スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

「 クレジットカード 」 一覧

no image

文書提出命令の真実擬制と申立て

2015/07/20   -クレジットカード

・文書提出命令の真実擬制と申立て 第1回の裁判後、法廷で事実上開示を求めても、当事者照会を行っても、貸金業者は態度を全く改めることなく、頑として取引履歴を開示しません。貸金業者が全取引履歴を開示しない …

no image

調査嘱託申立ては裁判所に申立書を提出して行う

2015/07/19   -クレジットカード

原告が、銀行等の金融機関の預金口座からの引落しにより返済をしている場合や、預金口座への振込みによって貸付けを受けていた場合、原告の預金口座のあった取引金融機関に対する調査嘱託を申し立て、貸付けと返済の …

no image

訴訟提起とその後の訴訟活動

2015/07/18   -クレジットカード

・訴訟提起とその後の訴訟活動 第1回の裁判後、どのような主張・立証活動を行えばよいでしょうか。貸金業者が全部の取引履歴を開示しないので、仕方なく自分の記憶に基づいて取引履歴を再現して訴訟を提起しました …

no image

訴訟提起後の攻防訴えの変更は書面で行う必要があります

2015/07/17   -クレジットカード

訴状の請求金額は高めに設定すること推定計算による請求金額が実際の過払金額よりも少額だと、貸金業者が取引履歴を提出せず、請求を認諾(認めて支払ってくる)してしまう可能性があります。推定計算を行う場合には …

no image

訴訟提起後の和解、訴えの取下げと手数料(印紙代)還付

2015/07/16   -クレジットカード

・訴訟提起後の和解、訴えの取下げと手数料(印紙代)還付 訴状に貼った印紙の代金は戻ってくるのですか。過払金の返還請求訴訟を起こしましたが、貸金業者から和解したいとの電話があり、少し減額して和解しました …

no image

移送決定即時抗告

2015/07/11   -クレジットカード

抗告理由書において、裁判官が移送の決定を認めた理由をよく検討したうえで、移送決定の理由が形式的な判断にとどまっている当事者間の衡平を図るためには移送申立てを却下する必要があること(特に、移送申立てが認 …

no image

施行規則17条2項で貸金業者

2015/07/10   -クレジットカード

・施行規則17条2項で貸金業者 電算化による貸金業者の一元管理の利益も考慮して、施行規則17条2項で貸金業者は、その営業所等において、その業務に関する法第19条に規定する帳簿の記載事項を記載した書面を …

no image

専属的合意管轄であっても移送は認められない

2015/07/09   -クレジットカード

専属的合意管轄であっても、当事者の衡平の観点から移送は認められない。専属的な合意がなされた裁判所以外の法定管轄裁判所に訴訟が提起された場合、訴訟の遅滞を避けるためまたは当事者間の衡平を図るため必要なと …

no image

契約書作成時において貸金業者の窓口担当者は

2015/07/08   -クレジットカード

契約書作成時において、貸金業者の窓口担当者は、合意管轄の条項について詳しい説明などしませんので、債務者は、裁判所の合意ての内容を認識していません。さらに、条項の効力を認めると、債務者は遠方の裁判所に訴 …

no image

法律が定める裁判所の管轄と移送

2015/07/06   -クレジットカード

・法律が定める裁判所の管轄と移送 「移送」 裁判所は、提起された裁判が、その管轄に属しないと認めるときには、立てによりまたは職権で、管轄のある裁判所に移送します。 「合意管轄」 当事者が管轄について合 …