スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

デートを断られた後にもう一度押してみる

投稿日:

「軽い女と見られたくない」という心理について、こう考えたことはあるだろうか?「ここで誘いに乗ったら、ほかの誰の誘いにも乗ると思われる」つまり、彼女は誘いをかけた男性に悪い印象を抱いていないからこそ、一度目の申し込みを断るということもある。

一回目のデートの申し込みで意中の彼女からOKの返事が得られるのは、あなたのファーストインプレッションがきわめてよかった場合だけだ。ふつう、女性は、「軽い女と見られたくない」という一種の嗜みによって一回日の誘いは断るものである。ところが、プライドの高い男は「なんて高慢な女だ」と思い、自信のない男は「女性はオレと歩くのもいやなんだ」と思って、それぞれ二度目のチャレンジをやめてしまう。なんもモッタイナイ話である。

そうでなくても、一回目のデートの申し込みを断った女性には、たいがい、こんな心理が芽生える。「ホテルに行こうと言われたわけじゃないのに、へんに警戒したりして。私ってつまらない女」「あの人とデートをしたら、意外に楽しかったかもしれない。でも、自分が見栄を張りたいばっかりに、そのチャンスを捨ててしまった」

一度でダメなら二度押してみるべし

一度のデートの申し込みを断られるということは、じつは、「交渉」が大きく前進した、と考えていい。「一度でダメなら、二度押してみるべし」というのは、たんに気合で落とせといっているのではなく、そのような女性心理をふまえた知的戦略にほかならない。

人間というのは、案外、してしまったことよりも「しなかったこと」に大きな後悔を抱くものだ。女性には、とくにその傾向が強い。女性は、バカな買い物をしてもあまり後悔しないが、買い物を自粛して欲しいモノを逃した後悔はいつまでも引きずる。

ある女性は、こんなことを言っている。「私は、二度目のデートの誘いにはかならずOKすることにしている。ただし、二度誘われることが条件。だって、一度で引き下がるような男は、一度の誘いでついてくる女性しか求めてないってことでしょ。つまり、その日かぎりの遊び、快楽を求めていることがはっきりしているわけですよ」つまり二度目の誘いは、男の「誠意」の証明にもなるわけだ。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

寂しいのでつい不倫してしまいました

寂しさのあまりつい不倫してしまいました。このまま続けていてはだめでしょうか?、とある人は語る。東京にいたころに比べ楽しみも少なく、親しい友人も近くにいないため、寂しさのあまり同僚の妻子ある男性と関係を …

no image

男が語る夢を女はどう思うのか

女性とは、ファンタジーとリアリズムの両極を兼ねそなえた動物である。そのリアリズムの部分が、男の「夢」に対して無慈悲に冷酷に反応することを考えておかなくてはならない。たとえば、JRで長距離電車の運転士に …

no image

モテる人を真似してみよう

爆笑問題の太田光氏は、若いころから立川談志氏にあこがれていて、談志師匠の声の出し方、間の取り方、表情の動かし方をマネしまくっていたという。日本テレビアナウンサーのジャストミート福澤氏などは、あきらかに …

no image

恋愛において男は心の部屋に絵をかけ女は音楽をかけるという

恋の初期段階には、ひんぱんに喫茶店が使われる。お互い知らないことばかりなので、会話は、すべて、新鮮な驚きである。夢中になって、自分のことについてしゃべり続けるのだ。お茶を飲みながら。 お茶を飲みません …

no image

恋愛におけるムード戦略は逆効果になることのほうが多い理由

最初の関門は、デートコースをどう設定するか。男は、女をできるだけムーディーなスポットに誘おうとする。キャンドルライトがゆらめくイタリアンレストラン。街の夜景を見下ろす高層ビルのバー。しかし、結論を先に …