ファッション

ファッション

救いの手を差し伸べてくるファッションという存在

自分の体について、嫌というほど意識させておいて、救いの手を差し伸べてくるファッションという存在。二〇〇一年一月、リー・クーパーはパック・イット・ジーンズ復刻版を売り出した。もともと一九七〇年代に作られたこのジーンズは、パ […]

ファッション

リテールセラピー-買物で気分を治そうとする

毎年およそ四四〇〇万人がダイェットに励むが、なんと九〇~九五%が減量分以上にリバウンドしてしまう。痩せたと思ったら以前にも増して太り、また痩せる、その繰り返し。私たちは、体重の増減に合わせて、その都度新しい服を買うことに […]

ファッション

モデルの食生活は過酷なのか?

アメリカ摂食障害者協会のホリー・ホフは言う。実際、モデルはみんなへルシーな食事をしているし、ただ自然に痩せているのだと考えるほうがいい。危険なのは、モデルはみんなダイエットしていると考えることだ。なぜなら、誰でもダイエッ […]

ファッション

モデルはみな拒食症なのか

ナオミ・キャンベルは、二〇〇一年五月にイギリスで受けたインタビューでダイエットの意味を定義し直した。ダイエットなんてしたこともないわ。私、何もしなくてもスリムなのよ。ただ、何を食べるかには気をつけなきゃいけないし、食べす […]

ファッション

体脂肪が少ないモデルに対する見方

シェイプフィットネスといった雑誌に登場するフィットネス・モデルは、実はファッション・モデルよりさらに体脂肪が少ない場合が多い。トライアスロンやマラソンの女子選手になると、体脂肪が少なすぎて無月経ー拒食症患者に起こることで […]

ファッション

マネキンの歴史の中での変化

肉感的なフィギュアを作ろうという試みがあった。一九九八年、イラストレーターのルーベン・トレドは、プッチ・インターナショナルのためにバーディという名のサイズ一八~二〇のマネキンを作っている。スリーサイズは九七、八一、一二だ […]

ファッション

マネキンと同じスタイルの女性がいたら痩せすぎ?

多くの摂食障害患者組織が、現代のマネキンと同じプロポーションの女性がいたら痩せすぎで生理も止まってしまうはずだと言っている。もちろん、ニーマン・マーカスのスレンダーなマネキンのそばを通ったからといって、無理やりトウインキ […]

ファッション

フィット感-試着の際のラインへの期待

たまたまびったりのアパレル・ブランドに出会ったら、その会社の商品はすべて着られる確率が高いんですよ。自分がその会社の正方形、なんですから。みんなが正方形型ってわけじゃない。幅が狭くて丈の長い長方形型だっていますよね。長方 […]