スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

ファッショナブルな女性はとんでもなく細い姿に描かれている

投稿日:2019年9月12日 更新日:

ファッション広告も雑誌に似て、ただ私たちをイメージで取り囲むだけで痩せた理想像形成に一役買うという性格を持つ。イラスト広告でさえ、必ずと言っていいほど、ファッショナブルな女性はとんでもなく細い姿に描かれている。二〇〇一年のスティービ・マッデンの印刷媒体広告とテレビ広告キャンペーンには、コンピュータでデフォルメしたモデルが使われていた。

この画像は、数あるショッキングな拒食症擁護派のウェブサイトに掲げられた写真ー女の子たちが、モデルや女優の写真を画像処理して、さらに細く見えるようにしたものに気味悪いほど似ていた。どでかい頭にバカでかい目、極細ウエスト、長い長い脚。まさに、そんなちっぽけな体じゃ巨大な頭は支えられないだろうという感じのロリポップ・ガールズ。

これが生身の女性だったなら

フレシネの一〇〇一年の印刷媒体広告は、シックな女性がローマのカフェに脚を組んで座っている姿をバブリーに描いたもの。この女性の最も印象的なところは、足元に置かれたクロコダイルのバッグではなく、針金のように細い四肢だった。スタイリッシュなボブ、大きな黒のサングラス、三連パール・ネックレス、華著な黒のドレス、シャンパン・グラス、そしてガツンとひと蹴りしたら木の板だって穴が開きそうなほど先の尖った靴。脚も腕も同じ棒みたいな太さ。これが生身の女性だったなら、立とうとした瞬間に、その華な足首は大きな真珠のネックレスの重みで間違いなく折れていたことだろう。

こうした広告という細い糸がより合わさって、腹せ=カッコいいというイメージのキルトを織り成していることには違いない。それは無責任な広告だったのだろうか?いや、そんな体型を現実的なものとみなす少女がいたら、それこそどうかしている。メディアで働いていると、ふたつの真実を肌で知るようになるという。モデルの肉体は完璧ではない。モデルはみんなよく似ている。嘘じゃないと。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

リーバイス製品を見るととても誇らしく思った

問題の根底にあるのは、アメリカ・メキシコ・カナダ間で関税や輸出入量の割当を段階的に廃止していく北米自由貿易協定(NAFTA)のような自由貿易協定である。一九九九年の『ネーション』誌の記事によれば、アメ …

no image

パークと癌の因果関係には否定的

オルソンはパークと癌の因果関係には否定的だ。「パークを使っていたドライ・クリーニング業者の知り合いには、癌で亡くなった人がふたりいます。映画館の経営者だったうちの親父も、やはり八代で癌になって死んでま …

no image

服のサイズが11のディロンの写真は批判を浴びた

サイズ一二以上の女性をターゲットに据えたファッション&ビューティ雑誌モードについて考えてみよう。発行人は最終的に、廃刊は不況のせいであって発行部数の低迷によるものではないとした。この雑誌は発行 …

no image

大抵のモデルはダイエットもエクササイズもしていないと言い張る

大抵のモデルはダイエットもエクササイズもしていないと言い張る。まあ、ダニエラ・ペストヴァや、クラウディア・シファークラウディアは、一日でもエクササイズしないと体がたるんでくるのがわかるというといった数 …

no image

海外セレブのような体型

セレブの体型に関する知覚はかなり歪められている。一九九九年度VH1/ヴォーグ・ファッション・アワードで最もファッショナブルな女性アーティストに選ばれたジェニファー・ロペスは、何とも不思議なことにきめの …