スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

デートを徹底的にダンドリする男

投稿日:

スピルバーグ監督の大ヒット映画『ジュラシック・パーク』の原作には、「フラクタル理論」という数学理論が登場する。ごく簡単に言うと、いかに高度な数学で原因と結果の相関関係を究明しても、現実に起こる出来事は絶対に予測が不可能であるという理論だ。

デートを徹底的にダンドリする男は、その「フラクタル理論」をまったく知らないということになる。一回目のデートは、明るい店。で、彼女の終電に間に合う時刻に終わらせる。二回目のデートは、食事のあとにバーに行く。

そして、彼女をタクシーで家まで送る。三回目のデートは、映画、食事、ホテルのバー、ホテルの部屋というコースを踏む。そのために、映画は指定席、食事はフレンチ、ホテルは一流という豪華なコースを取る。その日の予算は、一万円。

映画を観た人なら、「アミノ酸を作り出す機能を奪われているジュラシック・パークの恐竜は、アミノ酸の投をしなければおのずと死滅する」という科学理論が裏切られて、公園の管理から野放しになった恐竜が暴れ続けるエピソードを覚えているはずである。

ダンドリ君の計画に欠けている所は

やっかいなことに、ほとんどの女は、自分の気分がクルクルと変わる理由を知らない。男と違って、生理の循環に精神を大きく左右されるということも理由の一つだろうが、それは、混池と交じり合っているいくつかの理由の一つにすぎない。

ダンドリ君の計画に欠けている所は何か?それは、その時々の彼女の「気分」に対する融通性とでもいうべきものである。女性というのは、その日、その場、その瞬間によって気分がまったく違う。ある冬の日の荒涼としたタ暮れに、訳もなくエッチな気分になることもあるし、ムーディーな夜景を見ながら、ふいにブルーな気分になることもある。

ともかく、一番星がやけに明るいというだけで、女はガラリと気分を変えることがあるのだ。一回目のデートでふいにエッチなデートになることもあれば、三回目のデートで最低にシラけた分になることもある。だから、女を口説くにおいて仕事のダンドリのような綿密な計画を立てることほどナンセンスなことはないのである。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

彼の年齢にこだわる

これまでも年下の子を好きになることはありましたが、アイドルを見て、かわいい、と思う気持ちとたいして変わらないものでした、とある人は語る。でも、今度は違うのです。彼の内面的な部分が好きなのです。年上の男 …

no image

女性の外見のコンプレックスを癒す役を演じる

ひと昔前ならば、顔、スタイル、肌の美醜は、生まれつきのものと考えられていて、それらの美にめぐまれない女性は、一種のアキラメをもっていたものだ。ところが、「金をかければかけるほど効果も上がる」という美容 …

no image

男性のテリトリーに入りたいと思う女性の心理

女性には、男性のテリトリーに入ってみたいという願望がある。大げさに言えば、そこには怪傑ゾロの隠れ家に連れていってもらえるようなゾクゾク感があるのだ。男の隠れ家、とは、その男のセンス、テイスト、メンタリ …

no image

中年以降は回りくどい表現にイラつきます

一般論を言えば、若年ほど奥床しい表現を好みます。純朴そうな少年は、色気たっぷりのアプローチを嫌います。頭のいい男は、意表をつくおもしろい女の子のアプローチにッとして心魅かれます。おとなしい男性は、図々 …

no image

握手には印象に残る心理効果がある

会社の送別会で送られる人は、最後のお別れのあとに握手を求めてくる相手に特別の印象を抱く。「そうか、こいつとこいつは、本気でオレが去るのを惜しんでくれているのだな」というぐあいに。 日本の文化には、「握 …