スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

自動車

新概念ボックスカー レイ(RAY)がリリース

投稿日:

起亜自動車の注目される新概念ボックスカー レイ(RAY)がリリースされた。起亜自動車は、済州ヘビーチホテルグランドボールルームでプレス発表会を持って新概念のミニCUV「レイ(RAY)」を正式発表しました。レイは、過去2007年からプロジェクト名「トム(TAM)」で4年の研究期間中に約1500億ウォンを投入して完成させた。全長3595mm、全幅1595mm、全高1700mmの大きさに自信に満ちスタイルの前面部と、シンプルで安定感が魅力的な側面、すっきり洗練された背面などの感覚的素敵な形態とモダンなシルエットが調和を成す。

特に同乗席のBピラーレス構造(B Pillarless:フロントドアとバックドアの間に柱がない車体構造)と2列スライドドアを適用して優れた開放感と乗り降りを楽にした。また、2520mmのホイールベースでゆったりとした室内空間を確保して、シートを多様に配置することができるようにして空間活用性を高めた。

車両の購入市取得税と都市鉄道債券が免除

新車は、最高出力78馬力、最大トルク9.6kg.m、燃費17.0km /ℓの1.0ガソリンエンジンと出力とトルクは同じで、燃費13.2km /ℓ(LPG使用量)の1.0バイフューエル(Bi-Fuel)エンジンの2種類のラインナップをそろえた。1.0バイフューエル(Bi-Fuel)エンジンは、LPGとガソリン燃料タンクを同時に装着してLPG排出時のガソリンを補助燃料として使用できるようにした。新車は1000cc未満の車に適用される軽自動車のメリットを受けることができ、車両の購入市取得税と都市鉄道債券が免除されて高速道路や渋滞通行料、公営駐車場料金などの減免が与えられる。

利便性と安全仕様には、車体の姿勢とステアリングの安定性を同時に確保してくれるVSM(次世代VDC)と坂道で停車後、出発時後ろに押されることを防止するスロープジャングル防止装置(HAC)、6エアバッグ、2列3点式シートベルトなどが基本的に搭載される。また、Bピラーがないユニークな車両構造を考慮して助手席のドアに剛性ビームを適用するなど、衝突安全性を確保した。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

快適で静かな室内マリブのインテリア

マリブはムーランルージュレッド、ポセイドンブルー、スイッチブレードシルバー、デイドリームベージュ、カーボンフラッシュブラックなど全9種類のカラーとブラック、ブラック&グレー、ブラック&ブラウンのツート …

no image

ファミリーカー市場を攻略

メーカーが出す新車数は5、6種に過ぎないが、輸入新車は数十種に達すると予想されるからである。韓国がヨーロッパ、アメリカとそれぞれ結んだ自由貿易協定(FTA)に関税引き下げ効果まで加わり、輸入車に興味を …

no image

i40-一般的な走行モードの3つの走行モードを選択できるようにした

「i40」は全長4815mm、全幅1815mm、全高1470mmで2770mmのホイールベースを持っていた。すべてのモデルに6速自動変速機を適用した「i40」は、ガソリン2.0 GDiモデルの場合、最 …

no image

水素燃料電池車の時代

電気自動車の他の形態で「水素燃料電池車」がある。基本的には電気モーターが動力である電気自動車だが、充電されたバッテリーから電気を供給されず、搭載された水素を利用して電気を作成して使用する。水素と酸素を …

no image

レンジローバーブランドの新概念コンパクトSUV

ジャガーランドローバーは、レンジローバーブランドの新概念コンパクトSUV(Sports Utility Vehicle)「レンジローバーイボク」公式発表に先立ち、ジャガーランドローバー·コリア江南展示 …