スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイク用つなぎは体にピッタリフィットするものを

投稿日:

バイク用のツナギ。レース用であれば、フルにパット類を入れ、前傾フォームが無理なく決まり体にピッタリフィットする大きさで仕立てる。ツーリング専用の場合は、下に薄手のトレーナーを着られるくらいの余裕が必要であり、型もツーピースタイプのほうが便利である。

店が決まったら、自分の使用目的を、はっきり店の人に伝える。レース専用か、ツーリング用か。将来サーキット走行を行うなど、具体的に述べること。皮ツナギの縫製は、ここで方向性が決められるからだ。

デザインやカラーに関しても、絶対にオーダーが優れているとはいいきれず、オーダーしても、なかなか体にフィットしないというケースも多い(皮ツナギは非常に手間のかかる仕事であり、縫製技術もかなりのキャリアを要する)。オーダーする場合は、何といっても店を選ぶことが重要だ。雑誌などでよく研究すること。安いからといって、すぐにとびつくととんでもない目にあうことがある。

パット類は、ひざ、ひじ、腰、脊椎に入れれば十分である。レース専用、あるいは将来サーキット走行を行うという場合は、ワンピースタイプが安全面からいっても望ましい。裏地はナイロンメッシュがベストである。オリジナルのデザインをオーダーする場合は、バンク中の配色なども十分研究して、色鉛筆などではっきり描くことである。

レインウエア

カッパは、価格が高いものほど高品質な製品となっているが、これも絶対ではない。なぜかというと、着用する時間と雨量、そして走行スピードによって、条件が大きく異なるからである。カッパには、ワンピースタイプとツービースタイプがあるが、動きやすさと、スピーディーに着用できる点で、ツーピースタイプのほうがべターであり、オフロードではなおさらである。

レインウエアの前提条件は、何といっても視認性の良さである。悪条件の中を走行するのであるから、地味な色はできるだけ避け。目立つ色を選ぶことが大切である。しかし、このカッパだけは満足できる製品がない。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのハンドルの形状

一般に使用するバイクはどんなハンドル形状が理想的だろうか?最もオーソドックスなロードスポーツ、よりスポーツ性の高いスーパースポーツ、それにカスタムとかスペシャルとか呼ばれるセミチョッパータイプ。この3 …

no image

バイクのシフトアップのコツ

シフトアップの方法は、まず、開けたアクセルを瞬時に戻すと同時に、クラッチを切り、ギヤを2速に入れ、クラッチを離して、再びアクセルを開ける。実際の足の動作は、クラッチを切る瞬間に行うことが重要であり、ア …

no image

バイクが転倒して場合に起こすコツ

転倒したマシンを引き起こすのは、センタースタンドを立てることより難しい。引き起こしのポイントは、重量の重いエンジン部を起こすことである。つまり、車体後部を起こすより、車体前部を起こしたほうが有効だとい …

no image

後方確認-ミラーが映す情報をよく見る

バイクは、道路の左寄りを走行しているため、対四輪車との混合交通が大きなウイークポイントである。後方の四輪車の動きに注意し、四輪車が接近してきたなら驚かしたり、驚かされたりする存在にならないよう気を付け …

no image

S字やクランクは難しいがポイントを覚えておけば何とかなる

S字やクランクでは、マシンの操安性やエンジンの性格、ハンドルの形状、ライディングポジション、そして1速の総減速比によって、やさしくも難しくもなる。しかも、手前約5mで一時停止し、10秒以上の時間をかけ …