スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

クレジットカード

データ保管の都合上廃棄したと主張する貸金業者

投稿日:2015年7月25日 更新日:

貸金業者は、10年以上の取引履歴は保存していない、破棄したなどと主張する場合があります。しかし、貸金業者にとって重要なデータの廃棄は考えられません。「データ保管の都合上廃棄した」といっても、コンピュータ上のデータによる管理であれば、それほど場所もとりません。また貸金業者にとって、債務者の過去の取引履歴は、与信判断のための重要な顧客情報ですから、取引が終了しても廃棄することは考えられません。

証明妨害

民訴法224条2項は、「当事者が相手方の使用を妨げる目的で提出の義務がある文書を滅失させ」たときは、文書提出命令に従わない場合と同様に、真実擬制をすることができるとしています。

この条文は、「相手方の使用を妨げる目的」がなければ直接適用することはできません。しかし、本条が、文書の使用不能による不利益を受ける相手方を救済するために、文書の提出不能の原因をつくり出した者に不利益を負わせるという衡平の観念と訴訟上の信義則に立脚している以上、保存期間を経過していない帳簿類を正当な理由もないのに廃棄したような場合には、具体的紛争がなくても、相手方の使用を妨げる目的で文書を廃棄したとする裁判例があります。

また、使用を妨げる目的と同視できるような重大な過失によって廃棄した場合には、同様の効果が認められる場合があり得ます。

ここにいう「使用を妨げる目的」とは、特定の相手方を意識せずに将来紛争が生じたときに不利益になるという程度の認識であっても差し支えなく、また文書提出命令の申立て以前の廃棄でも差し支えありません。

文書の保存

期間貸金業者が文書の保存を義務づけられている期間としては、商法19条3項・会社法432条2項(旧商法36条)の規定する10年間と、貸金業規制法施行規則17条1項の規定する3年間があります。いずれの規定も取引の終了時点を起算点として保存期間を3年もしくは10年と定めています。

-クレジットカード

執筆者:

関連記事

no image

貸付金額の証明責任が貸金業者側にあると判断した事案が増えている

近年の傾向として、裁判例で、当初残高もしくは貸付金額の証明責任が貸金業者側にあると判断した事案が増えています。残高無視計算による場合、真実の過払金額より多額の請求が認められる余地が出てきますが、正確な …

no image

文書提出命令を出し貸金業者が従わず取引履歴を出さなかった場合に

文書提出命令の決定が出ると、原告の主張(推定計算)が真実と認められる可能性が出てくるため、貸金業者は文書の提出を余儀なくされます。したがって、取引履歴を開示する気のない貸金業者は、文書提出命令の申立て …

no image

文書提出命令の申立てと真実擬制

・文書提出命令の申立てと真実擬制 裁判後、法廷で事実上開示を求めても、当事者照会を行っても、貸金業者は態度を全く改めることなく、頑として取引履歴を開示しません。貸金業者が全取引履歴を開示しないので、仕 …

no image

過払い金などの当然充当とは何か?

充当の根拠として、貸金業者の約定利息が高利(出資法により29.2%まで可)であることに比べ、借り手側の過払金返還請求の法定金利(5%〜6%)との間には大きな格差があり、衡平の観点からはそれを是正すべき …

no image

訴訟提起後の攻防訴えの変更は書面で行う必要があります

訴状の請求金額は高めに設定すること推定計算による請求金額が実際の過払金額よりも少額だと、貸金業者が取引履歴を提出せず、請求を認諾(認めて支払ってくる)してしまう可能性があります。推定計算を行う場合には …