スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

デートの誘いを断られないでオッケーしてもらえるテクニック

投稿日:

「保留」というニュートラルな状態からは、YESにもNOにもいきやすい。つまり、このスタンスによって、女は、男のお手並みをじっくりと観察しつつ、YESかNOかを臨機応変に決定できるというわけだ。こういうスタンスを取る相手には、「今週末は、空いていませんよね?」という持って回った聞き方は、まったくうまくない。

多くの女性は、半ば意図的に「意志薄弱」の状態を保っている。別の言い方をするならば、対男性においては明確な態護を「保留」する戦略を取っている。これは、女性ならではの知恵によって導かれた戦略といっていい。

「今週末は、何か予定がありますか?」ここから始めなくてはならない。そこで、女は、きわめてニュートラルな気分で事実を述べる。「ええ。ピアノ教師をやっていますもので」ここから先が、「NO」を言いにくくさせるテクニックになっていく。

語尾に否定の断定を使う

「へえ。いいなあピアノ教師なんて。その仕事は、やっばり昼なんでしょう」「ええ。昼の一時から四時まで」「それじや、四時以降は空いているわけだ。四時以降にも何かが入っているなんてことは、ありませんよね」ごび入っていてほしくない、という気持ちを強調するための話法である。語尾に「否定の断定」を使う。

「ええ、入っていませんけど」「それじゃ、そのあとに、僕と映画に行きましょう」そこで、「いえ、でも」と迷うスキを与えずに、「映画は、嫌いじゃないですよね」と、さらに「否定の断定」を入れる。映画が嫌いでなければ、彼女は「ええ」と言うしかない。そこで、彼女は、自分の返答にうながされてOKのほうに傾くという寸法である。なんだか言葉の手品みたいな感じだが、これは心理学の世界でもちゃんと有効とされている方法なのである。

女は、すぐに男の及び腰を読み取り、「ええ、空いていません」のひと言で終わらせてしまう。やはり、「保留」戦略を取る相手に対しては、その「保留」の壁を突き破る順次の攻略が必要になる。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

女に対して自分の欠点をあまり隠さないほうがいい

女性は、装う生き物である。一人で家にいるときと外とでは、かなり違うことが多いようだ。実際に、女性が家にいるときには、服装にこだわらないという人は過半数だそうだ。そこからは、話し方や態度なども、ウチゾラ …

no image

恋は麻疹に似ているともいわれるが

ひょっとして、恋人になれるのかなという可能性を秘めた男友達と会う時が、一番、ドキドキして楽しい時間ではないか、と思ってしまう。恋人になってしまえば、こんどはその関係を維持することに神経を使わねばならな …

no image

偶然の出会いが二度、三度と続くと運命を感じる

「偶然の出会い」が、女性にかなりの揺さぶりをかけるのはそのため。もちろん、一度道路でばったり出会っただけで、それを運命と思う女性はそうそういない。よほどファンタジックな女性でもないかぎり、女性はそれな …

no image

女性から見て楽しい人になるか面白い人になるかの境界線

会話上手は、豊富な話題を持っているばかりでなく、女性を会話の中に参加させようとする気づかいもある。会話のうまい男は、ポンポンと話題を変えていきながら相手が乗りやすい話題を探していくことができるのだ。そ …

no image

彼氏に捨てられてしまった自分を想像してみると

彼に退屈したら、彼に捨てられてしまった自分を想像してみましょう。そして、他の男性の誰にも振り向いてもらえない。そうすれば、退屈なんてしてられない。もし、明日、彼が消えてしまったら~と考えるだけで彼と会 …