スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

バラも色気も崩れ落ちる寸前になぜか心魅かれてしまう

投稿日:

切り花と庭木の花の違いは、花壺に生けられた花はしぼみかけるとすぐ捨てられるが、に植えられた花は、最後の花びら一枚が地面に落ちるまでその姿をさらしているという点にある。生け花としてはとてもつとまらないような、崩れ落ちる寸前のめくれあがった花びらを重そうに抱えている垣根のバラが、とても好きである。これが雨に打たれたりしていると、たまらなく風慣がある。崩れ落ちる寸前、というのがいいのだ。

バラも色気も、崩れ落ちる寸前になぜか心魅かれてしまう。バラが好きである。それも、花屋のケースにおさまってる整った切り花ではなく、庭木としてのバラが好き。5月は、まさにバラの花のまっ盛り。自宅周辺には、バラを垣根にした一軒家も多く、自転車で仕事場にむかいながら、ウットリ眺めている。

崩れ落ちる寸前になぜか魅かれてしまう。だから、もちろん、苗木自体も、フランス庭園のようにキレイに刈りこまれたものより、無造作に枝の伸び放題の方がいい。それでアーチなんかが作れたらいのイバラ姫のお城をとり囲んだつるバラと同じようになる。

シラルーリーニという崩れ落ちる寸前のバラ

シラルーリーニという崩れ落ちる寸前のバラであった。締めっけた下着からこぼれる尻の肉。ぶよぶよ一歩手前の腹の肉のたわみ。均整のとれすぎた美女ヌードを見なれた目にとっては(だいたいアメリカ映画はそういう女優のハダカしか見せない)、これは驚きだった。しかし、男なら、絶対、イザベラ・ロッセリーニの方に色気を感じるだろうと思う。

ところで、バラが垣根として用いられるのは、トゲが有刺鉄線と同じ役目を果たすからかしら。トゲを隠しもった崩れ落ちるバラ。男なら、こういう女がいいな思うかもしれない。

また、いい男というものが、意外と手つかずに残っていたりする。ルックス良し、育ちもよし、性格も良好、スポーツマン、高学歴、高収入。こういうのが、なぜか%過ぎても独身だったりする。男たちの嫉妬を買い、女たちの美深望を集め、それでもさわやかに、彼は存在していたりする。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

5年つきあってふられた彼氏は私の部下

5年つきあってふられた彼は私の部下、とある人は語る。1年で忘れられる男であっても、当座はやはりイラつくと思います。それはしかたのないことです。スポーツするなり、趣味を見つけるなり、何か気をまぎらわせる …

no image

小綺麗な男が増えている

昔はまだ、オシャレをする男の子は、スカーフ野郎と、陰で笑われる存在だった。ところが、今や、もはや笑っている場合ではない。若い男の子は、みな、小ぎれいにアイロンのかかった衣服をまとい、髪をさわやかにブロ …

no image

恋は麻疹に似ているともいわれるが

ひょっとして、恋人になれるのかなという可能性を秘めた男友達と会う時が、一番、ドキドキして楽しい時間ではないか、と思ってしまう。恋人になってしまえば、こんどはその関係を維持することに神経を使わねばならな …

no image

笑いの力で女性をデートに誘う

意中の女性の信用を得ようとして、いかにも誠実な誘い方をする男がいる。「ずうっと、あなたのことだけを考えていました」「心から大切にします。だから、ボクにチャンスをください」だが、こういうアプローチがうま …

no image

最初のデートに失敗したら「完全無視」を決め込む!?

大ヒットしたテレビドラマ『黒革の手帳』(松本清張原作)の最終回では、ヒロインの元子(米倉涼子)が、「君は、自由のまま僕と結びついていればいい」という安島(仲村トオル)のセリフに強烈な反感を抱く。そのひ …