「 クレジットカード 」 一覧

訴訟提起後の和解基準

過払金返還請求訴訟の現状として、裁判所の判決も圧倒的に顧客側に有利です。貸金業者であれば支払能力に問題もなく、減額和解に応じなければならない必要はありません。特段の事情がない限り、法定利率で引直計算を

続きを見る

法定利率を守らせるという意味から満額に近い金額でなければ和解したくない

裁判官は積極的に和解を勧めます。私としては金額を下げたくないだけでなく、法定利率を守らせるという筋を通す意味からも満額に近い金額でなければ和解したくありません。提訴して、主張・立証を方ーくし、貸金業者

続きを見る

クレジットカードの包括契約の締結など

サラ金業者のほとんどが、借入限度額(極度額)の枠内であれば債務者は自由に借入れ・返済ができるという包括契約を締結しています。契約上の地位の移転は、単に債権の移転をするのではなく、債権を発生させた原契約

続きを見る

営業譲渡で旧債務は引き継がないと主張された場合

営業譲渡で旧債務は引き継がないと主張された場合。営業譲渡によって顧客(債務者)を獲得した貸金業者は「譲渡前の債務については営業譲渡契約上、譲渡する営業の内容から除外しているので『過払金返還債務」は引き

続きを見る

債権譲渡・合併・営業譲渡を貸金業者がした場合の相手方

・債権譲渡・合併・営業譲渡を貸金業者がした場合の相手方 合併後の貸金業者に過払金返還請求をしたのですが、その貸金業者は「合併前の過払金は、当社が返還すべきものではなく、合併前の会社が返還すべきも

続きを見る

債務者は利息制限法が強行法規であることの意味などを知らない

債務者は、利息制限法が強行法規であることや貸金業規制法43条1項の規定の意味を十分に知りません。仮に貸金業者と債務者との合意によるみなし弁済を認めた場合、法的知識が少ない債務者は、貸金業者からの和解の

続きを見る

みなし弁済の要件合意の有効性

・みなし弁済の合意の有効性 和解の前後を通して全取引履歴につき法定利率で引直計算したところ過払金が発生していました。過去に返済が滞り、その後の分割返済につき貸金業者と和解したことがあります。引直

続きを見る

新たな借入れは順番に古い過払金の弁済(債務の承認)と評価される

10年以上前にいったん完済し、その後取引が中断した後、再び同じ業者から借り入れた場合について(便宜上、いったん完済した借入れを第1借入れ、その後の借入れを第2借入れといいます)、この場合、第1借入れに

続きを見る

過払い金還請請求権の消滅時効

・過払い金還請請求権の消滅時効 一度完済した取引について計算したところ、過払金が発生していたのですが、その過払金は時効で消滅してしまうのでしょうか。他の業者については、I0年以上前にいったん完済

続きを見る

包括契約であっても個別契約であっても計算方法は同一

取引に約5年9カ月間の空白期間がある事案で、「消費者金融における顧客にとって過払金がいつどれだけ発生しているのかといった事実を認識することは困難であり(この事実は、通常、事後に判明する。)過払金に係る

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
常勝馬伝説の評判や口コミ

業界屈指の老舗情報競馬サイト。無料情報だけでも万馬券が続出して

no image
FXセブンストラテジー2の評判や口コミ

株式会社グロースアドバイザーズさんがリリースした情報教材FXセ

no image
つぶやきアフィリエイトMAXの評判や口コミ

『つぶやきアフィリエイトMAX|Twitterとプログの自動投

no image
ドリームキーワードアフィリエイトの評判や口コミ

ドリームキーワードアフィリエイトとは、 悪ステ上野さんが仕掛

no image
年収1300万エリート会社員の評判や口コミ

年収1300万エリート会社員・最短出世テクニック”は、 好き

→もっと見る

PAGE TOP ↑