スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

デート中に犬などに出くわしたら撫でてあげよう

投稿日:

犬好きの女性にとって、犬好きの男は、それだけで「心が温かい」と映る。だが、特別に犬好きではない女性でも、動物をいつくしむ男には安心感をおぼえところがある。いかにも環末でセコいノウハウのように思われるかもしれないが、これ、かなり効き日があるのである。

ある保険のセールスマンから、こんな話を聞いたことがある。「最近は、室内犬を飼っている家がやたらに多くて。保険の契約をするために家の中にあがると、コーギーだのチワワだのが、キャンキャン映えて邪魔をするんですよ。でも、そのときは、嫌な顔を見せたらこちらの負け。僕は、おお、どうしたの、どうしたの、機嫌悪いね、みたいに、ニコニコしながら犬に話しかけるようにしている。そうすると、相手の奥さんは、いっぺんに打ち解けてくる。契約しようかしまいか迷っているときなんかは、奥さんといっしょになって犬の頭を撫でているだけで、交渉は好転しますよ」

前にヒットした『寄生獣』という漫画に、こんなシーンがあった。高校生のカップルが、寂しそうに町中を歩いている。すると、車に轢かれた子犬の死該に出くわす。そこで、男の子のほうが、その死骸をひょいと拾って近くのゴミ箱に捨てる。すると、女の子のほうが、目に涙をいっぱいためて「そんなことをするなんて」と叫んで走り去ってしまうのだ。この描写は、漫画といえども、かなり真実を突いている。

デート中に犬や猫に出くわしたら

女性は、男性の目から見て「たいして役に立たない」と思われる「感傷」を大事に抱いている。だから、連れの男が雨に濡れた子猫にそっぽを向くような素振りを見せただけで、自分が大切にしている感傷を踏みにじられたと感じるのだ。この点には、細心の注意を払ってほしい。

すでに死んでしまった子犬は、生ゴミの一種には違いない。だが、そのように割り切ってしまう心が、女性にはひどく冷酷なものに映るのだ。こんな行為一つで、それまではいい感じだった彼女との仲が取り返しのつかない破局を迎えることは、十分にありうる話であろう。

逆の言い方をすると、デート中に犬や猫に出くわしたら、それは女性の「役に立たない感傷」をくすぐるチャンスにほかならないということだ。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

結婚しているのに恋心を抱いてしまう

結婚しているのにちっとも落ち着きがなく、すぐに恋心を抱いてしまう、とある人は語る。彼とともに青春を過ごし、結婚したくてしたくてたまらない人と一緒になった私ですが、じつはプロポーズされたときはすでに心は …

no image

片思いは恋かという疑問

片思いは、恋か、という疑問があります。片思いは、恋です。逆に、一方的に異性から思いをかけられることは、恋でも何でもありません。好きでも何でもない相手から一方的に愛情を注がれても、その人の内部では何の心 …

no image

彼の年齢にこだわる

これまでも年下の子を好きになることはありましたが、アイドルを見て、かわいい、と思う気持ちとたいして変わらないものでした、とある人は語る。でも、今度は違うのです。彼の内面的な部分が好きなのです。年上の男 …

no image

女性の外見のコンプレックスを癒す役を演じる

ひと昔前ならば、顔、スタイル、肌の美醜は、生まれつきのものと考えられていて、それらの美にめぐまれない女性は、一種のアキラメをもっていたものだ。ところが、「金をかければかけるほど効果も上がる」という美容 …

no image

不倫がはびこるのは男の過去にこだわらない女の特性に一因がある

主催者側も、ものすごいキャスティングをしたものだ。しかし、Kさんもおとななら、いやあ、女房がお世話になっちゃってのジョークの一つも言えばいいのに。それか、逆に、マッチが出るなら、司会は嫌だとゴネるとか …