ニキビ

フォトフェイシャルDEEP+ラジオ波の効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スキンケアクリニックでケミカル・ピーリングを行う場合は、皮フへのダメージを与えないために、安全な薄い濃度の薬剤塗布からはじめ、次第に濃い薬剤に移行して治療していくので、安心して治療を受けることができます。ケミカル・ピーリングによって皮フ表面や毛穴の汚れを取り除くことと日焼けによるメラニンの沈着を改善することで、フォトフェイシャルアクネスとフォトフェイシャルDEEP+ラジオ波の吸収効率が上がります。

ケミカル・ピーリングはお役ごめんかというとそういう聞でもなく、フォトフェイシャルアクネスとフォトフェイシャルDEEP+ラジオ波とのコンビネーションで行うことがよくあります。とくに日焼けした肌の方は、ケミカル・ピーリングを行ってからフォトフェイシャルアクネスとフォトフェイシャルDEEP+ラジオ波の治療を受けたほうが高い治療効果を期待できます。

フォトフェイシャルアクネスとフォトフェイシャルDEEP+ラジオ波による治療で改善することが期待できますが、症状が重くて残ってしまったものもそれぞれ専用レーザーで治療することが可能です。

色素沈着したニキビ跡は

色素沈着したニキビ跡は赤アザや茶アザ治療に使うレーザーで、デコボコやケロイド状のものは若返り治療用のレーザーやキズ跡や手術跡を治療するレーザーを使ってスキンテクスチャーを改善し、傷んだ皮フを再生することで肌を滑らかにしていきます。

ニキビ跡の改善にはケミカル・ピーリングを併用することもありますが、専用レーザーのほうが、よりダメージの少なく高い効果が期待できます。トータルなニキビ・ニキビ跡・毛穴治療症状に合わせた徹底治療を受けましょう。

ニキビで悩んでいる人の多くが、「ニキビ跡も残したくない、何とかきれいにできるものならしたい」と希望されています。なかには今は治っているが、かつて思春期ニキビがひどく、ニキビ跡だけが残っている人もいるでしょう。ニキビ跡には、大きく分けて赤や褐色の色素沈着したもの、デコボコに陥没したもの、ケロイド状に皮フが薄くなっているものなどがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加