スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

クレジットカード

データ保管の都合上廃棄したと主張する貸金業者

投稿日:2015年7月25日 更新日:

貸金業者は、10年以上の取引履歴は保存していない、破棄したなどと主張する場合があります。しかし、貸金業者にとって重要なデータの廃棄は考えられません。「データ保管の都合上廃棄した」といっても、コンピュータ上のデータによる管理であれば、それほど場所もとりません。また貸金業者にとって、債務者の過去の取引履歴は、与信判断のための重要な顧客情報ですから、取引が終了しても廃棄することは考えられません。

証明妨害

民訴法224条2項は、「当事者が相手方の使用を妨げる目的で提出の義務がある文書を滅失させ」たときは、文書提出命令に従わない場合と同様に、真実擬制をすることができるとしています。

この条文は、「相手方の使用を妨げる目的」がなければ直接適用することはできません。しかし、本条が、文書の使用不能による不利益を受ける相手方を救済するために、文書の提出不能の原因をつくり出した者に不利益を負わせるという衡平の観念と訴訟上の信義則に立脚している以上、保存期間を経過していない帳簿類を正当な理由もないのに廃棄したような場合には、具体的紛争がなくても、相手方の使用を妨げる目的で文書を廃棄したとする裁判例があります。

また、使用を妨げる目的と同視できるような重大な過失によって廃棄した場合には、同様の効果が認められる場合があり得ます。

ここにいう「使用を妨げる目的」とは、特定の相手方を意識せずに将来紛争が生じたときに不利益になるという程度の認識であっても差し支えなく、また文書提出命令の申立て以前の廃棄でも差し支えありません。

文書の保存

期間貸金業者が文書の保存を義務づけられている期間としては、商法19条3項・会社法432条2項(旧商法36条)の規定する10年間と、貸金業規制法施行規則17条1項の規定する3年間があります。いずれの規定も取引の終了時点を起算点として保存期間を3年もしくは10年と定めています。

-クレジットカード

執筆者:

関連記事

no image

信用情報機関とは?その役割や義務など

信用情報機関では、支払い実績などのほかに、カードの限度額や氏名、住所、電話番号などの属性情報も蓄積している。一方、カード会社や消費者金融業者は信用情報機関に問い合わせるだけでなく、カード申し込み情報や …

no image

破産手続の開始決定がされたら借金はすべて消えてしまうの?

・破産手続きの開始があると、借金はすべて消えてしまうのですか? 破産手続の決定を受け、さらに破産手続きが終了しても、それだけでは返せなくなった借金はなくなりません。めぼしい資産がない場合は、破産管財人 …

no image

文書提出命令を出し貸金業者が従わず取引履歴を出さなかった場合に

文書提出命令の決定が出ると、原告の主張(推定計算)が真実と認められる可能性が出てくるため、貸金業者は文書の提出を余儀なくされます。したがって、取引履歴を開示する気のない貸金業者は、文書提出命令の申立て …

no image

契約書作成時において貸金業者の窓口担当者は

契約書作成時において、貸金業者の窓口担当者は、合意管轄の条項について詳しい説明などしませんので、債務者は、裁判所の合意ての内容を認識していません。さらに、条項の効力を認めると、債務者は遠方の裁判所に訴 …

no image

法律が定める裁判所の管轄と移送

・法律が定める裁判所の管轄と移送 「移送」 裁判所は、提起された裁判が、その管轄に属しないと認めるときには、立てによりまたは職権で、管轄のある裁判所に移送します。 「合意管轄」 当事者が管轄について合 …