スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

エンジンのトルクや馬力について

投稿日:

トルクは、軸をねじる力のことで、エンジンの力をあらわす単位である。つまり、最大トルクが高いほど、エンジンの力(回転力)が強いことになる。ところで、諸元表の見方だが、大切なのは最大出力や最大トルクの数値だけを見るのではなく、その発生回転数を見ることである。たとえば、最大出力70PS/10000rpm、最大トルク7.0kg一m/9500rpmのマシンと、最大出力65PS/8500rpm、最大トルク7.5kg一m/7000rpmのマシンを比較すると、前者は高出力・高回転型、後者は中速でのパワー、トルクに優れた中速型エンジンということになる。

馬力(出力)とは、1秒間に75kgの重さの物を1m動かす仕事率のことで、”Horse・Power”(HPといいあらわす英馬力)の訳である。PSは仏馬力で、1HP=1.0143PSである。最大出力が大きいほど。仕事率が高い(加速性や最高速が高い)ことになる。

インライン4の長所、短所

低回転域の安定はツイン以上に優れており、大排気量になるほど利点も多く、メンテナンス性も悪くない。欠点としては、エンジンの横幅が広くなることだが、ドーンと並んだ4本のエキゾーストパイプには、一種の迫力を感じるものである。インライン4の長所は、低振動かつスムニスなレスボンスであり。ストレスなくピーク回転まで回せることである。しかも、高回転になるほど“キャオーン”と同調する排気音は、性急ではあるがレーシーでよいという意見も多く、このインライン4の人気は非常に高い。

欠点は、何といっても構造が複雑でメンテナンス性が悪いことである。水冷DOHC4バルブともなると、並のショップでは手が出せないほど難しく、人気のほどはインライン4に大きく水をあけられている。V4エンジンの場合は、インライン4以上に振動が少なく、しかも静かである。排気音こそインライン4のように同調しないが、全回転域を通じてのレスポンスは、V4のほうが上である。また、低中速パワーも太く、扱いやすいパワーバンドを有している。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクで転倒した場合の体へのダメージを減らすテクニック

マシンとからみながらすべっていくとダメージも大きいので、転倒したらすぐにマシンから離れることだ。林道のコーナーで外側へ飛び出しそうになった場合、後輪から転倒する。テクニックが向上すれば、マシンをスピン …

no image

バイク用のパンツなど

・バイク用のパンツ スリムなタイプなら、すそをブーツの中に入れてもかまわないが、ストレートやパンタロンのジーパンをブーツの中に押し込むのは、みっともないから絶対にやめよう。股がみは当然深いものがよい。 …

no image

信号での右折、左折、直進などの走り方

信号のあるなしにかかわらず、右折には危険が伴うので、1にも2にも安全確認を行うことが大切だ。オートバイは加速がよいため、つい無理をして対向する直進車輌の直前や切れ目を狙って強引に右折しがちだが、直進車 …

no image

ライディングフォームを直すステップ

基本的なライディングフォームは、自分で絶対に直すという強い意思を持っていれば直せないことはない。走っているオートバイのライダーが、シートの中心からずれて座っているのを見かけるが、たいてい左側にねじれて …

no image

二輪車のブレーキの操作で重要なのは

ブレーキ操作で重要なのは、レバーを何本の指で据るかということではなく、何本でもよいから確実な入力と、その入力をコントロールできる据り方をするということである。自分の手の大きさや握力を考えた上で、最も操 …