スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

「 哲学入門 」 一覧

no image

善良だけであってなんの能力もない者たちをニーチェは激しく告発

2015/07/20   -哲学入門

善良だけであってなんの能力もない者たちをニーチェは激しく告発しました。いたるところに「善人」に対する彼の怒りが煮えたぎっている。善人たちはただ長生きをし、あわれむべき快適な生活をするために、徳をもだが …

no image

男は女より優れてあるべきだという理念

2015/07/19   -哲学入門

女たちより背の低い男、腕力のない男、学力のない男、社会的地位の低い男iっまり女たちより「劣った」男たちは無残。とくに現代社会は学力・知力が支配する社会ですから、女たちより低い学力の男たちにはことのほか …

no image

男に関係するすべてがプラスの価値をもっている

2015/07/18   -哲学入門

トランクスをはいている若い女性はファッショナブルであるけれど、ブラジャーやパンティーを身につけている青年は「変態」である。ミルク飲み人形の髪をとかしお母さんごっこばかりする男の子に親は心を悩ませる。 …

no image

伝統的保守的仏教における個人存在に関する見解

2015/06/20   -哲学入門

感受作用(vedana受)、表象作用(sanima想)、形成作用(sanskara行)、識別作用(vimana識) 物質的なかたち(rapa色)、これらの五種類の構成要素(五確)はつねに変遷しているが …

no image

絶対精神の理論から史的唯物論に至るまでは

2015/06/20   -哲学入門

絶対精神の理論から史的唯物論に至るまでーは、個の問題を解決しない。わが子が亡くなったのを嘆いて、恐山の地蔵尊に詣でている農婦の悩みは、絶対精神の理論や史的唯物論を百万遍説いて聞かせても、解決され得ない …

no image

真実の絶対者は一切の実在性を自己のうちに含むもの

2015/06/20   -哲学入門

真実の絶対者は一切の実在性を自己のうちに含むものであり、したがって有限者に対立するものではなく、むしろあらゆる有限者を自己のうちに包括するものでなければならた真実の絶対者は有限者を自己のうちに含むもの …

no image

絶対者の特徴として述べていたところは共通であったが

2015/06/20   -哲学入門

経験的なものを疑って〈自我〉の特別の意義を認めようとしたところに、シャンカラ哲学の独自性があるが、個人を超えた〈大我〉、〈最高我〉とはいかなるものであろうか。それが個別的な自我の単なる総和にすぎないよ …

no image

実体の観念は成立したがそれを最高我と呼ぶことは成立しなかった

2015/06/20   -哲学入門

インド哲学の主要傾向は汎神論的であると、しばしば主張されている。たとえばウパニシャッドの哲人シャーンディによると絶対者ブラフマンは『思惟の真実なる者』『意図の真実なる者』であり、自己の思惟・意欲がその …

no image

自我を実体とみなす見解は論理的に一つの誤認を含んでいる

2015/06/20   -哲学入門

自我を〈実体〉とみなす見解は論理的に一つの誤認を含んでいる。「実体」とか「性質」とかいうのはカテゴリーであって、現象世界についてのみ適用され得るものである。経験世界においてのみ適用され意義をもっところ …

no image

アートマンなる実体には本来唯一性と雑多性とが存在

2015/06/20   -哲学入門

シャンカラの伝えているところによると、パルトリプラパンチャはアートマンに関して次のような議論を述べていた。『アートマンなる実体には、本来唯一性(ekatva)と雑多性(nanatva)とが存在する。た …