自動車

デミオスカイアクティブを介して「i-DM」と呼ばれる新しい機能を披露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本マツダ自動車は、一部変更モデルで発売した小型車「デミオスカイアクティブ」を介して「i-DM」と呼ばれる新しい機能を披露した。環境にやさしい運転、燃料節約運転方法は、退屈したり、禁欲的なもので受け入れられやすいが、高度な技術を活用してドライバーに興味と楽しさを提供して自発的な参加を誘導しようとする試みが続いている。「インテリジェントドライブマスター」という意味を持つこのデバイスは、運転席ダッシュボードを介して公開されるが、最近の環境のお茶でよく見ることができる環境に優しい運転スコア表示機能に加えて、スマートな運転方法」についての教育をしようとしている点が目を引く。

経済速度を維持するなど、よく考えてエコ走行をすると「緑の」ランプが点灯しますが、ここに加え柔軟に走行するように運転操作まで柔らかく、賢明にすれば「青」の照明が点灯し、ドライバーを賞賛してくれるというものである。例えば、車ゆっくり走行している場合でも、運転者は、アクセルペダルを頻繁に踏んだ引いたしていることもある。

車両の残りの部分の状態と一緒に監視

エネルギー効率を落とすような運転を運転者が覚醒して修正することができるように、i-DMは、アクセルペダル、減速ペダル、ステアリングホイールの操作などを、車両の残りの部分の状態と一緒に監視する。運転者の操作に問題がある場合、どの操作でどのように問題があったのかをインストルメントパネルにグラフで表示してくれる。アクセルペダルは踏みヤンプンなく踏む速度や変化程度まで評価対象とされ、ステアリングホイールは、可能な少なく、ゆっくりと向ける指摘を免れることができる。

移動車の慣性や荷重移動まで考慮してエネルギーを削減するために運転する必要が良いスコアを得ることができるとしたら甘いものではない。i-DMは、今後、自動車の外スペースでも活用される可能性がある。現時点でインストルメントパネルにこれらの情報を表示するためにとどまるが、評価に使用される様々な情報は、車両に記録されているので、まずは整備用機器を利用しても、その内訳を確認することができる。したがって、総合的に分析してくれるサービスが追加で提供される場合、より具体的な運転評価や教育が可能となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加