スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

「 ファッション 」 一覧

no image

思考の麻痺した私たちは

2015/06/12   -ファッション

大抵の人々がシャツ一枚に迷わず払う二五ドルだって、大方のアパレル工場労働者にとっては、何カ月も貯金しなければならない額だ。マンハッタンのミートパッキング・ディストリクトにあるロータスという気取ったナイ …

no image

長期休暇が取れない労働者たち

2015/06/11   -ファッション

スウェットショップの労働者は、大抵の場合、長期休暇を取ることも許されない。だが、何年も休暇を取っていないという勤労者なら、ウォール街の投資銀行にもいる。大方のアメリカ人の心には、一生懸命に働けば働くほ …

no image

ニューヨークのアパレルブランド工場は

2015/06/10   -ファッション

休憩も取らず(お腹が鳴り、背中痛くなっても)働いたのに、初日に仕上げられたのはたったの五三枚。一日八時間働いても三・七一ドルか稼げなかった。ニューヨークでは、ホットドッグとソーダが買えるか買えないかと …

no image

メーカーや小売業者がスウェットショップを使っているかどうか

2015/06/09   -ファッション

残念だが、あるメーカーや小売業者がスウェットショップを使っているかどうかは、値札をめくればわかるというものではない。わざわざ労働法違反企業に関する情報をオンラインや紙面などでチェックする消費者はそうい …

no image

消費者は困った立場に立たされている

2015/06/08   -ファッション

一九九六年の調査では、アメリカの部品や労働力を五〇%使用していれば「アメリカ製」だと考えるべきだと答えた消費者は一四%にすぎなかったのだから。自分たちの服がどこから来るのかにっいては、まだまだ学ばなけ …

no image

サイパンのスキャンダル記事を読んだ消費者は

2015/06/07   -ファッション

サイパンのスキャンダル記事を読んだ消費者は、当然、騙された気分になった。ローパー社がアメリカの消費者を対象に行った調査では、「アメリカ製」のラベルを好ましいものと考えている人が九五%を占めることがわか …

no image

いい加減な関税システムのおかげで

2015/06/06   -ファッション

いい加減な関税システムのおかげで、輸入テキスタイルなどの材料も必ずしも到着時にチェックを受けるとは限らず、割当量が決まっていたり課税対象だったりする国の生地でもそのまま入ってきてしまうことがある、とい …

no image

北マリアナ諸島最大の島サイパンに降り立ったら

2015/06/05   -ファッション

観光客のほとんどは日本人で、カラオケ・バーや館屋、ビーチ・フロントの日系豪華ホテルにたむろしている。休暇中の人々はビーチでくつろいだり、海で水遊びしたり、ゴルフやシュノーケリングをしたりと、島での素敵 …

no image

ゴーストタウンに成り果ててしまった

2015/06/04   -ファッション

「まあ当たり前のことですが、大家の方では自分の持っている不動産からできるだけ多額の金を引き出したいと思っています。そして、アパレル・メーカーからは一平米当たり一〇〇ないし一五〇ドル程度の家賃しか取れな …

no image

中国人労働者の多くは違法滞在者だったため

2015/06/03   -ファッション

中国人労働者の多くは違法滞在者だったため、密入国の手引きをしてくれた人間に多額の借金があり、賃金から少しずつ返済していかねばならなかった。また、多くの労働者は英語が話せず、アメリカ労働法の知識もなかっ …