スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

デートはお金かけるだけが芸ではない

投稿日:

デートに必要なのは、金離れのよさだけではない。そこに、女性心理のむずかしさがある。二回目のデートでも三回目のデートでも、金離れのよさだけで勝負していると、女性は、「この人って、札束の力だけで女をどうこうしようというタイプなのかしら」と思うようになる。

一人一万五円のフレンチのコースなら、ワインも一万円のものをオーダーしなくてはならない。それが、スマートなバランスというものだ。そこでワイン代をケチるようだと、たちまちスノッブ(えせ紳士)の本性が丸出しになってしまう。

「女には金さえ使っておけばいい」という男は、女の日には不実のシンボルのように映る。「金さえ使っておけばいい」ということは、頭も心も使うつもりがないということだ。ひいては、そのタイプは、誰かれかまわずの無色家にさえ映るのである。

そんなら、どうしろってんだ、というブーイングが聞こえてきそうだ。まあ、落ち着いてほしい。べつに無理な注文をしようというわけではないのだから。肝心なのは、メリハリである。

美味しいラーメン

たとえば、とびっきりに美味しいラーメン。これは、情報誌などには出ていない店で、安さを売り物にしていない大人向けの名店である。いまどきは、ラーメンなるものは一つの「文化」を形成しているので、ラーメンと聞いて貧乏くささを感じる女性は、まずいない。それどころか、今日は駆け引きなしでひたすらラーメンを堪能しようという気楽な楽しさを感じてくれるだろう。

つまり、初デートで金離れのよさを見せつけたあとは、二度目のデートでは「工夫」を見せつけるのだ。ポイントはそこにある。金の要素が介在し続けると、どうしても、「男が女を求めている」というシリアス味がつきまとう。それは、「引き伸ばしたら、悪いかも」と女性に感じさせることになる。そのプレッシャーゆえに、それほど悪い印象を持っていない男から女が離れていくのは、往々にしてあることなのだ。

はやる気持ちだけが前面に出ると、女性は、そのプレッシャーに耐えられなくなる。だから、「本気」を見せるいっぽうで、ラーメンをいっしょに食べて楽しむくらいの「抜き」を見せることも必要なのだ。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

うぬぼれた男と自信がない男、女が嫌いなのはどっちだろうか?

女は、男とは明らかに違う動物。「根拠もなく自信満々な男は嫌いだけど、自信がない男は、もっと話にならない」一人のうち九人の女性は、そう口をそろえる。だから、「あのう、僕じゃダメですかね」とか「僕は何の取 …

no image

デートを断られた後にもう一度押してみる

「軽い女と見られたくない」という心理について、こう考えたことはあるだろうか?「ここで誘いに乗ったら、ほかの誰の誘いにも乗ると思われる」つまり、彼女は誘いをかけた男性に悪い印象を抱いていないからこそ、一 …

no image

寂しいのでつい不倫してしまいました

寂しさのあまりつい不倫してしまいました。このまま続けていてはだめでしょうか?、とある人は語る。東京にいたころに比べ楽しみも少なく、親しい友人も近くにいないため、寂しさのあまり同僚の妻子ある男性と関係を …

no image

彼女との会話が盛り上がるようにするには

会話の力はすべてのカギを握っているといっていい。では、彼女との会話を盛り上げるには、どうしたらいいのか?それには、話題が豊富であるにかぎる。自分の生い立ちや趣味の話は、親しくないうちは、ほどほどにして …

no image

恋のワクチンは世の中にあふれ出ている愛の歌

恋ワクチンとは、世の中にあふれ出ている恋愛ドラマ、愛の歌である。彼女らはこれらを通して擬似恋愛体験をする。つまり、それが恋ワクチンなのだ。ワクチンを体内に注入したために、自分はもう、恋を体験したかのよ …