スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ブレーキをかけるときは一度にレバーを引かないこと

投稿日:

ブレーキをかけるときは一度にレバーを引かないこと。何度にも分けて、コン、コン、コンといった要領でかけるのがコツだ。機構的にはホイールのハブの内部に2個のシューを持っており、ブレーキペダルで与えられた力はロッドかワイヤーを介してシューにまで伝えられる。そのためペダルとロッドとカムレバー、カムとシューの間にわずかなすき間があり、制動時にはこれらのあそびがわずかながらライーリングを左右する。

とにかく、ドラムブレーキと同じようにラフに扱うとフロントが沈み込み、バランスをくずすから要注意。ドラムブレーキは、ディスクより制動力の点では劣る。それはスポーティタイプではフロントにデイスク、リアにドラムを備えていることを見てもわかるはずだ。

そしてききそのものもゆるやかなので、ディスクブレーキほどのシビアな操作は要求されない。ジワッときかせるには前輪、すなわちディスクをうまく制御することが、うまく止めることにつながる。

急激なブレーキング

ブレーキは停止させるためのものではあるが、それはゆっくりと止めるためのものでしかない。急激なブレーキングはパニックブレーキという別名もあるように、ハッキリいってブレーキの性能を超えているのだ。しかし、やむをえず急ブレーキをかけて、その場をしのいでいるのであって、できればかけないほうがいい。ところがかけなければならない場合が出てくる。そのときはやむをえずかけるのだが、急ブレーキの恐ろしさをじゅうぶんに知ったうえでかけたいものだ。

ブレーキレバーを握るときにできるだけ外側を使うのもひとつの方法。テコの原理を考えればよく、同じ仕事(マスターシリンダーのピストンを押すこと)をするにも、テコが長ければストロークは長くなる。したがって、レバーの支点近くを握るよりも端を持つほうがストロークが長くとれ、微妙なブレーキングが可能となるわけだ。こうしてジワッときかすコツをマスターし、意識しなくても適切なブレーキがかけられるようになってもらいたい。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

ブレーキレバーの握り方

基本のライディングフォームを正確に自分のものにすること。クラッチ付きのスポーティバイクでさえあれば、いくらでも習得できるし、さらにハイテクニックにすすむことも可能だ。アクセルワークは発進時だけでなく、 …

no image

バイクで足が届かない場合

走っているときはシート高なんてたしかに気にしなくてもよい。しかし問題は交差点で停止したときだ。この場合も、バランスをうまく取って、どちらかのつま先が地面についていれば問題ない。ただし、これはある程度、 …

no image

カーブの切り返しテクニック

ライダーは、お尻と上体が左側へ寄った状態で、そのまま必要とするバンク角まで車体を寝かし込む。バンク角が決まったら、今度は足に力を入れ、傾きを保持する。これでオーケーだ。切り返す場所を確認したら、左足( …

no image

バイクのギアチェンジによる加速について

ツーリングなどに行って、1日中走行すれば、何十回・何百回もくり返すことになり、たいへんな労働を強いられるので、疲労度もかなりのものだ。そのため、できる限りスムーズに、そして疲れないようなライディングが …

no image

バイクでコーナーを曲がる際の目線の移し方

目はあらゆる環境から情報を採り入れる大切な役割をする。直線では先へ先へと視線を移しながらバックミラー、両サイド、路面などを追いつづける。教習所で習うように例えば一本橋、走行ではあまり直前をみているとマ …