スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

可愛いベビーとの色々な遊びの方法

投稿日:

・ママの胸でジャンプ&バウンド遊び

赤ちゃんはうれしそうな声を上げながら、何回も「立ったり座ったり」するこの遊びをしたがるでしょう。活発な赤ちゃんはあなたに抱かれている時でも、自由に動こうとして何度も同じ動作を繰り返します。それで、赤ちゃんのリズムに合わせて、抱き上げたり座らせたりを繰り返してやるのです。この時にも、赤ちゃんの体をしっかり支えてやることを忘れないで下さい。

・モンブランの山登り遊び

あなたは背中を後ろに傾けて座り、赤ちゃんがあなたの体の上をはい上がって行くようにしてやります。この時、赤ちゃんが落ちないように、体をしっかり支えてやることを忘れないで下さい。

・布地にタッチ遊び

赤ちゃんは指や口を使って、布地に触るのが大好きです。さらに、カモシカ皮やフェルトの切れ端があれば、いつもとは違った感触も味わわせてあげて下さい。赤ちゃんのそばで乾いた洗濯物をたたんで、毛糸、木綿、タオル地、ナイロンなどさまざまな布に触らせてあげましょう。また、布地の上に赤ちゃんの手を滑らせて、布目の異なる感触も体験させてあげましょう。

顔でブルブル遊び

あなたの顔が赤ちゃんのお腹や鼻に達したら、そこに顔をこすりつけ、うれしそうに何回もキスしてあげましょう。あなたの顔がよく見えるように赤ちゃんの前に座ります。そして、赤ちゃんのお腹や鼻に向かってあなたの顔をゆっくり近づけていくのです。その動きに合わせて、声の大きさや調子を変えながら、例えば「チュープ、アープン」といった長くのばした音や赤ちゃんがよく出す音などを出してあげて下さい。

・揺れるお馬さん

お馬さんが泥でぬかるんだ道を歩くように「ピチャピチャ」という音も出してあげましょう。この月齢の赤ちゃんは水がはねる音がとても好きなのです。赤ちゃんをあなたの膝の上にのせ、向かい合わせになります。そして、馬に乗っているように赤ちゃんの体を上下に揺らしてやりながら、動きに合わせて「バカバカお馬さん」と歌ってあげるの。この時、赤ちゃんが何をすればいちばん喜ぶのが観察して下さい。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃん、新生児に必要なものに手を貸してあげましょう

生後一九週ぐらいになると、あなたの赤ちゃんは再び学習を始めます。実際に、この月齢になると赤ちゃんは出来事の世界、を探索し始めるのです。この世界は「さまざまな出来事に適応する能力」を幅広く試してみる機会 …

no image

子供への習い事の強制は果たして正解なのか?

お母さんやお父さんの中に、幼いころにバイオリンやピアノの教室に通った方もあるでしょう。あるいは、絵の塾に通った方があると思います。それを思い出しながら、本当に情操が高まったかどうかについて、検討してみ …

no image

自分を否定され続けていればネガティブな気持ちになる

自分を否定され続けていればネガティブな気持ちでしか生きていくことができなくなります。寂しさや不安で、いつまで経っても自立できず、人に依存し、自ら行動を起こすこともできなくなっていきます。反対に存分に甘 …

no image

知的能力の高い子どもなのに学習に熱意を示さなくなる

もし、子どもが優越感を持つようなことがあれば、地味な勉強などに対して真剣に取り組むようなことはできません。思春期になると、物質的な誘惑は非常にひろがりますから、それを追うようになってしまいます。 小学 …

no image

幼稚園くらいの子供のケンカに親の仲裁は必要か?

昔から、子どものけんかに親が出るなーといわれてきたのは、まさに名言といえる。ところが、お母さんやお父さんの中には、子ども同士のけんかに口を出したり、それをとめにかかったりする人が少なくありません。とく …