スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

デザイナーのエゴ

投稿日:

ティアニーが綴る。なぜモデルたちは飢えなければならないのか?ファッション界には、服はハンガーのような体に着せたほうが映えるからという模範解答がある。だが、おそらくはデザイナーのエゴもあるはずである。彼らは女性らしい曲線が自分の傑作から人々の視線をさらっていってしまうことを望んでいないのだ。ティアニーなら、何か妙案はあっただろうか。

そもそもデザイナーものに大きめサイズがないこと自体、サイズに対する知覚に影響を及ぼすものだ。二〇〇一年、ベッツィ・ジョンソンが春夏コレクションにプレイボーイ誌のプレイメイトたちを使った時には、実際に服よりも胸の大きいモデルたちのほうが注目を集めてしまった。DKNY、ラルフ・ローレン、シャネルのように、プラス・サイズを出しているブランドもあるにはあるが、ごくまれである。しかも、それは需要がないからではないのだ。サイズ一一以上を着ているアメリカ人女性は、全体の四〇%に当たる約六五〇〇万人もいるのだから。

僕の服を着たいなら着せてもらわなければ

ミニスカートがはやれば太ももを露にするし、ヒップにぴったりしたジーンズを空牙いておへそを出したり、タンクトップを着て腕を見せたりする私たち。今や、より露出度の高い服を自由に着られることは、エンパワーメントのしるしと考えられている。デザイナーは理想とする体型を思い描いて作品を作るけれど、その体型というのは普通は大きめではないものである。

二〇〇二年の秋、カール・ラガーフェルドは、僕の服を着たいなら着せてもらわなければ、と言い放った。ニューヨークのサックス・フィフス・アヴェニューのプラス・サイズ部門は、一九九九年以降二〇%以上も業績を伸ばしている。私たちの肌の露出度はだんだん高まってきている。一九一三年以降、アメリカ人女性の服を作るのに必要な生地の量は減り続け、結果的に六四%も減少している。また、私たちがどんな服を着るか、服に足りないものは何かといったことは、すべてデザイナー次第である。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

マネキンと同じスタイルの女性がいたら痩せすぎ?

多くの摂食障害患者組織が、現代のマネキンと同じプロポーションの女性がいたら痩せすぎで生理も止まってしまうはずだと言っている。もちろん、ニーマン・マーカスのスレンダーなマネキンのそばを通ったからといって …

no image

リーバイスの工場の閉鎖

レイオフされた労働者たちは、互いの話に耳を傾けながら、元雇用主に対して行動を起こそうと計画を練った。マタとビオラ・カサレスが共同でコーディネーターを務めるこの団体には、初年度にして七〇〇人の会員が集ま …

no image

ハイチ人労働者が受け取る額はわずか六セント

外国ではさらに賃金が下がる。一九九六年、NLCは、ディズニーの一〇一匹わんちゃんの子供服ーウォルマートで一九・九九ドルで売られているものー着を仕上げる作業に対して、ハイチ人労働者が受け取る額はわずか六 …

no image

モデルの食生活は過酷なのか?

アメリカ摂食障害者協会のホリー・ホフは言う。実際、モデルはみんなへルシーな食事をしているし、ただ自然に痩せているのだと考えるほうがいい。危険なのは、モデルはみんなダイエットしていると考えることだ。なぜ …

no image

所属モデルの食習慣を完全に把握していない

コルスラッドによれば、モデルズの場合、創立から四年間で摂食障害を患ったモデルは四人いたそうだ。事務所側が入院の手配を整えてモデルを説得し、母親に迎えに来させた例もあったという。彼女たちだって、成長する …