スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

エンジンのトルクや馬力について

投稿日:

トルクは、軸をねじる力のことで、エンジンの力をあらわす単位である。つまり、最大トルクが高いほど、エンジンの力(回転力)が強いことになる。ところで、諸元表の見方だが、大切なのは最大出力や最大トルクの数値だけを見るのではなく、その発生回転数を見ることである。たとえば、最大出力70PS/10000rpm、最大トルク7.0kg一m/9500rpmのマシンと、最大出力65PS/8500rpm、最大トルク7.5kg一m/7000rpmのマシンを比較すると、前者は高出力・高回転型、後者は中速でのパワー、トルクに優れた中速型エンジンということになる。

馬力(出力)とは、1秒間に75kgの重さの物を1m動かす仕事率のことで、”Horse・Power”(HPといいあらわす英馬力)の訳である。PSは仏馬力で、1HP=1.0143PSである。最大出力が大きいほど。仕事率が高い(加速性や最高速が高い)ことになる。

インライン4の長所、短所

低回転域の安定はツイン以上に優れており、大排気量になるほど利点も多く、メンテナンス性も悪くない。欠点としては、エンジンの横幅が広くなることだが、ドーンと並んだ4本のエキゾーストパイプには、一種の迫力を感じるものである。インライン4の長所は、低振動かつスムニスなレスボンスであり。ストレスなくピーク回転まで回せることである。しかも、高回転になるほど“キャオーン”と同調する排気音は、性急ではあるがレーシーでよいという意見も多く、このインライン4の人気は非常に高い。

欠点は、何といっても構造が複雑でメンテナンス性が悪いことである。水冷DOHC4バルブともなると、並のショップでは手が出せないほど難しく、人気のほどはインライン4に大きく水をあけられている。V4エンジンの場合は、インライン4以上に振動が少なく、しかも静かである。排気音こそインライン4のように同調しないが、全回転域を通じてのレスポンスは、V4のほうが上である。また、低中速パワーも太く、扱いやすいパワーバンドを有している。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

ハンドルをこじるなどのバイク用語

・ハンドリング 主としてコーナーリング性を意味するものであるが、コーナーでの取り回し性、寝かし込みの軽重、コーナーリング中の安定性、トレース性を含んでいる。 ・ハンドルをこじる 「ハンドルをこじる」と …

no image

S字やクランクは難しいがポイントを覚えておけば何とかなる

S字やクランクでは、マシンの操安性やエンジンの性格、ハンドルの形状、ライディングポジション、そして1速の総減速比によって、やさしくも難しくもなる。しかも、手前約5mで一時停止し、10秒以上の時間をかけ …

no image

バイクのツーリングスポーツとアメリカンタイプについて

ここでは、アメリカンタイプとツーリングスポーツタイプのバイクについて紹介していこう。 ・アメリカンタイプ まっすぐ走って楽しむには、それ相応の個性が必要である。エンジンレイアウトからライディングポジシ …

no image

バイクの防寒対策

上下のウェア。皮革製のツナギは安全性は高いが保温性はほとんどなく、レザースーツだけで走ることは不可能になる。あくまでレザースーツを着用するなら、スーツの下着にハイネック(首まで覆う)のシャツ、ズボン下 …

no image

路面の状況に応じた走りが必要

一般公道は生き物、とよくいわれる。例えば、行きに走った時は何にもなかった帰りに走ったら溝ができていたとか、砂が出ていたとか、工事中で鉄板が敷いてあったなどはよくあるケースである。従ってライダーは常に気 …