スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

男性のテリトリーに入りたいと思う女性の心理

投稿日:

女性には、男性のテリトリーに入ってみたいという願望がある。大げさに言えば、そこには怪傑ゾロの隠れ家に連れていってもらえるようなゾクゾク感があるのだ。男の隠れ家、とは、その男のセンス、テイスト、メンタリティーを映し出す鏡だ。女は、そういうことを感じ取る感性を持っている。だから、誰も知らない特別な店に連れていくだけで、女は、その男に価値を感じてしまう。

街の中に自分の隠れ家を持っている男は、それだけでかっこうがつく。その店が、ほとんど知られていない路地裏の魚料理屋で、店内がシック、料理は権藤とくれば、一気に高ポイントが上げられることはまちがいない。

他人が作った店にナビするだけで自分の価値を高めることができてしまうのだから、こんなにラクな話もない。逆に言えば、女は、雑誌の受け売り的な店に連れていかれると、大いにシラける。女にとって、独特の隠れ家、が、その男の中身を物語る場であるならば、雑誌でバンバン紹介されている店は、その男に中身がないことを物語る場にほかならない。

最初のデートでサエズリ

女性は、デート戦略の中に独特のアイデアやセンスを見たいのだから、積極的にそれを披露する方向に持っていかなくてはならない。とはいえ、最初のデートでサエズリなんかを食べさせるガード下の店に連れていくのは考えものである。かりに、それが自分のとっておきの隠れ家、であっても、女性にとって快適でないおそれがある店はマズいのである。

「歩きながら、情報誌に載っている地図を見ている。あれ、ここじゃないとか、おかしいな、ここのはずなんだけど、とか。ったく、お上りさん、カップルみたいで恥ずかしかった」(三二歳スチュワーデス)。「初デートで、行列の店に連れていく男がいた。しかも、寒い冬。その男の温かさで包まれるような関係じゃないから、ホント、寒かった」(二四歳OL)。

そんなぐあいに、雑誌の受け売りデーをやらかせば、それなりに大人の女にはさんざんの悪評をくらうことを覚悟しなければならないわけだ。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

結婚適齢期と出産

周りの人間が私の顔を見れば適齢期をロにします。結婚年齢は人様々だと思うのですが、この世にはなんで適齢期なんてあるんでしょう。私はいま適齢期ですが、まあ、適齢期を過ぎつつある微妙な年齢といえると思います …

no image

幸せな結婚生活の秘訣

自分の恋に疑いを持ち、そして、幸せな結婚生活を望むなら、あなたにとって本当に好きで好きでたまらない男性の出現を待つほうがいいかもしれません。人生は80年あるのですから。親に変態と結婚する気かといわれて …

no image

息子が可愛くてたまらない

3歳になりたての息子が、かわいくてたまらない、とある人は語る。女にキビしく男にアマい私の性格を改めて思い知らされた。7歳の長女とは、本気でののしりあっての大ゲンカをするくせに、息子は何をしょうと、あら …

no image

恋愛仲介業を始めたのですが仕事が来ません

恋愛仲介業を始めたのですが仕事が来ません。この仕事将来性ないんでしょうか?、とある人は語る。夢をなくし、愛を見失っているこの世の中に、本当に大切なものは、人と人との愛なのだ、お金じゃ買えない真心なのだ …

no image

恋愛している一見ちぐはぐの二人組が実は真のカップル

世間のカップルを見回すと、なんで、あの二人が・・と驚かされる、一見チグハグの二人組というものが結構多いものである。しかし、じっは、こういうカップルこそが、真のカップルといえるのである。ハタから見て、ま …