スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイク用つなぎは体にピッタリフィットするものを

投稿日:

バイク用のツナギ。レース用であれば、フルにパット類を入れ、前傾フォームが無理なく決まり体にピッタリフィットする大きさで仕立てる。ツーリング専用の場合は、下に薄手のトレーナーを着られるくらいの余裕が必要であり、型もツーピースタイプのほうが便利である。

店が決まったら、自分の使用目的を、はっきり店の人に伝える。レース専用か、ツーリング用か。将来サーキット走行を行うなど、具体的に述べること。皮ツナギの縫製は、ここで方向性が決められるからだ。

デザインやカラーに関しても、絶対にオーダーが優れているとはいいきれず、オーダーしても、なかなか体にフィットしないというケースも多い(皮ツナギは非常に手間のかかる仕事であり、縫製技術もかなりのキャリアを要する)。オーダーする場合は、何といっても店を選ぶことが重要だ。雑誌などでよく研究すること。安いからといって、すぐにとびつくととんでもない目にあうことがある。

パット類は、ひざ、ひじ、腰、脊椎に入れれば十分である。レース専用、あるいは将来サーキット走行を行うという場合は、ワンピースタイプが安全面からいっても望ましい。裏地はナイロンメッシュがベストである。オリジナルのデザインをオーダーする場合は、バンク中の配色なども十分研究して、色鉛筆などではっきり描くことである。

レインウエア

カッパは、価格が高いものほど高品質な製品となっているが、これも絶対ではない。なぜかというと、着用する時間と雨量、そして走行スピードによって、条件が大きく異なるからである。カッパには、ワンピースタイプとツービースタイプがあるが、動きやすさと、スピーディーに着用できる点で、ツーピースタイプのほうがべターであり、オフロードではなおさらである。

レインウエアの前提条件は、何といっても視認性の良さである。悪条件の中を走行するのであるから、地味な色はできるだけ避け。目立つ色を選ぶことが大切である。しかし、このカッパだけは満足できる製品がない。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

エンジンブレーキの制動力で減速しよう

ワインディングロードでは、ブレーキをかけると回転数が下がり、立ち上がりでの加速が著しく低下してしまう場合があり、エンジンブレーキを使用することによって高回転数をキープして立ち上がりで即、加速体制に入れ …

no image

バイクでの雨中走行

雨中の走行で気を付けなければならないのはライダーのウェアだ。しっかりしたレインウェアを着用していなければ快適な走りは望めないし、ライダーの心理状態にもスキができてしまう。レインスーツ、ブーツカバー、グ …

no image

バイクで急坂を登るテクニックなど

・急坂登り リアに体重をかけて駆動力をいかに有効に伝えるかが成否のカギになる。急坂登りは体重移動が最大のポイント。緩い傾斜では腰を引いたポジションのほうがいい。左のステップに重心をおいた姿勢はもっと急 …

no image

バイクではキープレフトを守るようにしよう

バイクで道路を走行する際、もし、左端を走ろうとしたら、ライダーは常に前方にある障害物に気をくばってこれをよけるために、そのたびに疲れてしまう。周囲の状況を十分に把握しながら走るこ必要となる。これらのこ …

no image

怪我による出血の手当の知識

マスツーリングやモータースポーツを楽しむにも、最低限の応急手当のしかたぐらいは覚えておく必要があり、専門書も多数市販されているので、ぜひ勉強し、自信を持って手当できるようになってほしい。実際の手当には …