スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

自動車

フェラーリが新しいV12モデルをアジア初公開

投稿日:

フェラーリが、中国北京で開かれた「2012北京モーターショー」で新しいV12モデルをアジア初公開した。新車は自然吸気 ​​直噴方式の新しい6262cc V12エンジンが搭載されて8250rpmで最大出力740馬力、8700rpmで最大トルク70.4kg.mを発揮し、フェラーリ車の中でも最も強力な性能を誇る。7段F1デュアルクラッチトランスミッションを搭載しており、停止状態から100km / hに至るまで3.1秒、200km / hは8.5秒で走破する。最高速度は340km / hに達し、フェラーリフィオラノサーキットでラップタイム1分23秒を記録し史上最速のフェラーリに記録された。F12ベを守ら乗る前V12モデルよりも短いホイールベースの新しいサスペンションとギアボックス構造設計をより一層コンパクトな車体を作り出した。また、エンジンの位置と座席の位置を低く調整して最適な重量配分(46:54)と低くなった重心を介して車体の安定性と最適なハンドリングを実現するようにした。

ボンネットの形状を利用して

車両の前面には、ボンネットの形状を利用してダウンフォースを作り出す「エアロブリッジ」が最初に適用され、高温で自動的に開閉され、ブレーキの熱を冷ましてくれる「アクティブブレーキクーリングシステム」が装着された。フェラーリは今回の北京モーターショーでミッド-リアエンジンに搭載された「HY-KERS」システムも披露した。F1車に使われるハイブリッド技術HY-KERSシステムは、車両の出力を高めると同時に、排出ガスを最小限にする技術である。HY-KERSシステムの電気モーターは、デュアルクラッチトランスミッションのいずれかのクラッチと接続された軸のみを使用して動力を伝達することになる。これにより、電気モーターとガソリンエンジンの間に即時であり、継続的な動力伝達が行われるようにした。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

セダン、プライドが新しい姿で再誕生

セダン、プライドが新しい姿で再誕生した。新車の主要諸元は、戦場4365mm(5ドア4045mm)、全幅1720mm、全高1455mm、ホイールベース(ホイールベース)2570mmで、従来モデルよりも全 …

no image

スマートパスパルトゥーの発売

スマートは、よりダイナミックなデザインに変更され、2013年型「スマートパスパルトゥー」を発売。スタイリッシュシティカー目指すスマートパスパルトゥーは2.6mの小さな車体にもかかわらず、「ツリー·ディ …

no image

起亜車・レイとモーニングとは性格が明らかに違う

起亜車がレイにかける期待が大きい。クラス初のVSM(次世代車体姿勢制御装置)を採用し、ステアリングホイールとサスペンションをチューニングして、車両が状況に応じて能動的に対処できるようにした。価格は同等 …

no image

プラグインハイブリッド自動車の仕組みなど

プラグインハイブリッド、燃料電池車、マイルドハイブリッド、こんな用語まで加われば説明はより困難になる。だからハイブリッドと電気自動車関連して、頻繁に登場する用語をまとめた。 加速するときに充電された電 …

no image

ロールスロイスは世界で最初に韓国でゴーストEWBを発表

ロールスロイスとフェラーリは、それぞれ最高級セダンとスポーツカーを代表する自動車メーカーである。両社は、週間隔で相次いで国内で新車を発表し、韓国市場攻略強化に乗り出した。両社の役員はそれぞれ、「韓国市 …