スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

ボディイメージ理論問題にこだわりすぎだと同業者から批判

投稿日:2019年9月8日 更新日:

元マリ・クレールイギリス版エディターのリズ・ジョーンズはは二〇〇〇年六月号をソフィ・ダールとパメラ・アンダーソンの表紙で二種類用意し、こんな質問をぶつけた。理想の体型は?現実的な曲線美のソフィ・ダールい現実離れした完璧さのパメラ・アンダーソン。二〇代の頃は一日六〇〇カロリーもとらなかったというジョーンズ自身、拒食症を克服しつつある人、リズ・ジョーンズは、ボディ・イメージ問題にこだわりすぎだと同業者から批判された。

強気なジョーンズは、雑誌業界が、そして自分自身が摂食障害の原因を作る立場にあることを認めた上で、結局はマリ・クレルを去った。販売部数の数字が入ってくると、ダール版が多く売れていたという。ニュー・ウーマンイギリス版の当時のエディターからは、慶せた女性に対する差別だと責められたし、エルイギリス版のエディターからはエディターの院に背いたと答められたのだそうだ。その後ロンドンのメール・オン・サンデーに掲載された記事の中で、業界に艦突いたら方々から批判されたと主張して、イギリス人同業者たちに怒りをぶつけている。

ネガティブなボデイ・イメージという悲惨な現実

メディア全般に、ネガティブなボデイ・イメージという悲惨な現実をもたらした責任があるって、私は一〇〇%確信してるわ。すべてのエディターが責任を否定するわけではない。そう語るのは、YMのファッション・ディレクター、エリザベス・キースターである。三六歳の私だってジゼルを見るたびに落ち込むんだから、同じ年頃の女性だったらどう思うかしらね。ファッション記事にリアルな女の子を使う場合、編集部は自画自賛調でその旨を明示するものである。

キースターがジェーンのファッション・マーケット・ディレクターだった頃にも、水着のレイアウトでレギュラー、つまりサイズ二や四ではなく八の女の子を使ったことがあったそうだ。ファッション界はとにかくスキニー・スキニー路線でやってきてるのに、そうじゃないふりをしてる。リアルなボディのための水着、みたいな間抜けなへッドラインはつけなかったってわけ、と。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

アメリカでは数多くの大手企業が反スウェットショップ活動

一九九〇年代半ば、アメリカでは数多くの大手企業が反スウェットショップ活動家に噛み付かれた。そのひとつがジーンズ・メーカーのゲスである。一九九六年、ロサンゼルスに本社を置くこの会社の請負業者五社が、労働 …

no image

キュートな拒食症の女の子たちというスローガン

モデルには不思議に腹が立たないの。だって、モデルってじかに見るとホントに背も高いし手足も長いし、なんか妙な感じ。ニューヨーク・シティ在住の二五歳のライター、レベッカは面白くない様子だ。誰にムカつくって …

no image

長期休暇が取れない労働者たち

スウェットショップの労働者は、大抵の場合、長期休暇を取ることも許されない。だが、何年も休暇を取っていないという勤労者なら、ウォール街の投資銀行にもいる。大方のアメリカ人の心には、一生懸命に働けば働くほ …

no image

小売業界に人脈がありますしね

彼らは利益の半分を取りますが、そっくりそのまま請負業者に渡したりはしませんから、然るべきところにお金が回らないわけですとロドリゲス。小売業者は、何年も前に工場をたたんだ人々と関係を結んでいる。でも、ジ …

no image

労働者の劣悪な環境

工場側は、自宅労働者を雇うことーアメリカでは違法とする州もあるーで、監督者の厳しい目を逃れることも多い。ジョバーが女性たちに裁断した生地の束を渡して、家で縫わせるのだ。こうすれば、家賃、電気代、業務用 …