スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイク用つなぎは体にピッタリフィットするものを

投稿日:

バイク用のツナギ。レース用であれば、フルにパット類を入れ、前傾フォームが無理なく決まり体にピッタリフィットする大きさで仕立てる。ツーリング専用の場合は、下に薄手のトレーナーを着られるくらいの余裕が必要であり、型もツーピースタイプのほうが便利である。

店が決まったら、自分の使用目的を、はっきり店の人に伝える。レース専用か、ツーリング用か。将来サーキット走行を行うなど、具体的に述べること。皮ツナギの縫製は、ここで方向性が決められるからだ。

デザインやカラーに関しても、絶対にオーダーが優れているとはいいきれず、オーダーしても、なかなか体にフィットしないというケースも多い(皮ツナギは非常に手間のかかる仕事であり、縫製技術もかなりのキャリアを要する)。オーダーする場合は、何といっても店を選ぶことが重要だ。雑誌などでよく研究すること。安いからといって、すぐにとびつくととんでもない目にあうことがある。

パット類は、ひざ、ひじ、腰、脊椎に入れれば十分である。レース専用、あるいは将来サーキット走行を行うという場合は、ワンピースタイプが安全面からいっても望ましい。裏地はナイロンメッシュがベストである。オリジナルのデザインをオーダーする場合は、バンク中の配色なども十分研究して、色鉛筆などではっきり描くことである。

レインウエア

カッパは、価格が高いものほど高品質な製品となっているが、これも絶対ではない。なぜかというと、着用する時間と雨量、そして走行スピードによって、条件が大きく異なるからである。カッパには、ワンピースタイプとツービースタイプがあるが、動きやすさと、スピーディーに着用できる点で、ツーピースタイプのほうがべターであり、オフロードではなおさらである。

レインウエアの前提条件は、何といっても視認性の良さである。悪条件の中を走行するのであるから、地味な色はできるだけ避け。目立つ色を選ぶことが大切である。しかし、このカッパだけは満足できる製品がない。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

ブレーキレバーの握り方

基本のライディングフォームを正確に自分のものにすること。クラッチ付きのスポーティバイクでさえあれば、いくらでも習得できるし、さらにハイテクニックにすすむことも可能だ。アクセルワークは発進時だけでなく、 …

no image

バイクで足が届かない場合

走っているときはシート高なんてたしかに気にしなくてもよい。しかし問題は交差点で停止したときだ。この場合も、バランスをうまく取って、どちらかのつま先が地面についていれば問題ない。ただし、これはある程度、 …

no image

バイクのシフトアップのコツ

シフトアップの方法は、まず、開けたアクセルを瞬時に戻すと同時に、クラッチを切り、ギヤを2速に入れ、クラッチを離して、再びアクセルを開ける。実際の足の動作は、クラッチを切る瞬間に行うことが重要であり、ア …

no image

バイクのエンジンシステムの種類やその違い

・エンジンシステムの違い 2ストロークエンジンは、クランクシャフト1回転で、吸入・圧縮・爆発・排気の一行程を行うシステムになっている。クランクシャフトが1回転するたびに(ピストンが上死点に行くたびに) …

no image

ハンドルをこじるなどのバイク用語

・ハンドリング 主としてコーナーリング性を意味するものであるが、コーナーでの取り回し性、寝かし込みの軽重、コーナーリング中の安定性、トレース性を含んでいる。 ・ハンドルをこじる 「ハンドルをこじる」と …