スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

最初のデートに失敗したら「完全無視」を決め込む!?

投稿日:

大ヒットしたテレビドラマ『黒革の手帳』(松本清張原作)の最終回では、ヒロインの元子(米倉涼子)が、「君は、自由のまま僕と結びついていればいい」という安島(仲村トオル)のセリフに強烈な反感を抱く。そのひと言に、放し飼いの愛人を持とうとする男のエゴを感じ取ったからだ。そして、そのひと言で、元子は安島に傾きかけた心を捨てて鬼になるこうした女性心理は、たとえば最初のデートに失敗したあとの対処法を考えるとさ、大いに参考になる。

石川達三の『幸福の限界』には、その小説が書かれた昭和二年代としてはきわめてラジカル(急進的)なヒロインが登場する。そのヒロイン、由岐子は、「結婚は、性生活をともなう女中生活」との考えにもとづいて、結婚を拒否して恋愛を楽しみ続ける。そんな由岐子が、あるとき、恋人の仕事場をおとずれる。

すると、小説家の恋人は原稿書きの最中で、「ああ、ちょっとあとにしてくれ」と由岐子には目もくれない。タバコの灰が床に落ちそうなことにも気づかず、一心不乱に原稿に集中している。そうやって無視された由岐子は、「男の恐ろしさと美しさ」を感じる。その瞬間を境に、小説家の妻となって平凡な結婚生活を生きることを決意するのだ。

最初のデートに失敗すると

最初のデートに失敗すると、男は、汚名を返上しようと、間をおかないで、趣向を変えた二度目のデートに誘おうとしがちだ。しかし、こんなときは、『幸福の限界』に出てきた小説家が取った行動のような「完全無視」という方法もある。

ともかく、一時は、話しかけもせず見つめもしないような態度を取ってみる。相手の女性にまったく脈がなければそれまでだが、少しでも脈あり、という場合は、大きな効果が期待できる。無視された女性は、何よりもまず、その無視の理由を知りたがる。

そして、つぎに自分の魅力についての不安を抱く。その両方が入り混じって、自分を無視する男のことが頭から離れないような状態になる可能性もある。つまり、これは一発逆転の大技なのである。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

激情結婚披露宴を見ていて思ったこと

K柳の夫が親離れするときを危惧するのは私だけだろうか。K柳の激情結婚披露宴を見ていて思ったのは、彼女の年下の新夫と、我が家の3歳の息子が非常に似ているということである。いつも必ず、からだのどこかが触れ …

no image

うぬぼれた男と自信がない男、女が嫌いなのはどっちだろうか?

女は、男とは明らかに違う動物。「根拠もなく自信満々な男は嫌いだけど、自信がない男は、もっと話にならない」一人のうち九人の女性は、そう口をそろえる。だから、「あのう、僕じゃダメですかね」とか「僕は何の取 …

no image

化粧の濃いのが嫌いな彼氏

きちんとお化粧することを、彼は化粧が濃いと受け取るのですが、と語るある女性。私は自分ではそんなに濃いメイクをしているとは思っていません。でも、男の人の目は違うのでしょうか?女性のメイクってなんのためな …

no image

付き合いが長くて兄弟のような関係に

子供を二人も産み、締め切りをこなし、3歳も過ぎてしまうと、人間、ちっとやそっとでは落ち込まなくなってしまう、とある人は語る。こんな私にも、かつては繊細で傷つきやすい魂の時期もあったのだわ、と懐かしく思 …

no image

女に対して自分の欠点をあまり隠さないほうがいい

女性は、装う生き物である。一人で家にいるときと外とでは、かなり違うことが多いようだ。実際に、女性が家にいるときには、服装にこだわらないという人は過半数だそうだ。そこからは、話し方や態度なども、ウチゾラ …