ファッション

ドライ・クリーニング業者に責任転嫁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

洗える衣類であっても「ドラリーニングのこと」というラベルを貼る。これは、単に服がダメージを受ける可能性を少ないうだけでなく、ドライ・クリーニング業者に責任転嫁するということでもある。

私たちはなぜ服をドライ・クリーニングに出すのだろう?消費者が衣類をプロの手に委ねる理由はいくつかある。ひとつは、便利だから。どうやって洗ったものかと頭を捻るよりも、ドライ・クリーニング店に持っていくほうがずっと楽だ。服を預けてしまえば、あとはハンガーに吊るされ、きれいにプレスされて帰ってきてくれるのだから。それから、手入れの方法に対する私たちの考え方が、利己的なアパレル業界に歪られたものだから、という理由もある。

消費者がラベルの指示通りに洗ったのに服が台無しになってしまったとなれば、メーカーとしては時間とお金をかけてクレ応に当たらなければならなくなる。連邦取引委員会規則では、ラベルには安全な取り扱つだけ挙げておけばいいことになっている。たとえ、ほかに安全な方法があったとしても。

クリーニング業者は

クリーニング業者は、持ち込まれる衣類については、仮によりよいクリーニング方法を知っていたとして、ラベルの指示に従うよう法律で定められている。指示内容に逆らって水洗いした場合、一切のダメージ責任になってしまう。これは、大抵のクリーニング業者が避けたがることだ。

ドライ・クリーニングが有効だと言える、のなら、何もわざわざ他の方法を並記するまでもないでしょう?とオルソン。その結果、普通の洗剤と水で洗えるのに「ドライ・クリーニングのこと」というラベルを貼られる服が恭に溢れることになる。

衣類をきれいにするのが仕事なついて、最良かつ最も実際的な方法を用います。それが水洗さらに、水洗いで問題ない衣類に「ドライ・クリーニングのこと」というラベルが付けられるのは、このラベルがそれなりの品質を象徴する存在になったから、という部分もある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加