ファッション

ファッショナブルな女性はとんでもなく細い姿に描かれている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファッション広告も雑誌に似て、ただ私たちをイメージで取り囲むだけで痩せた理想像形成に一役買うという性格を持つ。イラスト広告でさえ、必ずと言っていいほど、ファッショナブルな女性はとんでもなく細い姿に描かれている。二〇〇一年のスティービ・マッデンの印刷媒体広告とテレビ広告キャンペーンには、コンピュータでデフォルメしたモデルが使われていた。

この画像は、数あるショッキングな拒食症擁護派のウェブサイトに掲げられた写真ー女の子たちが、モデルや女優の写真を画像処理して、さらに細く見えるようにしたものに気味悪いほど似ていた。どでかい頭にバカでかい目、極細ウエスト、長い長い脚。まさに、そんなちっぽけな体じゃ巨大な頭は支えられないだろうという感じのロリポップ・ガールズ。

これが生身の女性だったなら

フレシネの一〇〇一年の印刷媒体広告は、シックな女性がローマのカフェに脚を組んで座っている姿をバブリーに描いたもの。この女性の最も印象的なところは、足元に置かれたクロコダイルのバッグではなく、針金のように細い四肢だった。スタイリッシュなボブ、大きな黒のサングラス、三連パール・ネックレス、華著な黒のドレス、シャンパン・グラス、そしてガツンとひと蹴りしたら木の板だって穴が開きそうなほど先の尖った靴。脚も腕も同じ棒みたいな太さ。これが生身の女性だったなら、立とうとした瞬間に、その華な足首は大きな真珠のネックレスの重みで間違いなく折れていたことだろう。

こうした広告という細い糸がより合わさって、腹せ=カッコいいというイメージのキルトを織り成していることには違いない。それは無責任な広告だったのだろうか?いや、そんな体型を現実的なものとみなす少女がいたら、それこそどうかしている。メディアで働いていると、ふたつの真実を肌で知るようになるという。モデルの肉体は完璧ではない。モデルはみんなよく似ている。嘘じゃないと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加