スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

大排気量のバイクをいきなり乗らないほうがいい

投稿日:

自分のテクニックでおよびもつかない大排気量のバイクに乗ったばっかりに、事故を起こし、高価なバイクをこわし、自分自身もケガをするかして、泣きをみるのはだれか。まして、死亡事故などを起こしてしまったら、金銭的な損失だけでなく、ここまでキミを育ててくれた両親の嘆きや負担はどんなものか。そのような最悪状況までを想定して、始まったばかりのあなたのオートバイ人生を大切にしてもらいたい。

さあ、免許が取れた、ナナハンを買うぞとばかり、最初から大排気量車を愛車にしようとする人は、自分の実力を過信する危ない。ナナハン免許は試験場で検定しているから、それに通ってしまえば一人前なんて考えること自体が未熟者の証拠である。現実に、免許を取ってから1年以内に起こす事故がかなりの比率を占めているからだ。

長いオートバイ人生で半年や1年くらい人より早くナナハンに乗ったからといって、そのぶんだけ早くライディングテクニックを身につけることができるだろうか。それはまったく思い違いのナンセンスだ。では、未熟なテクニックのままナナハンに乗ったらどうだろう。

重量車を操るために

重量車を操るために、基本的なライディングフォームを正確に身につける余裕などあるわけはない。むしろ、オートバイに乗せられてしまって、へンなクセのライディングフォームになってしまうだろう。

かつてのレーシングドライバーある人でも、最初は小型に乗っていたのだ。現在、ロードレースやモトクロスレースに活躍している一流のレーシングライダーもはじめは50~125ccの小排気量車からはいっている。

勉強でもスポーツでも同じことだが、やはり基本が大事で、いずれも、はじめはやさしい簡単なものから入門するのが本当の姿だ。そして基礎をマスターして、つぎつぎに段階を踏んで上達していくというのがセオリーである。まれに見られる天才も、はじめに基礎がなければ存在しないはずだ。ただ、一般の人たちょりその上達スピードが速いだけにすぎない。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイク試験のコースで上手に決めるコツ

試験では半クラッチは使用しない。スピードコントロールは、Rブレーキを軽く効かせ、マシンを寝かせるときはアクセルオフ、起こすときはアクセルオンで行う。マシンの寝かし込みは、外側のニーグリップ(大腿部)に …

no image

オートバイはライダーの目線にそって進む

目線が遠方にあり、周囲の状況を判断しながら走ればどうだろう。自分のオートバイが通る場所、前後の交通状況、飛び出しがありそうな場所の確認などの情報がすべてそろっており、そこから判断できる。そうすれば自分 …

no image

周回コース・幹線コースの走り方など

周回コースとは、外周路のことであり、幹線コースとは、周回コースに通じる縦横のコースのことをいう。ここでの走行の際の注意点は、以下のとおりである。周回コースでは、トップギヤでのスムースな走行を心がけ、カ …

no image

10代からバイクの免許を取得することをおすすめしたい理由

バイクに慣れるには若いころから始めたほうがよいにきまっている。現在は原付は16才から免許が取得できるから、早く取得したほうが勝ちだ。16オからバイクに乗り始めれば、運動神経もいいし、バイクの運動特性そ …

no image

オートバイに乗るのに必要な下半身のトレーニング

オートバイに乗るには下半身が強くなければならないことはいうまでもないが、そのなかでも大腿部の筋力が弱くては中腰のライディングポジションが取れない。中腰がダメだと人車一体が不可能となり、ベストライディン …