スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

黙っていてもわかり合うことができる関係に

投稿日:

「以心伝心」や「あ・うんの呼吸」という言い方もありますが、これが機能するにはその前段階に言葉できちんと伝え合ってきた関係性ができていることが必要で。いろいろな言葉を交わし、話を積み重ねた経緯がなければ「黙っていてもわかり合う」ことはできないのです。とくに昔とは違い情報量も多く、親子であってもまったく違う環境の中で暮らしています。

言葉でお母さんの愛情を表現し、子どもがお母さんの無条件・無資格の愛情を確認できるようにしてあげることが大切です。なぜなら言葉で伝えていくことこそが、親子の愛情を目に見える形でつなぐ方法となるからです。人と人がコミュニケーションをとるには言葉の力を使うしかありません。

子どもを大事に思っていること、何にも増して大切に思っているということ、それは言葉や態度で表していかなければ子どもには伝わっていきません。子どもを心から大切に思っているなら、ぜひ言葉で親御さんの愛情を伝えてあげましょう。とくにお母さんの「大好き」という言葉ほど、子どもが生きる力を育てていく際の応援歌になるものはないからです。

言葉とは伝えるための道具

自分と同じではない。言葉とは伝えるための道具です。言葉で伝えることがしっかりできていなかったら「こうしてほしい」も伝わりません。いいしつけをするためにも、言葉の力はとても大切なのです。「親子だから黙っていても愛情は伝わるだろう」と思われるかもしれませんが、やはり心の中だけで思っている愛情は子どもにはなかなか届きにくいものです。

日本語にはパワーがある私たちがごく当たり前のように使っている日本語には、大変に情感豊かな美しい言葉が多く存在しています。例えば「かぐわしい」「愛しい」「いじらしい」「切ない」「やるせない」など、英語では聞しきれないニュアンスを満えた表現が数多くありますね。「雨がしとしと降る」の「しとしと」も、しとしととはどういうものか教わらなくても、日本人は肌でわかります。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子育てに不安を感じているお母さん達へ

子育て世代の親御さんたちは、ご自身が成長する過程でも常に人からの評価を意識して育ってきています。学校や先生に評価され、親からも評価され、人の日で見て動くことが多かったことで、「自分は自分のままでいい」 …

no image

赤ちゃんの新しい仕草や行動に注意して下さい

生後八週目(約二カ月)ぐらいになると、脳レベルでの大きな変化、は赤ちゃんが初めて、何らかの単純な形を認識することを可能にする。例外なく大きな変化、が現われる最初の扱いにくい困難な時期が過ぎ去ったら、赤 …

no image

喧嘩のできない子ども

自発性の発達していない子どもは、お友だちと遊ぶことを喜びませんし、お友だちもそのような子どもと遊んでも面白くないので、遊ばなくなってしまいます。それは、いたずらをしないからです。子どもが何人か集まると …

no image

子供に体力をつけさせるには体を張った遊びをさせること

子どもの体力をつけることを考えるならば、崖に挑戦するといった工夫をしてほしいのですが、お父さんにもそのような工夫をするだけの気力がないのかも知れません。何かにつけて楽をしようという考えのお父さんではな …

no image

自発性の低下したお母さんは

かぜの原因はビールスの感染にあります。ですから、ビールスの感染がなければ、かぜをひくことはない。このことを知っていれば、子どもが裸のままゆったりとしていても、「早く、早く」とせき立てなくてもすむことも …