スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

フィット感-試着の際のラインへの期待

投稿日:2019年9月1日 更新日:

たまたまびったりのアパレル・ブランドに出会ったら、その会社の商品はすべて着られる確率が高いんですよ。自分がその会社の正方形、なんですから。みんなが正方形型ってわけじゃない。幅が狭くて丈の長い長方形型だっていますよね。長方形型の人は正方形型とボリューム的には同じでも、幅に合わせると丈が短くなってしまうので、その分大きなサイズを買わなければなりません。でも、そうすると今度は幅が余ってしまう。

業界はこういう正方形を基準にした服作りをしていて、様々な正方形に合わせて多様なサイズを作っているので、それに合わない人は、とりあえず手に入るもので間に合わせなければならないんです、とある人。ヤングやジュニア向けラインを試着するのなら、同じサイズのアダルト・ラインと同じフィット感を期待しないことだ。デザイナーは顧客の平均年齢も考慮に入れているはず。人間は年齢を重ねるにつれて、仮に体重が増えなくても胴回りは太めになるものだから、アダルト・サイズはウェストが少し緩めの傾向がある。

同じサイズでも

採寸は客観的なものだがフィット感は主観的なものであるというのも、スタンダード・サイズの確立が難しい所以である。同じサイズでも、中年女性よりティーンェージャーのほうが、ジーンズにびっちりしたフィット感を求めるもの。ボタンダウン・シャツを普通よりやや緩めに着たいという男性だっていることだろう。私たちの感情は、このように混乱したサイズ表記に弄ばれてきた。

小さなサイズが着られれば得意満面だが、大きなサイズでなければダメとなると途端に落ち込む私たち。嫡しいことに、希望の光が見えてきた。一九九七年、アメリカ空軍が、GAPやリーバイ・ストラウスといったアパレル・メーカー数社を含む二〇以上の企業スポンサーとともに、あるプロジェクトに着手したのだ。この民間欧米人人体表面測定値収集プロジェクト(CAESARプロジェクト)の研究者たちは、数年かけて、欧米の約一万一〇〇〇人の立体採寸データを集めたのだった。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

どんどんボディコンシャスになってきた現象

アラバマ州バーミンガム在住の一七歳のエディター、レイチェルが言う。服の面積がどんどん小さくなっていって、私でさえショック受けてるんだもの。私も、いつもテレビに向かってぶつぶつ言ってるの。あれじゃ裸じゃ …

no image

デザイナーはただ自分の服を一番きれいに見える体に着せて披露

ファッション・ヴィクティムは、ほとんどの場合、モデル自身は単なる将棋の駒でしかないことに気づいている。しょせん、盤上を支配するのはデザイナーなのだから。だが、当のデザイナーは、ただ自分の服を一番きれい …

no image

アメリカ経済全体の雇用は増えるが

専門家は、二〇〇八年までにアメリカ経済全体の雇用は一五%増えるが、アパレル・テキスタイル業界について言えば二三%の減少になると見ていた。これは、アパレル業界の情報源であるウェブサイト、インフォマットの …

no image

魔女狩り現象のようなものが生まれてきた

一九九八年、LAのスポーツウェア・メーカーであるカレン・ケインが、犯罪行為に連座したと言われて標的にされた。この会社は卸売価格にして年間およそ七〇〇〇万ドル分のアパレル製品を製造していたが、そのうち七 …

no image

テレビじゃ何でもお見通しとまではいかないね

スタイリストやメイクアップ・アーティストも脇に控えていて、ストラップの長さを調整したり、糸くずを取り除いたり、頬紅を足したり、口紅のグロスを塗り直したりする。そして、いったん撮影に入ると、みんなが目に …