スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイク用のパンツなど

投稿日:

・バイク用のパンツ

スリムなタイプなら、すそをブーツの中に入れてもかまわないが、ストレートやパンタロンのジーパンをブーツの中に押し込むのは、みっともないから絶対にやめよう。股がみは当然深いものがよい。皮パンツの場合は、柔らかく薄手の皮革を使用していると、バイクのシートのビニールレザーにべッタリまとわりつき、腰の移動がしにくいものもあるので、よく確かめることが大切だ。布製の場合は、この心配は必要ない。

バイク用のパンツには、ジーパンタイプの皮パンツ、ひざパットの入ったレーサータイプの皮パンツ、そしてオールシーズン用のナイロン製や布製のパンツがある。選ぶときのポイントは、すその長さと幅で、ライディングフォームをとったとき、すその長さがちょうどよくなることはもちろん、ブーツの上にカッコよくかぶることも大切だ。

レーサーレプリカ

アメリカンタイプやオフロードバイクの場合は、上体が起きており、手もそれほど前方に伸ばすフォームにならないので、あまり難しくないが、前傾度のきついレーサーレプリカの場合は、袖の長さ、丈の長さ、襟の型などのすべてがピッタリと決まらないと、実にみっともないスタイルになってしまう。手が突っ張り、しかも首をすくめたようなスタイルで走っている人が、意外に多いものである。特に、女性が前傾度のきついマシンに乗る場合は、十分に注意することが大切である。

・レザースーツ(皮ツナギ)

今日では、優れた既製品のレザースーツが数多く市販されているので、絶対オーダーでなければフィットしないということはない。ふつうの体格であれば、80%はフィットするはずだ。レザースーツを購入するときは、次の順序で考えることだ。第1は、使用目的。ツーリング専用か、あるいはサーキット走行も行うかということである。第2は、ワンピースタイプかツーヒースタイプかということ。第3は、オーダーにするか既製品にするかということである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクで急坂を登るテクニックなど

・急坂登り リアに体重をかけて駆動力をいかに有効に伝えるかが成否のカギになる。急坂登りは体重移動が最大のポイント。緩い傾斜では腰を引いたポジションのほうがいい。左のステップに重心をおいた姿勢はもっと急 …

no image

オートバイに乗るのに必要な下半身のトレーニング

オートバイに乗るには下半身が強くなければならないことはいうまでもないが、そのなかでも大腿部の筋力が弱くては中腰のライディングポジションが取れない。中腰がダメだと人車一体が不可能となり、ベストライディン …

no image

エンジンブレーキの制動力で減速しよう

ワインディングロードでは、ブレーキをかけると回転数が下がり、立ち上がりでの加速が著しく低下してしまう場合があり、エンジンブレーキを使用することによって高回転数をキープして立ち上がりで即、加速体制に入れ …

no image

アクセルはキャブレターを開閉してエンジンへガスを送り込む

アクセルは、キャブレターを開閉してエンジンへガスを送り込む重要な働きを受け持つ。時には一気にガスを送り込み、時には微妙なコントロールが必要となり、エンジン性能を十分に引き出したスムーズな走りはここから …

no image

バイクでも昼間はヘッドライトを付けて走るようにしよう

オートバイというものは、他の交通機関から見ると、確認しにくく、また、スピードも遅く見られがちであるということを、絶対に忘れないことだ。具体的には、なんといっても、視認性のよいウエアでライデイングするこ …