ニキビ

ビタミンを多く含む食品でニキビを予防する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビタミンEを多く含む食品は、女性ホルモンの働きを整えてくれるので、ぜひ二キビ予防にもとってほしいもの。このほかに、ビタミンCや葉酸、カロチンなども充分にとりましょう。なるべく気をつけてとりましょう。イライラやストレスのニキビには、イライラしたり、ニキビができてクヨクヨしたり、神経の高ぶりを静め、精神の安定をはかるためには、カルシウムやビタミンB、Cをたっぷりとることが大切。これらのビタミン、ミネラルには神経の興奮を抑制して、鎮静する作用があります。

寝不足気味の人も、これらの食品を摂取することが重要です。一日にひと皿、海藻サラダを食べるだけでもイライラ防止になるので、カンタンなことから始めましょう。タバコが原因でできるニキビ、好き嫌偏食からできるニキビには、食べ物に好き嫌いが多いと、肌が自然に美しくなろうとする力が弱まります。たんぱく質や鉄分が不足すると、貧血を招いて生理のサイクルがくるったり、お菓子やインスタント食品中心の偏食は、血液の循環が鈍り、無月経になることがあります。

スキンケアで肌の外からニキビケア

強肝作用のあるたんぱく質やビタミン、ミネラル、アルカリ食品をいっしょにとりましょう。ビタミンCの多い食品も効果的です。ニキビができにくくなる食品や食べ方がありますが、20才のニキビにありがちな、お酒いによる偏食が原因でできるニキビ、そしてストレスからできるニキビの3つ。スキンケアで肌の外からニキビケアをして、睡眠を充分にとるなど生活に気をつける。

そのうえで、ニキビを予防するのに大切なことに食事があります。お酒やタバコなどのニキビには、お酒を飲む機会が増えてくるのが20才からです。また飲みに行くとタバコの本数が増えたりと、肌には決していいことではない時間が現れてしまいます。どちらも度を過ぎると、肌の新陳代謝がスムースにいかなくなり、古いアカ)がはがれにくくなって、毛穴を塞いでニキビになってしまうのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加