スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

デートはお金かけるだけが芸ではない

投稿日:

デートに必要なのは、金離れのよさだけではない。そこに、女性心理のむずかしさがある。二回目のデートでも三回目のデートでも、金離れのよさだけで勝負していると、女性は、「この人って、札束の力だけで女をどうこうしようというタイプなのかしら」と思うようになる。

一人一万五円のフレンチのコースなら、ワインも一万円のものをオーダーしなくてはならない。それが、スマートなバランスというものだ。そこでワイン代をケチるようだと、たちまちスノッブ(えせ紳士)の本性が丸出しになってしまう。

「女には金さえ使っておけばいい」という男は、女の日には不実のシンボルのように映る。「金さえ使っておけばいい」ということは、頭も心も使うつもりがないということだ。ひいては、そのタイプは、誰かれかまわずの無色家にさえ映るのである。

そんなら、どうしろってんだ、というブーイングが聞こえてきそうだ。まあ、落ち着いてほしい。べつに無理な注文をしようというわけではないのだから。肝心なのは、メリハリである。

美味しいラーメン

たとえば、とびっきりに美味しいラーメン。これは、情報誌などには出ていない店で、安さを売り物にしていない大人向けの名店である。いまどきは、ラーメンなるものは一つの「文化」を形成しているので、ラーメンと聞いて貧乏くささを感じる女性は、まずいない。それどころか、今日は駆け引きなしでひたすらラーメンを堪能しようという気楽な楽しさを感じてくれるだろう。

つまり、初デートで金離れのよさを見せつけたあとは、二度目のデートでは「工夫」を見せつけるのだ。ポイントはそこにある。金の要素が介在し続けると、どうしても、「男が女を求めている」というシリアス味がつきまとう。それは、「引き伸ばしたら、悪いかも」と女性に感じさせることになる。そのプレッシャーゆえに、それほど悪い印象を持っていない男から女が離れていくのは、往々にしてあることなのだ。

はやる気持ちだけが前面に出ると、女性は、そのプレッシャーに耐えられなくなる。だから、「本気」を見せるいっぽうで、ラーメンをいっしょに食べて楽しむくらいの「抜き」を見せることも必要なのだ。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

教養は必要か-彼の話が理解できない

先日、彼と彼の友人三人とお酒を飲んだときのことです。私にはよくわからない話が出てきました、と語るある女性。 教養、って何ですか?人を好きになる、あるいは好きになってもらう資格のひとつに教養は必要ですか …

no image

5年つきあってふられた彼氏は私の部下

5年つきあってふられた彼は私の部下、とある人は語る。1年で忘れられる男であっても、当座はやはりイラつくと思います。それはしかたのないことです。スポーツするなり、趣味を見つけるなり、何か気をまぎらわせる …

no image

極度のあがり症で結婚式が怖い

私は極度のあがり症なんです、と語るある女性。結婚することはとても幸せなことですが、結婚式がイヤなのです。そのことを思うと夜も眠れません。相手のお客さまもあきれるほどあがりまくって、真っ赤になった顔のみ …

no image

セクシャルハラスメントと中傷

セクシャル・ハラスメントが今話題である。あのコ、相当、男と遊んでるらしいわ。あんな女と仕事したくないわよね女同士の間でも、よくこういう会話は耳にする。しかし、これは、セクシャル・ハラスメントとは言わな …

no image

男女の結婚の価値観や望む時期がいつまでたっても噛み合わない

男と女の結婚を望む時期がいつまでたっても噛み合わない。結婚したくてしようがない若い男性が増えていると聞く。若い男の子の、結婚に憧れる動機が、昔とは随分変わってきているように思える。かつては、押し入れの …