スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

バレンタインではなぜチョコを男性に渡すのか?

投稿日:

今や、2月に入るとデパート、スーパーあげてのバレンタイン合戦。一人の女の子が何十枚もの義理チョコを配るなどというのもザラ。そして、本命には、手作りチョコ、プラス、プレゼントの品、というのが、昨今の流行なのだそうだ。

中学、高校と、共学だった私は、バレンタインほどおもしろい日はなかった男子生徒が、休み時間ごとに、意味もなくロッカーを確かめに行くのだ、とある人は語る。義理チョコなどという言葉はまだなかった。女の子は、本当に好きな本命の男の子だけに愛のこもったチョコを贈るものだという通説がまかり通っていた時代である。一人で何人もの男の子にチョコを配るのは、はしたないことだとされていた。だから、2月15日は、真剣勝負の日だったのだ。

子供の頃、不思議だった。甘い物は女の子の好物である。ケーキ、アイスクリーム、そしてチョコ類は、女の子の嗜好品だと、子供の頃考えていた。甘いチョコレートパフェが大好きという男の子は、かわったヤツ、と言われる。それなのに、である。女の子の好物で、男の子の好物ではないと思われるチョコレートを、なぜ、バレンタインの日に女の子が男の子に贈るのであろうか。

女が男にチョコレートを贈るのはおかしい

女が男にチョコレートを贈るのはおかしい、とずっと考えていた。猫に小判、豚に真珠なのではないかと。しかし、おとなになってから、私は、チョコレートは女の好物ではないということに気づ
いた。

こんなの、もらっても、実は困ると、辛党の男は皆思うはずである。そして、残したり、捨てたりする。それを見た女は(女はチョコレートが大好物なので)、あんなおいしいものを邪険に扱って、もったいないと、腹を立てるであろう。

チョコレートは、ダイェットの大敵である。若い女性で、板チョコ一枚まるかじりする勇気のある者は、少ないと思う。若い女の子は、いつだって頭の中でカロリー計算しているのだから。だから、女の子たちにとってチョコレートは、不用の品である。そんなものは、男の子にくれてやってよいのである。これで、バレンタインに女が男にチョコを贈る謎がとけたのだった。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

初デートに持っていく資金には余裕を持たせること

カードとは切り離して、一万円という特別予算、を組んでおく。そうすると、デートのスタートから気分に余裕が生まれる。言い換えると、食事でいくら、ワインの追加でいくらという細かい計算を抜きにした、「大ざっば …

no image

水商売のお姉さんたちを上品だと感心する男達

男たちは、ワンレン・ボディコン・ジャラジャラの水商売のお姉さんたちを、上品だと感心している。思うに、男にとっての女の上品と、女から見た女の上品は、質が違うらしい。男にとって、金のかかった身なり、金のか …

no image

誕生日はなぜめでたいのだろうか

クリスマス・プレゼントは、お歳暮とバレンタインのチョコの中間に位置するといってよい。しかし、彼も手編みのセーターを彼女からもらったなら、まさか、それがお歳暮だとは思わないであろう。本命の彼にクリスマス …

no image

恋は麻疹に似ているともいわれるが

ひょっとして、恋人になれるのかなという可能性を秘めた男友達と会う時が、一番、ドキドキして楽しい時間ではないか、と思ってしまう。恋人になってしまえば、こんどはその関係を維持することに神経を使わねばならな …

no image

説教すると女性に好意を持たれると勘違いしている男

ずいぶん昔の話になるが、有名作詞家が自分の知識を披露することで基有名性歌手のハートをつかんだ。二人は、恋愛を成就させて結婚した。だが、皮肉なことに、その作詞家が自分の知識と教養を妻に伝え続けようとした …