自動車

電気自動車・ハイブリッドなどについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

原油高が持続され、燃費の良いハイブリッドカー(以下ハイブリッド)や電気自動車(以下、電気自動車)への関心がこれまで以上に高い。様々なメディアを介してこれらの記事も絶えず溢れ出てくる。しかし、ハイブリッドや電気自動車が何なのか大まかには知っているように見える正確に説明してみろと容易ではないだろう。

最初に理解することは、「電気自動車」だ。ガソリンやディーゼル、LPGなどの燃料をシリンダ内で爆発させ、その力で回転運動をするエンジンの代わりに電気モーターを動力源として使用する自動車をいう。モーターを動かすエネルギーは、当然、電気であり、電気は、車両に搭載されたバッテリーから得る。したがって、バッテリーに電気を充電してくれる設備が別に必要である。そして、バッテリーの容量と電気モーターの性能に応じて電気自動車の性能が決定される。

ハイブリッドは

「ハイブリッド」は、エンジンと電気モーターなどの2つの異なる、あるいは、それ以上の動力源を組み合わせて使用する自動車をいう。代表的なものガソリンエンジンと電気モーターを使用するガソリンハイブリッドである。最近、欧州では、ガソリンエンジンよりも効率が優れたディーゼルエンジンと電気モーターを使用している「ディーゼルハイブリッド」の開発も活発である。現代·起亜自動車では、LPGを燃料として使用するLPIエンジンと電気モーターを組み合わせた「LPIハイブリッド」を披露したことがある。

ところが、ハイブリッドは動作で「フル(ストロング)ハイブリッド」と「マイルドハイブリッド」に分けられる。これら区分する基準は、電気モーターのみでの走行が可能なのかということだ。フルハイブリッドは、エンジンとモーターが付いている車を動くだけではなく、それぞれ独立しても、自動車を動かすことができる。すなわち、エンジンを切った状態で電気モーターだけで走行が可能である。一方、マイルドハイブリッドは電気モーターだけで走行が不可能である。したがって、常にエンジンが車を動かして、電気モーターは、エンジンに脇を固めるほど働くのである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加