スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

年金

第1号被保険者の拠出金算定対象者割合が100%であるならば

投稿日:2015年8月2日 更新日:

第1号被保険者の拠出金算定対象者割合が100%であるならば、国民年金の拠出金は2.8兆円(9.3兆円×2,088万人/6,894万人)となり、厚生・共済年金からの拠出金は6.5兆円(9.3兆円×(3,634+1、172)万人/6,894万人)となる。これを基準値とすれば、第1号拠出金算定対象者割合が低下すれば、国民年金の拠出金は減少し、厚生・共済年金の拠出金は高まっていく。

第3号被保険者約1千万人は保険料を負担しないので、実際には9.3兆円を6千万人で負担することになる。ここで仮に、第1号被保険者のすべての者が、基礎年金への拠出金算定対象者となるとする。

そして、第1号拠出金算定対象者割合が高かろうが低かろうが、基礎年金の給付額は変わらないのであるから、第1号拠出金算定対象者割合の低下は、単純に、厚生・共済年金から国民年金への財政調整額を高めると表現することができる。

基礎年金勘定に支払う1人当たり保険料は

基礎年金勘定に支払う1人当たり保険料は、第1号拠出金算定対象者割合が低下するにつれて、第1号と第2号とでは、同率で増加していく。この意味で、現在の基礎年金の費用負担方法は、よく考え抜かれた制度であると評価することができる。

第1号拠出金算定対象者割合が100%から80%に低下すると、厚生・共済年金から国民年金に0.4兆円(6.9兆円ー6.5兆円)の財政調整がなされることになる。このとき、厚生・共済年金の拠出金に占める財政調整額の割合は6%(0.4兆円/6.9兆円)となる。そして、第1号拠出金算定対象者割合が60%、40%へと低下するにつれて、厚生・共済年金からの財政調整割合は12%、18%へと高まっていく。

「方向性と論点』では、多段階免除制度の導入を考えている。そしてその方向性を支持する声はあるが、批判する声はない。多段階免除制度の導入は、進めていくべきであると考えている。だが、この制度を進めていけば、現行の拠出金負担方法のもとでは、どうしても第1号、第2号が基礎年金のために支払う保険料は高くなるし、厚生・共済年金から国民年金への財政調整額が増えていく。

-年金

執筆者:

関連記事

no image

給付に見合う資産の分配が行われない

厚生年金基金については、従来から、積立基準、受託者責任、情報開示等の受給権を保護するための規定が順次整備され、実施され、状況変化に応じて見直しも行われてきたが、法人税法上の制度である適格退職年金につい …

no image

企業年金の様々な過去の問題点

わが国の企業年金は、制度創設当時から様々な問題点を抱えていた。しかし、両制度とも、高度経済成長のなかで大きく普及・発展してきた。適格退職年金は、当時すでに検討されていた厚生年金基金が発足するまでのつな …

no image

老齢給付金の支給要件などについて

確定給付企業年金の老齢給付金は(年金ではなく)一時金として支給するといった旨を規約で定めることはできない。一時金として受給することができるのは、年金給付としての老齢給付金に保証期間(受給権者の生死にか …

no image

障害給付金とは?

障害給付金は、ある傷病について初めて医師または歯科医師の診療を受けた日(初診日)において加入者であった者であって、初診日から1年6月を経過した日(1年6月を経過する前に傷病が治ったり症状が固定したりし …

no image

年金積立不足に係る掛金債権

制度終了時の積立不足に係る掛金債権は、母体企業の更生手続きや清算手続きにおいて最も優先的に弁済されるべき債権の1つとして位置づけるとともに、加入員・受給者の年金受給権を保護する「最後の砦(ラスト・リゾ …