スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

黙っていてもわかり合うことができる関係に

投稿日:

「以心伝心」や「あ・うんの呼吸」という言い方もありますが、これが機能するにはその前段階に言葉できちんと伝え合ってきた関係性ができていることが必要で。いろいろな言葉を交わし、話を積み重ねた経緯がなければ「黙っていてもわかり合う」ことはできないのです。とくに昔とは違い情報量も多く、親子であってもまったく違う環境の中で暮らしています。

言葉でお母さんの愛情を表現し、子どもがお母さんの無条件・無資格の愛情を確認できるようにしてあげることが大切です。なぜなら言葉で伝えていくことこそが、親子の愛情を目に見える形でつなぐ方法となるからです。人と人がコミュニケーションをとるには言葉の力を使うしかありません。

子どもを大事に思っていること、何にも増して大切に思っているということ、それは言葉や態度で表していかなければ子どもには伝わっていきません。子どもを心から大切に思っているなら、ぜひ言葉で親御さんの愛情を伝えてあげましょう。とくにお母さんの「大好き」という言葉ほど、子どもが生きる力を育てていく際の応援歌になるものはないからです。

言葉とは伝えるための道具

自分と同じではない。言葉とは伝えるための道具です。言葉で伝えることがしっかりできていなかったら「こうしてほしい」も伝わりません。いいしつけをするためにも、言葉の力はとても大切なのです。「親子だから黙っていても愛情は伝わるだろう」と思われるかもしれませんが、やはり心の中だけで思っている愛情は子どもにはなかなか届きにくいものです。

日本語にはパワーがある私たちがごく当たり前のように使っている日本語には、大変に情感豊かな美しい言葉が多く存在しています。例えば「かぐわしい」「愛しい」「いじらしい」「切ない」「やるせない」など、英語では聞しきれないニュアンスを満えた表現が数多くありますね。「雨がしとしと降る」の「しとしと」も、しとしととはどういうものか教わらなくても、日本人は肌でわかります。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供は何もできないのが当たり前

学びと育ちの途中にいる子どもは、何もできなくて当たり前です。できないところは温かく見守り、やっていることを「よくやった」「すごいね」とほめて、そのうえで「次はこうしたほうがいいよね」と次のレベルにっな …

no image

赤ちゃん、新生児に必要なものに手を貸してあげましょう

生後一九週ぐらいになると、あなたの赤ちゃんは再び学習を始めます。実際に、この月齢になると赤ちゃんは出来事の世界、を探索し始めるのです。この世界は「さまざまな出来事に適応する能力」を幅広く試してみる機会 …

no image

イタズラできない子どもになるのはよくない

子どもの心よりも物の方を大切にしている家族がいると、どうしてもいたずらに圧力を加えることになります。そのような家族としては、お年寄りを第一にあげることができます。年を取ってくると、きちんと整った部屋で …

no image

運動嫌いの子どもは友だちができにくい

ある合宿に参加した三年生の女の子は、なかなか戸外遊びをしようとしません。誘い出してもすぐに部屋に戻って、本ばかり読んでいるのです。しかも、夕方、ベッド作りをしてシーツを敷いたあと、子どもたちがその子の …

no image

我慢する力をしつけているか

子どもの持ち物はできるだけ質素なものを選び、険約を教えましょう。さらに、家事への参加も求めましょう。小学校低学年の子どもは、調理などには積極的な興味を示します。ていねいに教えれば、日曜日などは、子ども …