スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

ファッショナブルな女性はとんでもなく細い姿に描かれている

投稿日:2019年9月12日 更新日:

ファッション広告も雑誌に似て、ただ私たちをイメージで取り囲むだけで痩せた理想像形成に一役買うという性格を持つ。イラスト広告でさえ、必ずと言っていいほど、ファッショナブルな女性はとんでもなく細い姿に描かれている。二〇〇一年のスティービ・マッデンの印刷媒体広告とテレビ広告キャンペーンには、コンピュータでデフォルメしたモデルが使われていた。

この画像は、数あるショッキングな拒食症擁護派のウェブサイトに掲げられた写真ー女の子たちが、モデルや女優の写真を画像処理して、さらに細く見えるようにしたものに気味悪いほど似ていた。どでかい頭にバカでかい目、極細ウエスト、長い長い脚。まさに、そんなちっぽけな体じゃ巨大な頭は支えられないだろうという感じのロリポップ・ガールズ。

これが生身の女性だったなら

フレシネの一〇〇一年の印刷媒体広告は、シックな女性がローマのカフェに脚を組んで座っている姿をバブリーに描いたもの。この女性の最も印象的なところは、足元に置かれたクロコダイルのバッグではなく、針金のように細い四肢だった。スタイリッシュなボブ、大きな黒のサングラス、三連パール・ネックレス、華著な黒のドレス、シャンパン・グラス、そしてガツンとひと蹴りしたら木の板だって穴が開きそうなほど先の尖った靴。脚も腕も同じ棒みたいな太さ。これが生身の女性だったなら、立とうとした瞬間に、その華な足首は大きな真珠のネックレスの重みで間違いなく折れていたことだろう。

こうした広告という細い糸がより合わさって、腹せ=カッコいいというイメージのキルトを織り成していることには違いない。それは無責任な広告だったのだろうか?いや、そんな体型を現実的なものとみなす少女がいたら、それこそどうかしている。メディアで働いていると、ふたつの真実を肌で知るようになるという。モデルの肉体は完璧ではない。モデルはみんなよく似ている。嘘じゃないと。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

超スキニーなモデルを愚弄しながらダイエットに励む私たち

私たちは、たとえばリッキー・レイク、オプラ・ウィンフリー、リチャード・シモンズ、ジャレッド・フォグルといった減量成功者たちのビフォー・アンド・アフター話に拍手喝采する。フォグルは、サブウェイの野菜サン …

no image

デザイナーのエゴ

ティアニーが綴る。なぜモデルたちは飢えなければならないのか?ファッション界には、服はハンガーのような体に着せたほうが映えるからという模範解答がある。だが、おそらくはデザイナーのエゴもあるはずである。彼 …

no image

ボディイメージ理論問題にこだわりすぎだと同業者から批判

元マリ・クレールイギリス版エディターのリズ・ジョーンズはは二〇〇〇年六月号をソフィ・ダールとパメラ・アンダーソンの表紙で二種類用意し、こんな質問をぶつけた。理想の体型は?現実的な曲線美のソフィ・ダール …

no image

消費者は困った立場に立たされている

一九九六年の調査では、アメリカの部品や労働力を五〇%使用していれば「アメリカ製」だと考えるべきだと答えた消費者は一四%にすぎなかったのだから。自分たちの服がどこから来るのかにっいては、まだまだ学ばなけ …

no image

北マリアナ諸島最大の島サイパンに降り立ったら

観光客のほとんどは日本人で、カラオケ・バーや館屋、ビーチ・フロントの日系豪華ホテルにたむろしている。休暇中の人々はビーチでくつろいだり、海で水遊びしたり、ゴルフやシュノーケリングをしたりと、島での素敵 …