スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイク用のパンツなど

投稿日:

・バイク用のパンツ

スリムなタイプなら、すそをブーツの中に入れてもかまわないが、ストレートやパンタロンのジーパンをブーツの中に押し込むのは、みっともないから絶対にやめよう。股がみは当然深いものがよい。皮パンツの場合は、柔らかく薄手の皮革を使用していると、バイクのシートのビニールレザーにべッタリまとわりつき、腰の移動がしにくいものもあるので、よく確かめることが大切だ。布製の場合は、この心配は必要ない。

バイク用のパンツには、ジーパンタイプの皮パンツ、ひざパットの入ったレーサータイプの皮パンツ、そしてオールシーズン用のナイロン製や布製のパンツがある。選ぶときのポイントは、すその長さと幅で、ライディングフォームをとったとき、すその長さがちょうどよくなることはもちろん、ブーツの上にカッコよくかぶることも大切だ。

レーサーレプリカ

アメリカンタイプやオフロードバイクの場合は、上体が起きており、手もそれほど前方に伸ばすフォームにならないので、あまり難しくないが、前傾度のきついレーサーレプリカの場合は、袖の長さ、丈の長さ、襟の型などのすべてがピッタリと決まらないと、実にみっともないスタイルになってしまう。手が突っ張り、しかも首をすくめたようなスタイルで走っている人が、意外に多いものである。特に、女性が前傾度のきついマシンに乗る場合は、十分に注意することが大切である。

・レザースーツ(皮ツナギ)

今日では、優れた既製品のレザースーツが数多く市販されているので、絶対オーダーでなければフィットしないということはない。ふつうの体格であれば、80%はフィットするはずだ。レザースーツを購入するときは、次の順序で考えることだ。第1は、使用目的。ツーリング専用か、あるいはサーキット走行も行うかということである。第2は、ワンピースタイプかツーヒースタイプかということ。第3は、オーダーにするか既製品にするかということである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

コーナーの最速ライン

道は曲がっていても直線的に走れるラインをさがし、そこを走る。いくらコーナーだからといって、道の曲がりどおりに走らなければならないと考えるのは頭が固い証拠。対向車もなくバッチリと安全が確認できれば、セン …

no image

バイクを寝かせるまでのコツ

ハンドルを無理に内側に曲げたり、上体を硬くしたりさえしなければ、どの方法でもいいし、ド半身を使ってスムースにバンクできれば、あとは個人差があってもかまわないと思う。重要なのは、バンク角の保持である。つ …

no image

バイクが転倒して場合に起こすコツ

転倒したマシンを引き起こすのは、センタースタンドを立てることより難しい。引き起こしのポイントは、重量の重いエンジン部を起こすことである。つまり、車体後部を起こすより、車体前部を起こしたほうが有効だとい …

no image

バイクで急坂を登るテクニックなど

・急坂登り リアに体重をかけて駆動力をいかに有効に伝えるかが成否のカギになる。急坂登りは体重移動が最大のポイント。緩い傾斜では腰を引いたポジションのほうがいい。左のステップに重心をおいた姿勢はもっと急 …

no image

コーナリングは登りと下りとどっちがむずかしい?

コーナリングは登りと下りとどっちがむずかしい、と聞かれて、登りと答えるようではダメ。そう思ったあなたはまだまだ修業が足りない。登りより下りのほうがはるかにむずかしい。下りをマスターできたら一流というこ …