スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

ドライクリーニングの環境への影響

投稿日:

「アーカイプス・オブ・エンパイアロンメンタル・ヘルス」誌によれば、一九九〇年代初期パーク汚染された水を飲んだマサチューセッツ住民の場合、白血病のリスクが通常の二倍から八倍、勝跳癌も四倍になったという。そんなわけで、大半のドライ・クリーニング業者は万全の対策を講じているはずと思いたいところだが、努力を怠っている業者の話もたびたび聞かれる。

ドライ・クリーニング店の近くに住むことには、危険がある。こぼれた液による水質汚染。プライアン・オルソンが説明する。「パークは沈む、溶剤なんです。水より重いわけですよ。もしも土壌が汚染されて、溶剤が地下水面や飲み水用の井戸に達したら、どうにも困ったことになります」。

コネチカット州ファーミントンにあるアヴェニュー・クリーニング店のオーナー、マイケル・ローゼンバーグの裁判が行われた。ほぼ一年にわたって、店の近くにパークを違法投棄し、近所の家一軒分の井戸を汚染したというのである。

ドライ・クリーニングは環境全体への脅威

かつて公共飲料水用に使われていた貯水池の近くで、アヴェニュー・クリーニング店のラベルの付いた。廃棄物の樽がふたつ見つかったらしい。より広い視野で見れば、ドライ・クリーニングは環境全体への脅威だとも言える。

パークのリスクがずば抜けて高い集団は、ドライ・クリーニング業界の労働者。特に、設備の古い店で働いている人たちは、非常に高濃度のパークを吸い込んでしまうので危険である。一九九三年九月の『シドニー・モーニング・へラルド』紙の記事によれば、仕事が終わって数時間経っても、労働者の肺からはまだパークが吐き出されているという。

EPAによれば、アメリカの業者が使うパークの多くが、大気中に直接排出されているそうだ。そして、パークが分解してできるトリクロロ酢酸(TCA)は、もともとは除草剤として製造された化学物質であり、ヨーロッパの研究では、森林破壊とオゾン層の減少を招くとされているのである。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

思考の麻痺した私たちは

大抵の人々がシャツ一枚に迷わず払う二五ドルだって、大方のアパレル工場労働者にとっては、何カ月も貯金しなければならない額だ。マンハッタンのミートパッキング・ディストリクトにあるロータスという気取ったナイ …

no image

モデルはみな拒食症なのか

ナオミ・キャンベルは、二〇〇一年五月にイギリスで受けたインタビューでダイエットの意味を定義し直した。ダイエットなんてしたこともないわ。私、何もしなくてもスリムなのよ。ただ、何を食べるかには気をつけなき …

no image

デザイナーはただ自分の服を一番きれいに見える体に着せて披露

ファッション・ヴィクティムは、ほとんどの場合、モデル自身は単なる将棋の駒でしかないことに気づいている。しょせん、盤上を支配するのはデザイナーなのだから。だが、当のデザイナーは、ただ自分の服を一番きれい …

no image

ニューヨークのアパレルブランド工場は

休憩も取らず(お腹が鳴り、背中痛くなっても)働いたのに、初日に仕上げられたのはたったの五三枚。一日八時間働いても三・七一ドルか稼げなかった。ニューヨークでは、ホットドッグとソーダが買えるか買えないかと …

no image

小売業界に人脈がありますしね

彼らは利益の半分を取りますが、そっくりそのまま請負業者に渡したりはしませんから、然るべきところにお金が回らないわけですとロドリゲス。小売業者は、何年も前に工場をたたんだ人々と関係を結んでいる。でも、ジ …