スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイク用のパンツなど

投稿日:

・バイク用のパンツ

スリムなタイプなら、すそをブーツの中に入れてもかまわないが、ストレートやパンタロンのジーパンをブーツの中に押し込むのは、みっともないから絶対にやめよう。股がみは当然深いものがよい。皮パンツの場合は、柔らかく薄手の皮革を使用していると、バイクのシートのビニールレザーにべッタリまとわりつき、腰の移動がしにくいものもあるので、よく確かめることが大切だ。布製の場合は、この心配は必要ない。

バイク用のパンツには、ジーパンタイプの皮パンツ、ひざパットの入ったレーサータイプの皮パンツ、そしてオールシーズン用のナイロン製や布製のパンツがある。選ぶときのポイントは、すその長さと幅で、ライディングフォームをとったとき、すその長さがちょうどよくなることはもちろん、ブーツの上にカッコよくかぶることも大切だ。

レーサーレプリカ

アメリカンタイプやオフロードバイクの場合は、上体が起きており、手もそれほど前方に伸ばすフォームにならないので、あまり難しくないが、前傾度のきついレーサーレプリカの場合は、袖の長さ、丈の長さ、襟の型などのすべてがピッタリと決まらないと、実にみっともないスタイルになってしまう。手が突っ張り、しかも首をすくめたようなスタイルで走っている人が、意外に多いものである。特に、女性が前傾度のきついマシンに乗る場合は、十分に注意することが大切である。

・レザースーツ(皮ツナギ)

今日では、優れた既製品のレザースーツが数多く市販されているので、絶対オーダーでなければフィットしないということはない。ふつうの体格であれば、80%はフィットするはずだ。レザースーツを購入するときは、次の順序で考えることだ。第1は、使用目的。ツーリング専用か、あるいはサーキット走行も行うかということである。第2は、ワンピースタイプかツーヒースタイプかということ。第3は、オーダーにするか既製品にするかということである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのエンジン始動方法色々

市販されているマシンの多くは、昔ながらのバタフライを開閉するチョークではなく、スターター機構という始動専用のバイパスが設けられていて、このバイパスをチョークレバーで開閉させるようになっている。この機構 …

no image

二輪車のブレーキの操作で重要なのは

ブレーキ操作で重要なのは、レバーを何本の指で据るかということではなく、何本でもよいから確実な入力と、その入力をコントロールできる据り方をするということである。自分の手の大きさや握力を考えた上で、最も操 …

no image

バイクで転倒した場合の体へのダメージを減らすテクニック

マシンとからみながらすべっていくとダメージも大きいので、転倒したらすぐにマシンから離れることだ。林道のコーナーで外側へ飛び出しそうになった場合、後輪から転倒する。テクニックが向上すれば、マシンをスピン …

no image

ヘルメットのあごひもが痛いからといって締めないと

へルメットはSGおよびJ1Sマーク、あるいはスネル規格をパスした本格的なもの。それをかぶったそこまではいい。問題はそのあと。あなたはアゴひもをきちんと締めているか?思うに、あれはいちいちアゴひもを締め …

no image

グリップ・トラクションなどの用語

・グリップ・トラクション 単に「グリップ」という場合は、タイヤが路面をとらえる表現として使用される。「トラクション」という場合は、そのマシンのサスペンション性能+タイヤのグリップを総合して判断した場合 …