スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

「 クレジットカード 」 一覧

no image

クレジットカードの包括契約の締結など

2015/08/09   -クレジットカード

サラ金業者のほとんどが、借入限度額(極度額)の枠内であれば債務者は自由に借入れ・返済ができるという包括契約を締結しています。契約上の地位の移転は、単に債権の移転をするのではなく、債権を発生させた原契約 …

no image

営業譲渡で旧債務は引き継がないと主張された場合

2015/08/08   -クレジットカード

営業譲渡で旧債務は引き継がないと主張された場合。営業譲渡によって顧客(債務者)を獲得した貸金業者は「譲渡前の債務については営業譲渡契約上、譲渡する営業の内容から除外しているので『過払金返還債務」は引き …

no image

債権譲渡・合併・営業譲渡を貸金業者がした場合の相手方

2015/08/08   -クレジットカード

・債権譲渡・合併・営業譲渡を貸金業者がした場合の相手方 合併後の貸金業者に過払金返還請求をしたのですが、その貸金業者は「合併前の過払金は、当社が返還すべきものではなく、合併前の会社が返還すべきものなの …

no image

債務者は利息制限法が強行法規であることの意味などを知らない

2015/08/06   -クレジットカード

債務者は、利息制限法が強行法規であることや貸金業規制法43条1項の規定の意味を十分に知りません。仮に貸金業者と債務者との合意によるみなし弁済を認めた場合、法的知識が少ない債務者は、貸金業者からの和解の …

no image

みなし弁済の要件合意の有効性

2015/08/06   -クレジットカード

・みなし弁済の合意の有効性 和解の前後を通して全取引履歴につき法定利率で引直計算したところ過払金が発生していました。過去に返済が滞り、その後の分割返済につき貸金業者と和解したことがあります。引直計算を …

no image

新たな借入れは順番に古い過払金の弁済(債務の承認)と評価される

2015/08/04   -クレジットカード

10年以上前にいったん完済し、その後取引が中断した後、再び同じ業者から借り入れた場合について(便宜上、いったん完済した借入れを第1借入れ、その後の借入れを第2借入れといいます)、この場合、第1借入れに …

no image

過払い金還請請求権の消滅時効

2015/08/03   -クレジットカード

・過払い金還請請求権の消滅時効 一度完済した取引について計算したところ、過払金が発生していたのですが、その過払金は時効で消滅してしまうのでしょうか。他の業者については、I0年以上前にいったん完済したの …

no image

包括契約であっても個別契約であっても計算方法は同一

2015/08/02   -クレジットカード

取引に約5年9カ月間の空白期間がある事案で、「消費者金融における顧客にとって過払金がいつどれだけ発生しているのかといった事実を認識することは困難であり(この事実は、通常、事後に判明する。)過払金に係る …

no image

下級審判例取引に中断があった場合に当然充当を認めた判例

2015/08/01   -クレジットカード

下級審判例取引に中断があった場合に当然充当を認めた判例として、商工ローン関係の判例では東京高裁平成14年判決、大阪高裁平成14年1などがあります。サラ金関係では、約2年4カ月の空白期間がある場合に、第 …

no image

過払い金などの当然充当とは何か?

2015/07/31   -クレジットカード

充当の根拠として、貸金業者の約定利息が高利(出資法により29.2%まで可)であることに比べ、借り手側の過払金返還請求の法定金利(5%〜6%)との間には大きな格差があり、衡平の観点からはそれを是正すべき …