恋愛

第一印象で好意を持たれるために3分を大事にする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世間には、いわゆる。ナンパ指南書が溢れているが、みるところ、それらの本は、ベテランのナンパ師の自慢話ばかりで、フツーの男が真似するのはどうかと思わせられるようなものが多い。

ときには、相手が初対面の女性ではあっても、どうしてもYESと言わせたいときが男にはある。いや、ときにはナンパをしたいことだってあるのが男というものだろう。では、そういうときはどうすればいいのか?

さて、ナンパ師でもないかぎり、フツーの男は、初対面の女に好意を示すのは、どうしてもはばかられるものだ。どんな女性なのかまったく知らないはずなのに髪がきれいだとか笑顔がステキだと言えば、それこそ軽薄なナンパ師と思われそうな気がして当然である。しかし、その考えの角度をちょっと変えてみてほしい。

女性というのは、元来、運ばれる側にある女性視の意味ではなく、つねに魅惑する側にあるという意味であるので、好感を持たれることの喜びは男性にくらべてはるかに大きい。だから、「なんてイイ女だろう」と思ったならば、むしろ初対面であることを武器にして、一気に好意のシャワー、を浴びせることだ。それも、ファーストインプレッションの鮮やかさを訴えるために、最初の三分で集中的にやってしまうことだ。

初対面というのは一度しかない

初対面というのは、一度しかない。「ファーストインプレッション」という言葉があるように、初対面における鮮やかな印象は、唯一無二のものである。好きな映画も絵画も小説も、すべて最初に鑑賞したときの鮮やかな印象にとらわれているわけで、それを思えば、初対面の女性に好意を示すのは、何ら失礼にあたらないどころか、きわめて理にかなった行為である。

あるキャバクラ通いの男は、気に入ったビジュアルのキャバクラ嬢が席につくと、ポカンと口を開けて「あ、いい女」とか「あ、きれい〜」とか言う。これがまた、効くのである。その最初のひと言のおかげで、彼は、だいたいはイイ思いをしている。

男は、付き合っていくうちに女の欠点を知っていく。だが、初対面においては、それらの欠点は知らない。それだけに、女性にとって、「男が初めて自分を見たときの印象」は、好感度の高いものでなければ困るのである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加