スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

デザイナーのエゴ

投稿日:

ティアニーが綴る。なぜモデルたちは飢えなければならないのか?ファッション界には、服はハンガーのような体に着せたほうが映えるからという模範解答がある。だが、おそらくはデザイナーのエゴもあるはずである。彼らは女性らしい曲線が自分の傑作から人々の視線をさらっていってしまうことを望んでいないのだ。ティアニーなら、何か妙案はあっただろうか。

そもそもデザイナーものに大きめサイズがないこと自体、サイズに対する知覚に影響を及ぼすものだ。二〇〇一年、ベッツィ・ジョンソンが春夏コレクションにプレイボーイ誌のプレイメイトたちを使った時には、実際に服よりも胸の大きいモデルたちのほうが注目を集めてしまった。DKNY、ラルフ・ローレン、シャネルのように、プラス・サイズを出しているブランドもあるにはあるが、ごくまれである。しかも、それは需要がないからではないのだ。サイズ一一以上を着ているアメリカ人女性は、全体の四〇%に当たる約六五〇〇万人もいるのだから。

僕の服を着たいなら着せてもらわなければ

ミニスカートがはやれば太ももを露にするし、ヒップにぴったりしたジーンズを空牙いておへそを出したり、タンクトップを着て腕を見せたりする私たち。今や、より露出度の高い服を自由に着られることは、エンパワーメントのしるしと考えられている。デザイナーは理想とする体型を思い描いて作品を作るけれど、その体型というのは普通は大きめではないものである。

二〇〇二年の秋、カール・ラガーフェルドは、僕の服を着たいなら着せてもらわなければ、と言い放った。ニューヨークのサックス・フィフス・アヴェニューのプラス・サイズ部門は、一九九九年以降二〇%以上も業績を伸ばしている。私たちの肌の露出度はだんだん高まってきている。一九一三年以降、アメリカ人女性の服を作るのに必要な生地の量は減り続け、結果的に六四%も減少している。また、私たちがどんな服を着るか、服に足りないものは何かといったことは、すべてデザイナー次第である。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

どんどんボディコンシャスになってきた現象

アラバマ州バーミンガム在住の一七歳のエディター、レイチェルが言う。服の面積がどんどん小さくなっていって、私でさえショック受けてるんだもの。私も、いつもテレビに向かってぶつぶつ言ってるの。あれじゃ裸じゃ …

no image

卸売業者や請負業者、バイヤーなど

卸売業者や請負業者、バイヤーなど地元で働く人々がビルの外に出てタバコを吸ったり、ビジネスの話を(大声で)したり、街角の売り子からカバブを買ったり、競合相手の様子をうかがったりしている。マンハッタンのミ …

no image

フィット感-試着の際のラインへの期待

たまたまびったりのアパレル・ブランドに出会ったら、その会社の商品はすべて着られる確率が高いんですよ。自分がその会社の正方形、なんですから。みんなが正方形型ってわけじゃない。幅が狭くて丈の長い長方形型だ …

no image

アパレル・メーカーは人件費を削るしかない

一九九九年にメリーマウント大学倫理問題センターが行った調査では、スウェットショップに対して責任があるのは工場だけだと思っている消費者が六五%を占めており、小売業者にも責任があるとする人は一一%にとどま …

no image

アパレル製造業の労働問題

組合結成をにおわせたり、組合加入の動きを少しでも見せたりすれば、メーカーや小売業者からは一切仕事がもらえなくなってしまう。だから、ここでは絶対に組合化なんてものは起こり得ないんですよ。既存の組合にして …