クレジットカード

クレジットカード

契約書作成時において貸金業者の窓口担当者は

契約書作成時において、貸金業者の窓口担当者は、合意管轄の条項について詳しい説明などしませんので、債務者は、裁判所の合意ての内容を認識していません。さらに、条項の効力を認めると、債務者は遠方の裁判所に訴訟を提起しなければな […]

クレジットカード

法律が定める裁判所の管轄と移送

・法律が定める裁判所の管轄と移送 「移送」 裁判所は、提起された裁判が、その管轄に属しないと認めるときには、立てによりまたは職権で、管轄のある裁判所に移送します。 「合意管轄」 当事者が管轄について合意した場合には、当事 […]

クレジットカード

訴状作成方法のポイント

・訴状作成のポイント 請求の原因の中の、消費貸借契約の特定、取引履歴の内容、利息の請求の根拠の記載について注意すべきポイントは何ですか?過払金返還請求訴訟の訴状を作成する際、当事者の選定や請求の趣旨の記載方法は、どのよう […]

クレジットカード

架空請求などのトラブルは弁護士会に相談しよう

・弁護士(弁護士会) 最近では、少額訴訟や支払督促といった裁判手続きを使った架空請求もあり、その対応も専門的な法律知識を必要とする場合も少なくありません。弁護士を頼むと、たとえ悪質な業者であっても、借主への取立てを控える […]

クレジットカード

借主返済が遅れたり返済ができなくなる場合

借主(債務者)の返済が遅れたり、借金の返済ができなくなると、貸主(債権者)は様々な方法で貸金の回収をはかろうとします。被害にあったら、基本的には、消費生活センターや弁護士など専門家に相談することをお勧めします。貸主から強 […]

クレジットカード

過払い金回収の交渉は相当困難を要するが

引直計算の裏ワザ的方法が存在します。例えば、消費者金融業者が、取引経過を10年分しか出してこない場合に、開示された取引経過の当初残高をゼロ円として引直計算することができるのです。 ・業者の抵抗が強いときは、弁護士に相談し […]

クレジットカード

消費者金融のリスクをちゃんと把握しておく

ヤミ金融対策として罰則の強化が図られ、無登録営業等の懲役刑が五年から一〇年に引き上げられました。消費者としては、消費者金融を利用するにあたり、次の点に注意するようにしましょう。 ・契約書・領収書の交付を受け、よく読むとと […]