スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

バレンタインではなぜチョコを男性に渡すのか?

投稿日:

今や、2月に入るとデパート、スーパーあげてのバレンタイン合戦。一人の女の子が何十枚もの義理チョコを配るなどというのもザラ。そして、本命には、手作りチョコ、プラス、プレゼントの品、というのが、昨今の流行なのだそうだ。

中学、高校と、共学だった私は、バレンタインほどおもしろい日はなかった男子生徒が、休み時間ごとに、意味もなくロッカーを確かめに行くのだ、とある人は語る。義理チョコなどという言葉はまだなかった。女の子は、本当に好きな本命の男の子だけに愛のこもったチョコを贈るものだという通説がまかり通っていた時代である。一人で何人もの男の子にチョコを配るのは、はしたないことだとされていた。だから、2月15日は、真剣勝負の日だったのだ。

子供の頃、不思議だった。甘い物は女の子の好物である。ケーキ、アイスクリーム、そしてチョコ類は、女の子の嗜好品だと、子供の頃考えていた。甘いチョコレートパフェが大好きという男の子は、かわったヤツ、と言われる。それなのに、である。女の子の好物で、男の子の好物ではないと思われるチョコレートを、なぜ、バレンタインの日に女の子が男の子に贈るのであろうか。

女が男にチョコレートを贈るのはおかしい

女が男にチョコレートを贈るのはおかしい、とずっと考えていた。猫に小判、豚に真珠なのではないかと。しかし、おとなになってから、私は、チョコレートは女の好物ではないということに気づ
いた。

こんなの、もらっても、実は困ると、辛党の男は皆思うはずである。そして、残したり、捨てたりする。それを見た女は(女はチョコレートが大好物なので)、あんなおいしいものを邪険に扱って、もったいないと、腹を立てるであろう。

チョコレートは、ダイェットの大敵である。若い女性で、板チョコ一枚まるかじりする勇気のある者は、少ないと思う。若い女の子は、いつだって頭の中でカロリー計算しているのだから。だから、女の子たちにとってチョコレートは、不用の品である。そんなものは、男の子にくれてやってよいのである。これで、バレンタインに女が男にチョコを贈る謎がとけたのだった。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

初対面の人への質問の仕方

初対面の彼女を質問攻めにするなかれ初対面のとき、話題のない男は、たいがい四つの質問で間をもたせようとする。「年はいくつ?」「どこに住んでるの?」「仕事は何をしてるの?」「兄弟はいるの?」この四つの質問 …

no image

女性から見て楽しい人になるか面白い人になるかの境界線

会話上手は、豊富な話題を持っているばかりでなく、女性を会話の中に参加させようとする気づかいもある。会話のうまい男は、ポンポンと話題を変えていきながら相手が乗りやすい話題を探していくことができるのだ。そ …

no image

息子が可愛くてたまらない

3歳になりたての息子が、かわいくてたまらない、とある人は語る。女にキビしく男にアマい私の性格を改めて思い知らされた。7歳の長女とは、本気でののしりあっての大ゲンカをするくせに、息子は何をしょうと、あら …

no image

わがまま人間はわがままな人を嫌い我慢人間のところへすり寄ってゆく

ワガママ人間はワガママ人間を嫌い、我慢人間のところへすり寄ってゆく。結局、今の若い女の子のワガママさは、若い男の子の物わかりの良さと、中年男のスケベ根性が原因。嫌われることを恐れる余り、物わかりの良い …

no image

女に相手にされない男の復讐劇 

先日、久々に、あら、いい男と思える素敵な男性に会ったのだが、聞くところによると、美人の同い年の奥さんがいて、職場に年下のかわいい愛人がいるとのこと、とある女性は語る。いい男に、女は、集中するのである。 …