スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

デートはお金かけるだけが芸ではない

投稿日:

デートに必要なのは、金離れのよさだけではない。そこに、女性心理のむずかしさがある。二回目のデートでも三回目のデートでも、金離れのよさだけで勝負していると、女性は、「この人って、札束の力だけで女をどうこうしようというタイプなのかしら」と思うようになる。

一人一万五円のフレンチのコースなら、ワインも一万円のものをオーダーしなくてはならない。それが、スマートなバランスというものだ。そこでワイン代をケチるようだと、たちまちスノッブ(えせ紳士)の本性が丸出しになってしまう。

「女には金さえ使っておけばいい」という男は、女の日には不実のシンボルのように映る。「金さえ使っておけばいい」ということは、頭も心も使うつもりがないということだ。ひいては、そのタイプは、誰かれかまわずの無色家にさえ映るのである。

そんなら、どうしろってんだ、というブーイングが聞こえてきそうだ。まあ、落ち着いてほしい。べつに無理な注文をしようというわけではないのだから。肝心なのは、メリハリである。

美味しいラーメン

たとえば、とびっきりに美味しいラーメン。これは、情報誌などには出ていない店で、安さを売り物にしていない大人向けの名店である。いまどきは、ラーメンなるものは一つの「文化」を形成しているので、ラーメンと聞いて貧乏くささを感じる女性は、まずいない。それどころか、今日は駆け引きなしでひたすらラーメンを堪能しようという気楽な楽しさを感じてくれるだろう。

つまり、初デートで金離れのよさを見せつけたあとは、二度目のデートでは「工夫」を見せつけるのだ。ポイントはそこにある。金の要素が介在し続けると、どうしても、「男が女を求めている」というシリアス味がつきまとう。それは、「引き伸ばしたら、悪いかも」と女性に感じさせることになる。そのプレッシャーゆえに、それほど悪い印象を持っていない男から女が離れていくのは、往々にしてあることなのだ。

はやる気持ちだけが前面に出ると、女性は、そのプレッシャーに耐えられなくなる。だから、「本気」を見せるいっぽうで、ラーメンをいっしょに食べて楽しむくらいの「抜き」を見せることも必要なのだ。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

優しい男に対する女性の評価

世の多くの男性は、女性に対しては「ひたすらやさしい男」を演じようとする傾向がある。たいして重そうでもない荷物を持ってやる。クルマのドアを開けてやる。しまいには、エスカレーターの乗り日で手を取ってろうと …

no image

カップルでできるスポーツ

柔道、合気道はすたれ、かわって、若者たちは、スキー、テニス、スキューバ、ゴルフである。ウェアがおしゃれである。二人以上で楽しめる。これが、人気のポイントであるらしい。少し前までは、ゴルフは認められてい …

no image

モテる人を真似してみよう

爆笑問題の太田光氏は、若いころから立川談志氏にあこがれていて、談志師匠の声の出し方、間の取り方、表情の動かし方をマネしまくっていたという。日本テレビアナウンサーのジャストミート福澤氏などは、あきらかに …

no image

男性のテリトリーに入りたいと思う女性の心理

女性には、男性のテリトリーに入ってみたいという願望がある。大げさに言えば、そこには怪傑ゾロの隠れ家に連れていってもらえるようなゾクゾク感があるのだ。男の隠れ家、とは、その男のセンス、テイスト、メンタリ …

no image

水商売のお姉さんたちを上品だと感心する男達

男たちは、ワンレン・ボディコン・ジャラジャラの水商売のお姉さんたちを、上品だと感心している。思うに、男にとっての女の上品と、女から見た女の上品は、質が違うらしい。男にとって、金のかかった身なり、金のか …