スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

「 年金 」 一覧

no image

老齢給付金の支給要件などについて

2015/05/24   -年金

確定給付企業年金の老齢給付金は(年金ではなく)一時金として支給するといった旨を規約で定めることはできない。一時金として受給することができるのは、年金給付としての老齢給付金に保証期間(受給権者の生死にか …

no image

老齢給付金の支給要件などについて

2015/05/24   -年金

老齢給付金の支給要件として一定期間以上の加入者期間を定めた場合には、加入者期間がその期間に満たないため、老齢給付金の支給要件を満たさない者が生じる(可能性がある)。こうした者に対しては、その脱退に関し …

no image

適格退職年金や確定拠出年金などについて

2015/05/24   -年金

適格退職年金や確定拠出年金において、年金は、(終身は別として)5年以上にわたり支給するものとなっている。各給付の支給要件(どのような状態になったときに支給するかとか、その際どのような条件を満たしている …

no image

確定給付を企業が新たに実施する場合など

2015/05/24   -年金

ある企業が新たに確定給付企業年金を実施しようとする場合、実際に確定給付企業年金の加入者であった期間しか加入者期間に算入できないとすると、従来からその企業に勤務していた者は相対的に加入者期間が短くなって …

no image

年金の大量脱退による一時金給付の発生など

2015/05/24   -年金

大量の脱退に伴う大量の一時金給付の発生など、財政運営の困難につながりかねない予測不可能な事態が生じる蓋然性が高まることにもなってしまう。こうした選択の問題は、保険の仕組みを活用していることに由来してい …

no image

規約で定める加入者資格を取得したとき

2015/05/24   -年金

実施事業所に使用される者が、規約で定める加入者資格を取得したときには加入者となり(確定給付企業年金法第26条第4号)、その加入者資格を喪失したときには加入者でなくなることとなる(確定給付企業年金法第2 …

no image

規約の変更が行われた場合

2015/05/24   -年金

確定給付企業年金を実施することができるのは、厚生年金適用事業所であり、加入者となることができるのは、被用者年金被保険者等である。規約変更の認可基準は、、給付減額を行う際には、規約型企業年金の規約の変更 …

no image

年金の給付減額などについて

2015/05/24   -年金

給付減額については、もともと、基本的には認めるべきでないという意見がある一方、労使合意で容易に減額できるようにすべきとの意見がある。国会での籍議のなかでも、どちらかといえば前者に近い立場からの質問など …

no image

退職給付規約型などの年金の規約

2015/05/24   -年金

厚生労働大臣は、規約の承認または企業年金基金の設立の認可を行ったときは、速やかに、その旨をその申請をした事業主に通知することとなっており(確定給付企業年金法第5条第2項、確定給付企業年金法第12条第2 …

no image

確定給付企業年金の運営は規約に基づいて行われる

2015/05/24   -年金

確定給付企業年金の管理や運営は、法令の規定および法令の規定に基づき定めた規約に基づいて行われる。各確定給付企業年金の内容は、骨格はおおむね同じであるにしても、給付設計などの詳細は様々である。各確定給付 …