スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バンクして曲がるのはバイクの醍醐味

投稿日:

バンクして曲がるのは、オートバイの醍醐味でもあり、スピードとバンク角の計算=テクニックといっても過言ではない。コーナーリングのフォームは4態あるが、これらをどのように使い分けるかは、非常に難しい。オンロード、オフロード、アメリカン、トレールという区別だけでなく、大候によっても変わってくるので、絶対的なフォームというものはない。

ビギナーの中には、バンク=危険と考えている人もいるようだが、これはまったくの誤りであり、スピードとバンク角がつり合ってさえいれは、オートバイは実に安定して曲がるものである。オンロードではリーンウイズ、オフロードではリーンアウトが基本であることは間違いない。

市販のオートバイの中には、ハングオンでなければ曲がりにくいものもあるが、ビギナーの場合は、まずリーンウイズでスピードとバンク角を体で覚えることが先決である。ハングオンでカッコよく走るのは腕が上達してからでも十分であり、リーンウイズだから遅い、ヘングオンだから速いという事実はまったくない。

トレールやアメリカンの場合は

トレールやアメリカンの場合は、上体の自由度が高いので、いずれのフォームも可能だが、アメリカンはリーンウイズを基本とし、リーンインとの併用、トレールの場合は、オフロード走行時はリーンアウトを基本とし、オンロード走行時はリーンウイズまたはリーンインが走りやすい。フォームはケースバイケースで変化するので、1つに固執せず、すべてを使い分けることが、テクニック向上への早道である。

また、ライディングホジションも、フォームと深い関係がある。前傾度がきついマシンでは、リーンウイズか、腰を少し内側にずらしたリーンイン気味がベストであり、リーンアウトの姿勢は無理である。コーナーリングに入る前に、1つ覚えておいてほしいのは、ブレーキングの終了時はコーナーリングの始まりであり、この2つの動作は、連続し、重複しているということである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

タイヤの空気圧を適正に保っていますか?

空気圧が低ければタイヤは腰くだけになり、反対硬いとタイヤが跳ね回り、グリップどころではなくなってしまう。では空気圧をどの程度に保っておけばいいのかというと、やはりそのオートバイに合った基準ということに …

no image

バイクのツナギの手入れ

レーシングギヤの代表はなんといってもツナギだ。MFJ(日本モーターサイクル協会)の規定によると、ライダーのウェアは皮革、製でなければいけないとされている。何故レザー製品がよいのかは科学的に解明されてな …

no image

オートバイのメカニズムを大別すると5パートに分かれる

オートバイのメカニズムを大別すると、次の5パートになる。前後サスペンション、フレーム・駆動装置、ホイール・ブレーキ装置、保安部品、エンジン本体。 前後サスペンションは、オートバイの種類や用途に合わせ。 …

no image

バイクのオフロードでの色々なテクニック

・川渡り ギアは低めにし、アクセルワークはできるだけ抑えてトルクで走りきる心がまえが大切だ。川渡りは水たまり走法とよく似ているが、川底は水ゴケなどすべりやすいものがひそんでいる。したがって水たまりを走 …

no image

10代からバイクの免許を取得することをおすすめしたい理由

バイクに慣れるには若いころから始めたほうがよいにきまっている。現在は原付は16才から免許が取得できるから、早く取得したほうが勝ちだ。16オからバイクに乗り始めれば、運動神経もいいし、バイクの運動特性そ …