スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バンクして曲がるのはバイクの醍醐味

投稿日:

バンクして曲がるのは、オートバイの醍醐味でもあり、スピードとバンク角の計算=テクニックといっても過言ではない。コーナーリングのフォームは4態あるが、これらをどのように使い分けるかは、非常に難しい。オンロード、オフロード、アメリカン、トレールという区別だけでなく、大候によっても変わってくるので、絶対的なフォームというものはない。

ビギナーの中には、バンク=危険と考えている人もいるようだが、これはまったくの誤りであり、スピードとバンク角がつり合ってさえいれは、オートバイは実に安定して曲がるものである。オンロードではリーンウイズ、オフロードではリーンアウトが基本であることは間違いない。

市販のオートバイの中には、ハングオンでなければ曲がりにくいものもあるが、ビギナーの場合は、まずリーンウイズでスピードとバンク角を体で覚えることが先決である。ハングオンでカッコよく走るのは腕が上達してからでも十分であり、リーンウイズだから遅い、ヘングオンだから速いという事実はまったくない。

トレールやアメリカンの場合は

トレールやアメリカンの場合は、上体の自由度が高いので、いずれのフォームも可能だが、アメリカンはリーンウイズを基本とし、リーンインとの併用、トレールの場合は、オフロード走行時はリーンアウトを基本とし、オンロード走行時はリーンウイズまたはリーンインが走りやすい。フォームはケースバイケースで変化するので、1つに固執せず、すべてを使い分けることが、テクニック向上への早道である。

また、ライディングホジションも、フォームと深い関係がある。前傾度がきついマシンでは、リーンウイズか、腰を少し内側にずらしたリーンイン気味がベストであり、リーンアウトの姿勢は無理である。コーナーリングに入る前に、1つ覚えておいてほしいのは、ブレーキングの終了時はコーナーリングの始まりであり、この2つの動作は、連続し、重複しているということである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクの左右コーナー の走行テク

オートバイは、750ccや1000ccでもない限り、ちょっとした坂でもすぐにスピードが落ちてしまうので、坂道では、4速なり3速で走行するほうが望ましい。シフトダウンのタイミングは、スピードが落ちてから …

no image

ライダーが姿勢を変化させることでバンクさせる

人事一体となっての自然なバンクがむずかしいので、ライダーが姿勢を変化させることでバンクさせる。その方法とは、バンクさせようとする側の肩を前に出す。右コーナーなら右肩を、左コーナーなら左肩を押し出すよう …

no image

スリップストリームの効果は公道のバイクでは感じられない

スリップストリームまがいのことを公道で、しかも2輪でやる人がいる。これなど危険以外のなにものでもない。すぐにやめてもらいたい。こんな常識に逆行した走り方をする人は2輪に乗る資格がない。それに、公道のス …

no image

バイクのコーナー進入速度以外に注意すること

急ブレーキ。コーナーリング中に急停止するときは、寝ている車体を垂直に近い角度まで立て直してから行う。急ブレーキと進路変更を行う場合は、ブレーキを解除してから進路変更を行い、必要があれば、再びブレーキン …

no image

昼間のヘッドライトの点灯の意味

昼間でもへッドライトを点灯して走っているバイクを見かける。たしかに、昼間でもへッドライトを点灯して走ることは、バイクの存在を他のクルマに知らせるには効果的。バックミラーにピカッとライトが反射すれば、だ …