ファッション

ファッション

ドライ・クリーニング業者に責任転嫁

洗える衣類であっても「ドラリーニングのこと」というラベルを貼る。これは、単に服がダメージを受ける可能性を少ないうだけでなく、ドライ・クリーニング業者に責任転嫁するということでもある。 私たちはなぜ服をドライ・クリーニング […]

ファッション

パークと癌の因果関係には否定的

オルソンはパークと癌の因果関係には否定的だ。「パークを使っていたドライ・クリーニング業者の知り合いには、癌で亡くなった人がふたりいます。映画館の経営者だったうちの親父も、やはり八代で癌になって死んでます。だったら、ポップ […]

ファッション

ドライクリーニングの環境への影響

「アーカイプス・オブ・エンパイアロンメンタル・ヘルス」誌によれば、一九九〇年代初期パーク汚染された水を飲んだマサチューセッツ住民の場合、白血病のリスクが通常の二倍から八倍、勝跳癌も四倍になったという。そんなわけで、大半の […]

ファッション

組合の作った服は大多数の消費者にとって

自分は騙されてるんじゃないか。ただファッションの権威者の名前が貼り付けられているというだけで、デザイナー・グッズに余計にお金を支払っているんじゃないか。そんな疑問を密かに抱いたことはないだろうか? 組合の作った服は、大多 […]

ファッション

ディズニーの工場だろうとナイキの工場だろうと

アパレル工場の監査は、財務会計士にクリップボードとチェックリストを持たせて工場に送り込めばいいというような単純なものではない。それなのに、それだけで済ませてしまっている会社が多いのだ。「衛生面や安全面の監査方法は、何年も […]

ファッション

思考の麻痺した私たちは

大抵の人々がシャツ一枚に迷わず払う二五ドルだって、大方のアパレル工場労働者にとっては、何カ月も貯金しなければならない額だ。マンハッタンのミートパッキング・ディストリクトにあるロータスという気取ったナイト・スポットでは、コ […]

ファッション

長期休暇が取れない労働者たち

スウェットショップの労働者は、大抵の場合、長期休暇を取ることも許されない。だが、何年も休暇を取っていないという勤労者なら、ウォール街の投資銀行にもいる。大方のアメリカ人の心には、一生懸命に働けば働くほど、より大きな成功に […]

ファッション

ニューヨークのアパレルブランド工場は

休憩も取らず(お腹が鳴り、背中痛くなっても)働いたのに、初日に仕上げられたのはたったの五三枚。一日八時間働いても三・七一ドルか稼げなかった。ニューヨークでは、ホットドッグとソーダが買えるか買えないかという小銭である。ロよ […]