スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

ファッショナブルな女性はとんでもなく細い姿に描かれている

投稿日:2019年9月12日 更新日:

ファッション広告も雑誌に似て、ただ私たちをイメージで取り囲むだけで痩せた理想像形成に一役買うという性格を持つ。イラスト広告でさえ、必ずと言っていいほど、ファッショナブルな女性はとんでもなく細い姿に描かれている。二〇〇一年のスティービ・マッデンの印刷媒体広告とテレビ広告キャンペーンには、コンピュータでデフォルメしたモデルが使われていた。

この画像は、数あるショッキングな拒食症擁護派のウェブサイトに掲げられた写真ー女の子たちが、モデルや女優の写真を画像処理して、さらに細く見えるようにしたものに気味悪いほど似ていた。どでかい頭にバカでかい目、極細ウエスト、長い長い脚。まさに、そんなちっぽけな体じゃ巨大な頭は支えられないだろうという感じのロリポップ・ガールズ。

これが生身の女性だったなら

フレシネの一〇〇一年の印刷媒体広告は、シックな女性がローマのカフェに脚を組んで座っている姿をバブリーに描いたもの。この女性の最も印象的なところは、足元に置かれたクロコダイルのバッグではなく、針金のように細い四肢だった。スタイリッシュなボブ、大きな黒のサングラス、三連パール・ネックレス、華著な黒のドレス、シャンパン・グラス、そしてガツンとひと蹴りしたら木の板だって穴が開きそうなほど先の尖った靴。脚も腕も同じ棒みたいな太さ。これが生身の女性だったなら、立とうとした瞬間に、その華な足首は大きな真珠のネックレスの重みで間違いなく折れていたことだろう。

こうした広告という細い糸がより合わさって、腹せ=カッコいいというイメージのキルトを織り成していることには違いない。それは無責任な広告だったのだろうか?いや、そんな体型を現実的なものとみなす少女がいたら、それこそどうかしている。メディアで働いていると、ふたつの真実を肌で知るようになるという。モデルの肉体は完璧ではない。モデルはみんなよく似ている。嘘じゃないと。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ニューヨークのアパレルブランド工場は

休憩も取らず(お腹が鳴り、背中痛くなっても)働いたのに、初日に仕上げられたのはたったの五三枚。一日八時間働いても三・七一ドルか稼げなかった。ニューヨークでは、ホットドッグとソーダが買えるか買えないかと …

no image

キュートな拒食症の女の子たちというスローガン

モデルには不思議に腹が立たないの。だって、モデルってじかに見るとホントに背も高いし手足も長いし、なんか妙な感じ。ニューヨーク・シティ在住の二五歳のライター、レベッカは面白くない様子だ。誰にムカつくって …

no image

ファッションメディアや広告、企業による影響

消費者は、トレンドを生み出しては衰退させていくファッション・メディアや広告、企業に躍らされているのです。こう語るのは、カリフォルニア大学リヴァーサイド校の教授として社会学と民族学の教鞭を執る博士。最近 …

no image

底値競争は利益を追求する放逸な資本主義がもたらした結果

オックス・ファムマキラ・ソリダリティ・ネットワーク前者は貧困撲滅をめざして人道支援を行うNGOの連合体で、イギリス・オックスフォードに本部を置くもの。彼らは、とにかくどこよりも早く自社製品を送り出さな …

no image

GCASC会員の中には

ロドリゲスは、DOLの対応例をひとつ挙げた。工場の通路は法律で約九一センチと義務付けられている。これがもし一センチでも足りなかったら、工場主は罰金を科せられ、その工場は一応スウェットショップということ …