スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

バスから降りるとき子供が先に降りたがる

投稿日:

バスを先に降りたいといってわがままをいうような子どもがいても、それを許してはなりません。その点でいうことをきかない子どもがいれば、日常生活の中で、けじめをつける教育をしていないことの現われです。物質的な欲望をききいれてしまっているのではないか、その点を反省してみることが大切です。

あなたは子どもに手本を示しているか子ども連れでバスなどの車から降りるときに、お母さんやお父さんより先に降りたがる子どもがいます。しかし、必ず風親が先に降りて、周囲の安全を確認した上で、子どもを降ろすようにしつけましょう。

また、マイカーに乗って、一家ででかける機会が多くなっていると思います。そのようなときの家族の姿を見ていますと、お父さんだけが運転のために緊張し、お母さんはこっくりこっくり居眠りをし、子どもたちは窓から手を出したり、顔さえも出していることがあります。このような一家は、自動車に乗るときのマナーを全く心得ていないといってもよいでしょう。

すでに信号が黄色になっているのに

すでに信号が黄色になっているのに、バス停まで、子どもの手を引っ張るようにして走っている両親を見かけることがあります。バスに乗りおくれると、時間に間に合わないから「という答えが返ってくるかも知れませんが、子どもを連れて出るときには、時間に「ゆとり」を持つことが必要で、そのためには出かける準備を早くすればよいのです。

そのほか、信号をよく見て渡るとか、道の右側を歩くなどといった交通のルールを守る点については、お母さんやお父さん自身がどういう態度をとっているか、反省してみることから始めましよう。それは、子どものお手本となっているのが両親だからです。

このようなお話をすると、「出がけに人がきたものだから」といった文句をつけるお母さん
がいます。不意に人の家を訪問する悪い習慣があり、そのためにスケジュールが狂わされてしまうことが多いのがわが国の状況ですが、そうした相手には、お母さんの予定を話して、他の日にたずねてもらうように、きちっと話をする勇気が必要です。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんの歩き始めの時期

どんな子供でも、ほぼ同じ月齢になると、この扱いにくい時期、が訪れます。その時期の始まりについては、一、二週間の誤差はありますが、それが必ず訪れることだけは確かです。一年後、赤ちゃんが自分で歩き始めた頃 …

no image

赤ちゃんが物をつかむ最初の試みは失敗する

赤ちゃんが物をつかもうとする最初の試みは失敗します。でも、赤ちゃんのそんな努力をほめてあげ、できるだけ手を貸してあげて下さい。飽きずに動かしている手で簡単につかめるようなオモチャを置いてあげましょう。 …

no image

他人の赤ちゃんを抱っこしてみて下さい

どの赤ちゃんもその姿形が違うように、性質や特徴もそれぞれ異なっています。もし母親が許してくれるなら、他人の赤ちゃんを腕に抱き上げてみて下さい。どこか違う感覚を味わうはずです。そして、赤ちゃんがあなたの …

no image

人間関係を良好に保つには三つの柱が必要

お母さんが投げかけている言葉が、わが子を創りあげていることをお母さんたちにはもっと自覚していただきたい。子どもは声の波長にも敏感です。叫ぶことなく低めの落ち着いた優しく明るい声で話すようにしましょう。 …

no image

赤ちゃんがいつまでも泣き止まない原因

心が慰められなければ、本来ならびっくりするような新しい世界を見つけ出すためにうまく使われるべき赤ちゃんのエネルギーが、泣くこと、によってすべて浪費される。赤ちゃんは心が発達するたびに、急速な成長がみら …