スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

年金

脱退一時金の繰下げ規定など

投稿日:2015年5月24日 更新日:

脱退一時金の繰下げの規定は、加入者期間に係る期間通算の規定と対となって、出向等の際における企業の実態に応じた柔軟な対応を可能とするものとなっているといえるだろう。脱退一時金の支給を繰り下げている者が、もとの確定給付企業年金に再加入して、前後の加入者期間を合算されたときには、脱退一時金の受給権はいったん消滅し、次に受け取る老齢給付金や脱退一時金につながっていくこととなる(令第27条第2項第3号)。

脱退一時金の繰下げをしている者が老齢給付金の支給開始年齢に達したときは、老齢給付金の受給権者となり、脱退一時金の受給権は消滅する(令第27条第2項第2号)。支給開始年齢に達しさえすれば老齢給付金の支給要件を満たすこととなる者には、すべて、老齢給付金を受給する途が開かれていなければならない(脱退一時金を支給することで老齢給付金を支給しないというようなことがあってはならない)。

確定給付企業年金は、老齢給付金の支給開始要件以外の要件を満たして脱退した者には老齢給付金の全部または一部に代えて脱退一時金を支給することとする(言い換えれば、老齢給付金の全部または一部を受給することができない)といった旨を規約で定めることはできない。

任意的給付

米国の企業年金においては、遺族年金を設けることが基本となっている。経済がグローバル化し、日本の企業が他国で活躍することも、他国の企業が日本で活躍することも、また、そうしたグローバルななかでサラリーマンが働くことも珍しいことではなくなってきた。

その財源がきちんと積み立てられていることが前提であろうが、制度の目的に関連する任意的給付として、企業の労使の選択により、遺族に対する年金たる給付とか障害給付金を行うことを認めてもよいのではないかという考え方が、従来からあった(たとえば、厚生年金基金制度研究会の報告書く1996(平成8)年、厚生省(当時)年金局》)。

従来、わが国の企業年金においては、老齢給付金と脱退一時金以外の給付としては、基本的には、死亡一時金が認められているのみであった(給付の名称は制度によって様々)。しかし、老齢給付金に対して過大なものでない(主たる目的から垂離せず)。

-年金

執筆者:

関連記事

no image

実績準拠法の基準ケースにおける給付調整期間

「実績準拠法」の基準ケースにおける給付調整期間。所得代替率52%に到達するのは2032年度である。これを基準とするとき、2005年度以降、人口が高位推計で動けばどうなるか。この場合は、最終の所得代替率 …

no image

関係5省庁案で国民の老後の備えに対する支援措置を整備

関係5省庁案では、国民の老後の備えに対する支援措置を整備していく必要があるため、確定拠出型の年金制度の創設に加えて確定給付型の企業年金についても必要な制度整備を行うとしている。公的年金改革関連法案が2 …

no image

企業年金基金の積立金の運用

企業年金基金の積立金の運用は、基本的には、信託、生命保険、生命共済の契約、投資一任契約(この場合、信託会社と運用方法を特定する信託の契約の締結が必要)により行うこととされているが(確定給付企業年金法第 …

no image

規約の変更が行われた場合

確定給付企業年金を実施することができるのは、厚生年金適用事業所であり、加入者となることができるのは、被用者年金被保険者等である。規約変更の認可基準は、、給付減額を行う際には、規約型企業年金の規約の変更 …

no image

年金の給付減額などについて

給付減額については、もともと、基本的には認めるべきでないという意見がある一方、労使合意で容易に減額できるようにすべきとの意見がある。国会での籍議のなかでも、どちらかといえば前者に近い立場からの質問など …