スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

可愛いベビーとの色々な遊びの方法

投稿日:

・ママの胸でジャンプ&バウンド遊び

赤ちゃんはうれしそうな声を上げながら、何回も「立ったり座ったり」するこの遊びをしたがるでしょう。活発な赤ちゃんはあなたに抱かれている時でも、自由に動こうとして何度も同じ動作を繰り返します。それで、赤ちゃんのリズムに合わせて、抱き上げたり座らせたりを繰り返してやるのです。この時にも、赤ちゃんの体をしっかり支えてやることを忘れないで下さい。

・モンブランの山登り遊び

あなたは背中を後ろに傾けて座り、赤ちゃんがあなたの体の上をはい上がって行くようにしてやります。この時、赤ちゃんが落ちないように、体をしっかり支えてやることを忘れないで下さい。

・布地にタッチ遊び

赤ちゃんは指や口を使って、布地に触るのが大好きです。さらに、カモシカ皮やフェルトの切れ端があれば、いつもとは違った感触も味わわせてあげて下さい。赤ちゃんのそばで乾いた洗濯物をたたんで、毛糸、木綿、タオル地、ナイロンなどさまざまな布に触らせてあげましょう。また、布地の上に赤ちゃんの手を滑らせて、布目の異なる感触も体験させてあげましょう。

顔でブルブル遊び

あなたの顔が赤ちゃんのお腹や鼻に達したら、そこに顔をこすりつけ、うれしそうに何回もキスしてあげましょう。あなたの顔がよく見えるように赤ちゃんの前に座ります。そして、赤ちゃんのお腹や鼻に向かってあなたの顔をゆっくり近づけていくのです。その動きに合わせて、声の大きさや調子を変えながら、例えば「チュープ、アープン」といった長くのばした音や赤ちゃんがよく出す音などを出してあげて下さい。

・揺れるお馬さん

お馬さんが泥でぬかるんだ道を歩くように「ピチャピチャ」という音も出してあげましょう。この月齢の赤ちゃんは水がはねる音がとても好きなのです。赤ちゃんをあなたの膝の上にのせ、向かい合わせになります。そして、馬に乗っているように赤ちゃんの体を上下に揺らしてやりながら、動きに合わせて「バカバカお馬さん」と歌ってあげるの。この時、赤ちゃんが何をすればいちばん喜ぶのが観察して下さい。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

思いやりのない親の人たち

「思いやる」ことのできないお母さんは、「もう大きいんでしょ」といいながら、子どもをひざからおろしてしまうでしょう。中には、子どものことを考える暇もなく、「重いね」とか「暑いね」といって、うるさそうに追 …

no image

赤ちゃんは新しい世界を見つけ出している

生後一年の間、適切な手助けと励ましを与えてやれば、何かと要求の多い赤ちゃんは将来、優等生になる可能性もあります。静かでおとなしい赤ちゃんは、あまり母親の注意を引きませんから、見過こされることも多くなり …

no image

もし「私」がこの世に生まれていなければ

もし「私」がこの世に生まれていなければ、目の前のわが子も存在していなかったのです。もちろんこの世に生まれなければ、子育てで大変な思いをすることも、日々の中で苦労することも、いろいろ嫌な思いをすることも …

no image

いたずらっ子は探究心の現われ

早くからお母さんから離れていても平気な子どもがいて、お母さんにとっては独立心のある子のように思えるかも知れませんが、そうではないのです。お母さんとの情緒的な心の結びつきができなかったために、お母さんに …

no image

親の言うことに絶対「ハイ」と言わせる教育の悪い点

自由を与える以上、それに伴う責任の能力を養わなければならない。「親のいうことは何でもハイといってききなさい」といった言葉や「何でも先生にきいてからしなさい」といった言葉が、親たちの口からいわれているの …