一利なし。「なあんだ、意外と平凡だな」と思われる …

no image

コーナーでのブレーキコントロール

進行方向にコーナーがせまってきたとしよう。教習所では十分に手前からブレーキをかけて車速を落としてゆっくりコーナーを回ること、なんて習う。しかし、実際はコーナーでマシンはリーン(車体を傾ける)するのだか …