スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ニキビ

ビタミンを多く含む食品でニキビを予防する

投稿日:

ビタミンEを多く含む食品は、女性ホルモンの働きを整えてくれるので、ぜひ二キビ予防にもとってほしいもの。このほかに、ビタミンCや葉酸、カロチンなども充分にとりましょう。なるべく気をつけてとりましょう。イライラやストレスのニキビには、イライラしたり、ニキビができてクヨクヨしたり、神経の高ぶりを静め、精神の安定をはかるためには、カルシウムやビタミンB、Cをたっぷりとることが大切。これらのビタミン、ミネラルには神経の興奮を抑制して、鎮静する作用があります。

寝不足気味の人も、これらの食品を摂取することが重要です。一日にひと皿、海藻サラダを食べるだけでもイライラ防止になるので、カンタンなことから始めましょう。タバコが原因でできるニキビ、好き嫌偏食からできるニキビには、食べ物に好き嫌いが多いと、肌が自然に美しくなろうとする力が弱まります。たんぱく質や鉄分が不足すると、貧血を招いて生理のサイクルがくるったり、お菓子やインスタント食品中心の偏食は、血液の循環が鈍り、無月経になることがあります。

スキンケアで肌の外からニキビケア

強肝作用のあるたんぱく質やビタミン、ミネラル、アルカリ食品をいっしょにとりましょう。ビタミンCの多い食品も効果的です。ニキビができにくくなる食品や食べ方がありますが、20才のニキビにありがちな、お酒いによる偏食が原因でできるニキビ、そしてストレスからできるニキビの3つ。スキンケアで肌の外からニキビケアをして、睡眠を充分にとるなど生活に気をつける。

そのうえで、ニキビを予防するのに大切なことに食事があります。お酒やタバコなどのニキビには、お酒を飲む機会が増えてくるのが20才からです。また飲みに行くとタバコの本数が増えたりと、肌には決していいことではない時間が現れてしまいます。どちらも度を過ぎると、肌の新陳代謝がスムースにいかなくなり、古いアカ)がはがれにくくなって、毛穴を塞いでニキビになってしまうのです。

-ニキビ

執筆者:

関連記事

no image

毛穴の皮脂除去や血行促進など

青いくまは食生活に気をつけて貧血の改善と血行促進を摂取すること。血行促進には、ビタミンEの摂取も必要です。 鉄を含むへモグロビンは血中で酸素を運搬し、肌細胞に届ける働きがあります。レバー・ひじき・煮干 …

no image

しみレーザー治療の仕組み

しみを治療するレーザー光は、肌内部のメラニンに吸収されて熱エネルギーに変わります。その結果、しみの部分だけがごく浅いやけどを起こし、その後に薄いかさぶたとなってはがれ落ちるのです。ほくろやしみ取りに用 …

no image

血液循環の不良はくすみの原因になる

・加齢により促進されてしまう理由 肌の色は、主に皮膚のメラニンの量、血流量、血液中の物質によって決まります。その中でも重要な皮膚のメラニン量は、3歳を過ぎた頃から増加する傾向がが顔全体のくすみの原因に …

no image

脂浮きの原因解消にナチュラルクリーム

脂浮きしたときの顔をよく見ると、Tゾーンはギトギトなのに、目元はカサカサ、なんてことはありませんか。そんなときは、Tゾーンの脂を清潔な手で押さえて、乾いた目元や口元に移動させる。コットンを水で湿らせて …

no image

肌の基礎知識なくしてはきれいな肌をつくることはできない

肌のための1週間を過ごすヒント、そして、無意識のうちに肌にいい生活を送れるようになるためのヒントで、あなたの肌を変えてください。きれいな素肌を手に入れるには、まず自分の肌をよく知ることが大切です。肌は …