スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

年金

第1号被保険者の拠出金算定対象者割合が100%であるならば

投稿日:2015年8月2日 更新日:

第1号被保険者の拠出金算定対象者割合が100%であるならば、国民年金の拠出金は2.8兆円(9.3兆円×2,088万人/6,894万人)となり、厚生・共済年金からの拠出金は6.5兆円(9.3兆円×(3,634+1、172)万人/6,894万人)となる。これを基準値とすれば、第1号拠出金算定対象者割合が低下すれば、国民年金の拠出金は減少し、厚生・共済年金の拠出金は高まっていく。

第3号被保険者約1千万人は保険料を負担しないので、実際には9.3兆円を6千万人で負担することになる。ここで仮に、第1号被保険者のすべての者が、基礎年金への拠出金算定対象者となるとする。

そして、第1号拠出金算定対象者割合が高かろうが低かろうが、基礎年金の給付額は変わらないのであるから、第1号拠出金算定対象者割合の低下は、単純に、厚生・共済年金から国民年金への財政調整額を高めると表現することができる。

基礎年金勘定に支払う1人当たり保険料は

基礎年金勘定に支払う1人当たり保険料は、第1号拠出金算定対象者割合が低下するにつれて、第1号と第2号とでは、同率で増加していく。この意味で、現在の基礎年金の費用負担方法は、よく考え抜かれた制度であると評価することができる。

第1号拠出金算定対象者割合が100%から80%に低下すると、厚生・共済年金から国民年金に0.4兆円(6.9兆円ー6.5兆円)の財政調整がなされることになる。このとき、厚生・共済年金の拠出金に占める財政調整額の割合は6%(0.4兆円/6.9兆円)となる。そして、第1号拠出金算定対象者割合が60%、40%へと低下するにつれて、厚生・共済年金からの財政調整割合は12%、18%へと高まっていく。

「方向性と論点』では、多段階免除制度の導入を考えている。そしてその方向性を支持する声はあるが、批判する声はない。多段階免除制度の導入は、進めていくべきであると考えている。だが、この制度を進めていけば、現行の拠出金負担方法のもとでは、どうしても第1号、第2号が基礎年金のために支払う保険料は高くなるし、厚生・共済年金から国民年金への財政調整額が増えていく。

-年金

執筆者:

関連記事

no image

年金財政計画の弱点-試算が外れるおそれを生む原因

「方向性と論点」のなかで提示されていた年金財政計画の最大の弱点ー試算が外れるおそれを生む原因ーは、「方向性と論点」における財政計画が、永続的に強く市場に依存しつづけていることにあるように、思える。 「 …

no image

社会保険庁がもつ保険料滞納者への資産差し押さえの権限

ある専門家は語る。社会保険庁がもつ保険料滞納者への資産差し押さえの権限は、10年以上も前に5件ほど試されただけで、それ以降、その権限は行使されていないという状況は、妙に納得がいく。適切なインセンテイブ …

no image

厚生年金基金などの基金は法人格を有す

厚生年金基金との類似企業年金基金は、法人格を有し自らがあたかも1つの保険者であること、代議員会を中心とした運営を行うことなど、基本的な仕組みについては、厚生年金基金と同じである。企業年金基金は、加入者 …

no image

相続税とかかわりのあった死亡者

相続税とかかわりのあった死亡者(被相続人)は48,463人であり、この人数は2000年度における全死亡者961,637人のわずか5%にすぎない。すなわち、当該年度における全死亡者の95%、およびその家 …

no image

過去の退職給付会計の基準変更について

退職給付会計は、退職給付の性格を賃金の後払いと捉えて、当期までに発生した(とみなされる)将来の退職給付の現価相当額を「退職給付債務」として認識する。1998(平成10)年6月の企業会計審議会意見書に基 …