ファッション

ドライクリーニングの環境への影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「アーカイプス・オブ・エンパイアロンメンタル・ヘルス」誌によれば、一九九〇年代初期パーク汚染された水を飲んだマサチューセッツ住民の場合、白血病のリスクが通常の二倍から八倍、勝跳癌も四倍になったという。そんなわけで、大半のドライ・クリーニング業者は万全の対策を講じているはずと思いたいところだが、努力を怠っている業者の話もたびたび聞かれる。

ドライ・クリーニング店の近くに住むことには、危険がある。こぼれた液による水質汚染。プライアン・オルソンが説明する。「パークは沈む、溶剤なんです。水より重いわけですよ。もしも土壌が汚染されて、溶剤が地下水面や飲み水用の井戸に達したら、どうにも困ったことになります」。

コネチカット州ファーミントンにあるアヴェニュー・クリーニング店のオーナー、マイケル・ローゼンバーグの裁判が行われた。ほぼ一年にわたって、店の近くにパークを違法投棄し、近所の家一軒分の井戸を汚染したというのである。

ドライ・クリーニングは環境全体への脅威

かつて公共飲料水用に使われていた貯水池の近くで、アヴェニュー・クリーニング店のラベルの付いた。廃棄物の樽がふたつ見つかったらしい。より広い視野で見れば、ドライ・クリーニングは環境全体への脅威だとも言える。

パークのリスクがずば抜けて高い集団は、ドライ・クリーニング業界の労働者。特に、設備の古い店で働いている人たちは、非常に高濃度のパークを吸い込んでしまうので危険である。一九九三年九月の『シドニー・モーニング・へラルド』紙の記事によれば、仕事が終わって数時間経っても、労働者の肺からはまだパークが吐き出されているという。

EPAによれば、アメリカの業者が使うパークの多くが、大気中に直接排出されているそうだ。そして、パークが分解してできるトリクロロ酢酸(TCA)は、もともとは除草剤として製造された化学物質であり、ヨーロッパの研究では、森林破壊とオゾン層の減少を招くとされているのである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加