スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ファミリーバイクは最も安く手軽に買えるが

投稿日:

バイクをまず最初に手に入れるとしよう。最も安く手軽に買えるのはファミリーバイク。車種構成も豊富でデザインもバリエーションに富んでいる。しかしファミリーバイクのメカニズムをよく調べてみよう。エンジンはほとんどが単気筒2サイクル。もうひとつ共通している点は、ミッションがあるかないか、あるいはあっても、たまに2段か3段かの簡単なものであるということだ。それもクラッチレバーのない、オートクラッチがすべてなのだ。

オートバイのライディングテクニックは、メカニズムや性能を正確に知ってこそマスターできるのだし、次のステップアップにもつながる。愛車の大ざっばなエンジン回転数を耳や振動で体に覚え込ませるまでは、走行中の段数とそのスピードメーターの関係を知るために何速にはいっているか注意する必要がある。その段階を過ぎたら、段数を気にしないでも走れるようになるはずだ。そして、そのバィクのエンジンが持つ最も有効なパワーバンドをフルに駆使して走れるようになれば、あなたはすでにスポーツライディングを無意識のうちに身につけてしまったことになる。

あくまでもお買い物用に開発されたもの

また、ファミリーバイクは、あくまでもお買い物用に開発されたもので、スカートでも乗れる手軽さを目標に設計したバイク。もし、あなたが将来とも2輪に乗り続け、ステップアップしていこうとするなら、たとえはじめてのバイクでもファミリーバイクを選ぶのはやめたほうがいい。クラッチもなく、ニーグリップも活用できないでは、2輪テクニックを磨きようがないからだ。

ライデイングポジションも背中をまっすぐに立てなければならない、いわゆる腰かけ型が多い。しかも、足を揃えて乗るステップスルー型も多い。たとえまたがるタイプといえども、膝ではさみ込むタンクもなく、ニーグリップを使うことすらできないのだ。したがってファミリーバイクでは、ライディングフォームを正確に取って、基本に忠実な乗り方をしようと思ってもできるはずはなく、また、そういった用途に使うバイクでもない。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

S字コーナーのラインどりについて

S字コーナーのラインどりは、勾配や、コーナーのR(半径)、路面状態などによって変わるものだが、基本は2つめのコーナーを外側にふくらまずに通過することであり、そうすればおのずと、切り返すポイントやライン …

no image

二輪車のブレーキの操作で重要なのは

ブレーキ操作で重要なのは、レバーを何本の指で据るかということではなく、何本でもよいから確実な入力と、その入力をコントロールできる据り方をするということである。自分の手の大きさや握力を考えた上で、最も操 …

no image

バイク用グローブやブーツについて

へルメット、グローブ、そしてブーツは、乗車する際、最低限身につけたいギアである。ブーツは価格幅が広いものだが、レインウエアと同様、高価なものほど品質が高く、耐久性もグーンと違ってくる。安価なものは、1 …

no image

バイクが転倒して場合に起こすコツ

転倒したマシンを引き起こすのは、センタースタンドを立てることより難しい。引き起こしのポイントは、重量の重いエンジン部を起こすことである。つまり、車体後部を起こすより、車体前部を起こしたほうが有効だとい …

no image

ノンスナッチスピードなどの用語

・ノンスナッチスピード マシンのトップギヤ(6速ギヤであれば6速)で走行できる最低速度のこと。ノッキング(不整爆発を生じ、エンジンがガクガクする)寸前のときのスピードを計測する。 ・ニュートラルステア …