スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

最初のデートに失敗したら「完全無視」を決め込む!?

投稿日:

大ヒットしたテレビドラマ『黒革の手帳』(松本清張原作)の最終回では、ヒロインの元子(米倉涼子)が、「君は、自由のまま僕と結びついていればいい」という安島(仲村トオル)のセリフに強烈な反感を抱く。そのひと言に、放し飼いの愛人を持とうとする男のエゴを感じ取ったからだ。そして、そのひと言で、元子は安島に傾きかけた心を捨てて鬼になるこうした女性心理は、たとえば最初のデートに失敗したあとの対処法を考えるとさ、大いに参考になる。

石川達三の『幸福の限界』には、その小説が書かれた昭和二年代としてはきわめてラジカル(急進的)なヒロインが登場する。そのヒロイン、由岐子は、「結婚は、性生活をともなう女中生活」との考えにもとづいて、結婚を拒否して恋愛を楽しみ続ける。そんな由岐子が、あるとき、恋人の仕事場をおとずれる。

すると、小説家の恋人は原稿書きの最中で、「ああ、ちょっとあとにしてくれ」と由岐子には目もくれない。タバコの灰が床に落ちそうなことにも気づかず、一心不乱に原稿に集中している。そうやって無視された由岐子は、「男の恐ろしさと美しさ」を感じる。その瞬間を境に、小説家の妻となって平凡な結婚生活を生きることを決意するのだ。

最初のデートに失敗すると

最初のデートに失敗すると、男は、汚名を返上しようと、間をおかないで、趣向を変えた二度目のデートに誘おうとしがちだ。しかし、こんなときは、『幸福の限界』に出てきた小説家が取った行動のような「完全無視」という方法もある。

ともかく、一時は、話しかけもせず見つめもしないような態度を取ってみる。相手の女性にまったく脈がなければそれまでだが、少しでも脈あり、という場合は、大きな効果が期待できる。無視された女性は、何よりもまず、その無視の理由を知りたがる。

そして、つぎに自分の魅力についての不安を抱く。その両方が入り混じって、自分を無視する男のことが頭から離れないような状態になる可能性もある。つまり、これは一発逆転の大技なのである。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

結婚したくない恋人は欲しい

誘いの瞬間こそ、ドラマにおける緊張のヤマ場であります。フィクションの場合、ここがうまくできていると、結末がめちゃくちゃでも、ああ、おもしろかったと鑑賞できるわけ。しかし、実生活では、おもしろかったでは …

no image

彼氏の家庭の事情で結婚できない

結婚しようと思っている彼の家庭の事情が複雑で、苦労しそうなのですが、とある人は語る。 彼は俺がみんなを幸福にしてみせる、と責任感のかたまりになってしまいました。そして私には、長男の嫁という意味で、彼の …

no image

職場の不倫カップル

職場の不倫カップルとなれば、大変きわまることであろう。よく聞く話だが、妻子持ち上司と部下の女子社員カップル。それが社内でバレ、オフィス内の均衡は崩れ(男子社員も、上司の女となれば、むげに怒鳴れなくなる …

no image

初対面の人への質問の仕方

初対面の彼女を質問攻めにするなかれ初対面のとき、話題のない男は、たいがい四つの質問で間をもたせようとする。「年はいくつ?」「どこに住んでるの?」「仕事は何をしてるの?」「兄弟はいるの?」この四つの質問 …

no image

イノセントが売りの芸能人たち

久し振りに電話をかけてきた学生時代の友人と、結局、男は、女のイノセントな部分に弱いのよねえという話になった、とある人は語る。 日本男性は、イノセントに弱い。それも、無知を無拓と勘違いして捉えているケー …