スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイク用のパンツなど

投稿日:

・バイク用のパンツ

スリムなタイプなら、すそをブーツの中に入れてもかまわないが、ストレートやパンタロンのジーパンをブーツの中に押し込むのは、みっともないから絶対にやめよう。股がみは当然深いものがよい。皮パンツの場合は、柔らかく薄手の皮革を使用していると、バイクのシートのビニールレザーにべッタリまとわりつき、腰の移動がしにくいものもあるので、よく確かめることが大切だ。布製の場合は、この心配は必要ない。

バイク用のパンツには、ジーパンタイプの皮パンツ、ひざパットの入ったレーサータイプの皮パンツ、そしてオールシーズン用のナイロン製や布製のパンツがある。選ぶときのポイントは、すその長さと幅で、ライディングフォームをとったとき、すその長さがちょうどよくなることはもちろん、ブーツの上にカッコよくかぶることも大切だ。

レーサーレプリカ

アメリカンタイプやオフロードバイクの場合は、上体が起きており、手もそれほど前方に伸ばすフォームにならないので、あまり難しくないが、前傾度のきついレーサーレプリカの場合は、袖の長さ、丈の長さ、襟の型などのすべてがピッタリと決まらないと、実にみっともないスタイルになってしまう。手が突っ張り、しかも首をすくめたようなスタイルで走っている人が、意外に多いものである。特に、女性が前傾度のきついマシンに乗る場合は、十分に注意することが大切である。

・レザースーツ(皮ツナギ)

今日では、優れた既製品のレザースーツが数多く市販されているので、絶対オーダーでなければフィットしないということはない。ふつうの体格であれば、80%はフィットするはずだ。レザースーツを購入するときは、次の順序で考えることだ。第1は、使用目的。ツーリング専用か、あるいはサーキット走行も行うかということである。第2は、ワンピースタイプかツーヒースタイプかということ。第3は、オーダーにするか既製品にするかということである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

ストッピングパワーなどの用語

・ストッピングパワー ブレーキ能力の大小を表現する言葉。 ・0〜400m加速 通常、「0〜4加速」といい、停止状態から400mを走行するのに要した時間を計測する。この0〜4加速は、ライダーのテクニック …

no image

バイクにまたがる時に股を広げて乗らない

股をおっびろげて乗っている人がやたら多い。とくに若い人が得意がってやっているのには腹が立つ。膝を締めることの有効性を知っていながら、ニーグリップを使っていないからだ。ニーグリップという言葉を説明すれば …

no image

10代からバイクの免許を取得することをおすすめしたい理由

バイクに慣れるには若いころから始めたほうがよいにきまっている。現在は原付は16才から免許が取得できるから、早く取得したほうが勝ちだ。16オからバイクに乗り始めれば、運動神経もいいし、バイクの運動特性そ …

no image

バイクの減速にエンジンブレーキを使う

トップで走っていて停止する場合、1段ずつエンジンブレーキをきかせながら減速していく。こうすれば前後のブレーキにかかる負担が少なくてすむし、停止したときにはすでに2速あるいは1速までシフトダウンしている …

no image

バイクのコーナー進入速度以外に注意すること

急ブレーキ。コーナーリング中に急停止するときは、寝ている車体を垂直に近い角度まで立て直してから行う。急ブレーキと進路変更を行う場合は、ブレーキを解除してから進路変更を行い、必要があれば、再びブレーキン …