スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

デートを断られた後にもう一度押してみる

投稿日:

「軽い女と見られたくない」という心理について、こう考えたことはあるだろうか?「ここで誘いに乗ったら、ほかの誰の誘いにも乗ると思われる」つまり、彼女は誘いをかけた男性に悪い印象を抱いていないからこそ、一度目の申し込みを断るということもある。

一回目のデートの申し込みで意中の彼女からOKの返事が得られるのは、あなたのファーストインプレッションがきわめてよかった場合だけだ。ふつう、女性は、「軽い女と見られたくない」という一種の嗜みによって一回日の誘いは断るものである。ところが、プライドの高い男は「なんて高慢な女だ」と思い、自信のない男は「女性はオレと歩くのもいやなんだ」と思って、それぞれ二度目のチャレンジをやめてしまう。なんもモッタイナイ話である。

そうでなくても、一回目のデートの申し込みを断った女性には、たいがい、こんな心理が芽生える。「ホテルに行こうと言われたわけじゃないのに、へんに警戒したりして。私ってつまらない女」「あの人とデートをしたら、意外に楽しかったかもしれない。でも、自分が見栄を張りたいばっかりに、そのチャンスを捨ててしまった」

一度でダメなら二度押してみるべし

一度のデートの申し込みを断られるということは、じつは、「交渉」が大きく前進した、と考えていい。「一度でダメなら、二度押してみるべし」というのは、たんに気合で落とせといっているのではなく、そのような女性心理をふまえた知的戦略にほかならない。

人間というのは、案外、してしまったことよりも「しなかったこと」に大きな後悔を抱くものだ。女性には、とくにその傾向が強い。女性は、バカな買い物をしてもあまり後悔しないが、買い物を自粛して欲しいモノを逃した後悔はいつまでも引きずる。

ある女性は、こんなことを言っている。「私は、二度目のデートの誘いにはかならずOKすることにしている。ただし、二度誘われることが条件。だって、一度で引き下がるような男は、一度の誘いでついてくる女性しか求めてないってことでしょ。つまり、その日かぎりの遊び、快楽を求めていることがはっきりしているわけですよ」つまり二度目の誘いは、男の「誠意」の証明にもなるわけだ。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

恋愛だけは資本主義の外においてあげたい

恋愛だけは、資本主義の外においてあげたい。王子さまが乞食の娘に恋をしたり、お姫さまがカエルに嫁いだりするとき、自分の利益のことなんかこれっぽっちも頭にありません。 資本主義の原則は、いかに利益をあげる …

no image

結婚適齢期と出産

周りの人間が私の顔を見れば適齢期をロにします。結婚年齢は人様々だと思うのですが、この世にはなんで適齢期なんてあるんでしょう。私はいま適齢期ですが、まあ、適齢期を過ぎつつある微妙な年齢といえると思います …

no image

年とってからモテたいならば若い頃から自分を磨くこと

若いうちに女性は、内面を磨くべきか、外ヅラを磨くべきか。若いうちにモテたいなら、外ゾラを、とにかく磨くべきデス、とある人は語る。若い男の子は、なんせ、女の外面しか見ないのだから。若い時分、私は、間違っ …

no image

ミステリアスな人はモテる

心理学者のバーリン博士は、女性心理を研究しつくしたうえで「男性が女性に好かれるための三つの要素」を発見した。バーリン博士が「美的モデル」と名づける男性は、以下の「三要素」をそなえた男性である。複雑さ( …

no image

大人同士のクリスマスプレゼントの交換

本来、恋愛とは、対等でフェアな人格同士の魂のぶっかり合いであると。金で買われた、その金が安すぎる、云々は、恋愛から最も遠くかけ離れた次元の問題である。すごくステキな男性でも、その奥さんを見たとたん、が …