スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

道路標識などに気をつけよう

投稿日:

路肩に立ててある道路標識に気をつけよう。道路標識は最高速度ばかりでなく、コーナーあり、警笛鳴らせ、崖くずれや落石に注意などさまざまな状況を教えてくれる。遠方の路面を見ることも大切だが、これらの標識を見ることは、これから走る道の状態を前もって知るありがたいもの。

目線の方向にオートバイは進むから、コーナリングでは目線がキマっていることが重要なポイントとなる。そのためにも必要なのが、つぎにどんなコーナーが待ち受けているかを判断するカンと、先々のコーナーを読む習慣。

注意点はコーナー手前の勾配。長い下り坂の先にあるコーナーの場合は、下りに感覚が慣れてしまうため、オーバースピードで進入しがち。また、その他に注意するのは、これから自分が進入するコーナーの路面の状態だ。道幅やコーナーのR(半径)はもちろんだが、途中からアスファルトの質が変わったり、道路工事などで路面がつぎはぎになっていないか、ということに注意を向けるのも大切なこと。

路面のギャップにハンドルをとられることも

路面の一部だけアスファルトをやり直したような道路ではタイヤのグリップ力が変化するため、ときによってはスリップしかねないし、工事したあとなどの路面のギャップにハンドルをとられることも考えられる。

また、夜間走行時の対向車のへッドライトに注意を向ける。そういった場合を考えて、対向車のライトが遠方に少しでも見えたらこちらもハイビームにする。そして近くになったらロービームにすればいい。ハイビームにすることにより相手に注意をうながすわけだ。また相手のライトの動きによって、これから自分の進んでいく道の曲がりを確認することもできる。

遠方からくるクルマのライトが描く軌跡と逆に走ればいいわけだ。それを確認しておけば自分の進む方向が前もってわかる。こうすればいくらへッドライトの到着距離は短くても、頭のなかにあらかじめ道すじが描かれるので、安全性を高めるのには有効な手段だ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

安全性を考慮したラインはアウト・イン・イン

アウト・イン・インは安全性をも考慮したラインだ。少しでも不安な要素を感じたらこの手を使いたい。アウト・イン・アウトは効果的だが、見通しのよい場所でだけ使うようにしたい。このふたつをうまく組み合わせれば …

no image

スローインファーストアウト走行

スピードであり十分にスピードを落とさずにコーナーに入ると必ず膨らんでアウトのガードレールにぶつかるか、リーンさせすぎて転倒するかである。これがブラインドコーナーだとさらに危険性が高くなり、路面の凹凸や …

no image

上手いブレーキングはジワッときかせること

2輪、4輪を問わず急激な制動をかけることは、マシンばかりでなくライダーにまで大きな負担をかけ、百害あって一利もない。これを裏返せば、上手なブレーキングが浮かび上がってくる。それはジワッときかすことだ。 …

no image

バイクでコーナーを曲がる際の目線の移し方

目はあらゆる環境から情報を採り入れる大切な役割をする。直線では先へ先へと視線を移しながらバックミラー、両サイド、路面などを追いつづける。教習所で習うように例えば一本橋、走行ではあまり直前をみているとマ …

no image

バイクを自己流で運転する怖さ

追い越し時には、前方の安全を確認したらセンターラインをできるだけ短時間で、すなわちできるだけペイントを踏む距離を短くして対向車線へ出て一気に追い抜き、ふたたびセンターラインに対してできるだけ角度をつけ …