スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

道路標識などに気をつけよう

投稿日:

路肩に立ててある道路標識に気をつけよう。道路標識は最高速度ばかりでなく、コーナーあり、警笛鳴らせ、崖くずれや落石に注意などさまざまな状況を教えてくれる。遠方の路面を見ることも大切だが、これらの標識を見ることは、これから走る道の状態を前もって知るありがたいもの。

目線の方向にオートバイは進むから、コーナリングでは目線がキマっていることが重要なポイントとなる。そのためにも必要なのが、つぎにどんなコーナーが待ち受けているかを判断するカンと、先々のコーナーを読む習慣。

注意点はコーナー手前の勾配。長い下り坂の先にあるコーナーの場合は、下りに感覚が慣れてしまうため、オーバースピードで進入しがち。また、その他に注意するのは、これから自分が進入するコーナーの路面の状態だ。道幅やコーナーのR(半径)はもちろんだが、途中からアスファルトの質が変わったり、道路工事などで路面がつぎはぎになっていないか、ということに注意を向けるのも大切なこと。

路面のギャップにハンドルをとられることも

路面の一部だけアスファルトをやり直したような道路ではタイヤのグリップ力が変化するため、ときによってはスリップしかねないし、工事したあとなどの路面のギャップにハンドルをとられることも考えられる。

また、夜間走行時の対向車のへッドライトに注意を向ける。そういった場合を考えて、対向車のライトが遠方に少しでも見えたらこちらもハイビームにする。そして近くになったらロービームにすればいい。ハイビームにすることにより相手に注意をうながすわけだ。また相手のライトの動きによって、これから自分の進んでいく道の曲がりを確認することもできる。

遠方からくるクルマのライトが描く軌跡と逆に走ればいいわけだ。それを確認しておけば自分の進む方向が前もってわかる。こうすればいくらへッドライトの到着距離は短くても、頭のなかにあらかじめ道すじが描かれるので、安全性を高めるのには有効な手段だ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイク用つなぎは体にピッタリフィットするものを

バイク用のツナギ。レース用であれば、フルにパット類を入れ、前傾フォームが無理なく決まり体にピッタリフィットする大きさで仕立てる。ツーリング専用の場合は、下に薄手のトレーナーを着られるくらいの余裕が必要 …

no image

バイクのハンドルの形状

一般に使用するバイクはどんなハンドル形状が理想的だろうか?最もオーソドックスなロードスポーツ、よりスポーツ性の高いスーパースポーツ、それにカスタムとかスペシャルとか呼ばれるセミチョッパータイプ。この3 …

no image

バンクして曲がるのはバイクの醍醐味

バンクして曲がるのは、オートバイの醍醐味でもあり、スピードとバンク角の計算=テクニックといっても過言ではない。コーナーリングのフォームは4態あるが、これらをどのように使い分けるかは、非常に難しい。オン …

no image

バイク用のパンツなど

・バイク用のパンツ スリムなタイプなら、すそをブーツの中に入れてもかまわないが、ストレートやパンタロンのジーパンをブーツの中に押し込むのは、みっともないから絶対にやめよう。股がみは当然深いものがよい。 …

no image

クラッチ握らないギアチェンジテクニック

へアピンカープなどで観戦していると、ライダーは長い時間にわたってひざをこすりながら、マシンをバンクさせていくシーンをみることができる。しかし、最近はマシンの開発が早急に進んでいるため、バンクさせてもス …